イカ揚げくんのお仕事は、糸につけられて、空に上がり、太郎くんのことを見守ることです。

ただ、最近、イカの世界でも、労働条件が見直され、オフの時間も、ちゃんとあります。

オフの時には、糸は外され、イカ揚げくんは、普通のイカとして、お散歩するのです。

ある日、太郎くんの家を散歩していたイカ揚げくんは、びっくりしました。

太郎くんのお姉さんの小百合さんが、指に、模様をつけていたのです。

ふだんはピンク色のきれいな爪なのに、まるで、イカ揚げくんが、海の中でときどきしていた、足のおしゃれのようなのです。

「イーッ! それはなにイカ、イーッ!」

イカ揚げくんは、興奮して、小百合ねえさんに尋ねました。

「ああ、これ、これはねえ、今流行っている、タコのネール・アートよ。」

「タコ!? イーッ! それはなにイカ、イーッ!」

イカ揚げくんが、初めて、「タコ」という名前を耳にしたのです。


(イカ揚げくんのこれまでのお話は、カテゴリー イカ揚げくん にまとめられてます。)

ikaagesayurihand20160427