戸谷洋志さんの「Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲」(講談社文庫)を読んだ。

面白かった。

https://www.amazon.co.jp/J%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%A7%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E5%93%B2%E5%AD%A6-%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E5%95%8F%E3%81%84%E7%9B%B4%E3%81%99%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE15%E6%9B%B2-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%88%B8%E8%B0%B7-%E6%B4%8B%E5%BF%97/dp/4062934892 

Jポップに見られる、特徴的な表現を、西洋の伝統的な哲学と結びつける。

「Jポップ」と「哲学」。

このような、普段は行き交わない(あるいは、行き交わないと思われている)ものの間に、「虹の橋」をかけて、「交通」させる試みは、ほんとうに意義深い。

現代は、さまざまな島に分裂してしまっている。その島の間に虹の橋をかけてこそ、生まれる新しい生命の躍動があるのではないだろうか。

戸谷洋志さんは、とても文章がうまい方です。