森達也監督の「FAKE」の試写を観てまいりました。

佐村河内守さんに密着したものです。

試写が始まる前、最後の15分は、明かさないでくださいとアナウンスがありました。

だから、ぼくは書きません。

びっくりしました。そして、感動しました。そのあとに、考えさせられました。

真実は、いくら皮を剥いてもまた皮が出てくる、たまねぎのようなものかもしれない。

果たして、私たちは真実にたどり着けるのでしょうか?

また、「真実」が、「人間」の邪魔をすることもあるのではないか。

いくつか、奇跡のようなシーンがあります。

人間って、何なのでしょう。おそらく、このあと、何らかのかたちでネットなどに最後の15分間についての情報が出てきてしまうかもしれませんが、できれば、それを観ないで、まっさらな状態で見ることをお勧めします。

話題になること、また、大ヒット間違いなしの、傑作ドキュメンタリーです。

 森達也さん、そして、スタッフのみなさん、ありがとうございました!!!