月別アーカイブ / 2020年09月


 ツイッターのアカウントで、なにか自分で選んだ文字列じゃなくて、ランダムな文字列で@のあとに続いている方って、つぶやきがすてばちというか失礼なケースが多いような印象がある。


 例外もあるだろうし、それだけで決められないけれども、やはり、ツイッターのアカウントは自分で大切にすることで身体性になっていくと思うし、そうやってすてばちで他人に絡んでいっても、なにも自分の元には残らないと思う。


 残念だなあと思う。


(クオリア日記)



 大阪都構想について、今日ユーチューブでお話したことで、触れるのを忘れてしまったことが、前回の投票で、地域によって賛成、反対が分かれたこと。


 大阪の北部の方に賛成が多くて、南部の方に反対が多かった。


 これは、どういうことなのか、その状況というか雰囲気は、きっと大阪の方ならば、私よりもわかるんだと思います。


 いずれにせよ、大阪が良い方向に行くことを、祈っております。


(クオリア日記)



 日本の「人気ユーチューバー」とか言われているひとたちの動画って、だらだらやたらと長くねえ?という疑問を今日ユーチューブで聞いたら、いろいろなコメントが返ってきた。


 どうも、長い方が収益化の上で有利なことがあるらしく、(単純にCMがたくさん入るから?)昔は10分以上じゃないとうんちゃらとかあったらしい。


 それはそうと、えっ、と思ったのは、長い方が暇つぶしになっていい、というご意見がちらちらあったこと。


 お、おう。そうか、暇なのか、いいなあ(笑)。


 インプットするものとしては本も読まなくちゃいけないし、論文も大量にチェックしないといけないし、誰かが書いていたけれど、動画だって、ネットフリックスとかアマゾンプライムとか(最近Huluがふたたび海外コンテンツに力を入れ始めてよくなってきているという噂も)良質のものがいろいろあるし、正直ユーチューブは過去の名作のアーカイブをのぞけばほんのちょこっとでいい。


 ネットフリックスだけでも、今見ているシッツクリーク以外にも、コブラ会とか、タコが先生になるやつとか、ソーシャルメディアのビッグデータの問題点を描いたドキュメンタリーとか、いろいろ見ないといけない。


 Yes ministerがもとになっているというVeep(だっけ?)も見たい。


 だから、ユーチューブの動画需要は、ほんとうにスパイス的なものだと思う。


 ユーチューバーのノリや企画だけの動画をだらだらと見させられるのはきついから、短く要点だけ言ってくれればいい、とぼくは思っているけれども、そういうのは必ずしも全員じゃないようだ。


 ぼくはやっぱりできるだけ簡潔に要点だけ伝えるスタイルが好きだし、これからもそうして行こうと思う。


 他にやることいっぱいあるしね。


(クオリア日記)

↑このページのトップへ