ネットニュースで、とんかつ屋さんにいらした男女のカップルのお客さんのうち、男の方の方が、衣をはがして食べて、女性に、「こうやって食べるのが通なんだ」みたいなことをおっしゃっていた、というのを読んで、なんだか考えてしまいました。


【激怒】トンカツの衣をわざわざ剥がして食べる男にトンカツ屋の店長がブチ切れ! 


弁護士の方が、法的な視点から検討されていらっしゃいましたが、たしかに、法的には、そのようなお客さんの食べ方をとがめることは難しそうです。

「とんかつの衣」はがして食べる客に店主激怒…「食べ方」を指定することはできる? 


私は、トンカツが好きで、いつも、おいしく(もちろん、衣もいっしょに)いただいています。
また、店主の方のご苦労や、細かい配慮も、わかりますので、出されたら、できるだけ早く、おいしくいただいて、その際、特にカウンターのようなお店では、ある種の敬意を持って、トンカツをいただいていることは事実です。

一方、今回のニュースで報じられたお客さんのようなケースがあった場合、それが「正しくない」という言い方はできないと思います。

一方で、「好き」か「嫌いか」と言ったら、どちらかというとあまり好きではないかもしれません。

(「これが通の食べ方なんだ」、とおっしゃっているところも含めて)

思うに、このようなニュースの際、「正しい」か「正しくないか」という視点よりも、「好きか」「好きではないか」という視点の方が、自分自身にその判断の責任を引き受けているわけですから、よりすっきりするような気がするのですが・・・

私が、たまたま、いっしょにトンカツ屋さんにいった人が、そのような食べ方をしたら、びっくりして、何も言わずに、そっちはなるべく見ないようにして、自分はいつものように普通にトンカツを食べて、店主の方ともにこやかにお話するようにするでしょう。

そして、その方とは、二度ととんかつ屋さんには一緒に行かないと思います。

正しい、正しくない、の問題ではなく、その方ととんかつ屋に一緒に行くのが、好きではないのです。

BlogPaint