月別アーカイブ / 2019年11月

 昨日はちょっとめずらしいことが起こって、お仕事のお相手がなかなかこない。


 秘書の方もつかまらないと言っている。


 それで、どうされたんだろうと思って、2時間の予定のうち1時間が過ぎて、それでもいらっしゃらなかった。


 あとで、ご本人からメッセージが来て、なんと過労で病院に運ばれて点滴を打たれていたのだという。


 ご回復したようで、よかったです。

 ほんとうに、ご無理なさらないよう!


 ディレクターとか編集の方はあせっていたけれども、こちとら脳科学者、意識を研究してうんじゅうねん、すべては偶有性だと思うから、ちょうどいいやと思って、待ちながらたまっていたto do listをこなしていたら、一時間とか一時間30分とかあっという間に経ってしまう。


 それで、残り20分くらいになったとき、さすがの私も仕事をやめて、現場のスタッフの方と、だいじょうぶですかねえ、心配ですねえと(その時点ではどうされたのかわからなかったのだ)雑談していたら、それがとっても楽しい。


 考えてみたら、このところ、ほんとうに忙しくて、いつもぎりぎりだったから、その20分の雑談が、干天の慈雨のようで、心がほんわかしていくのがわかった。


 結果として、なんだか小春日和みたいになった。


 お相手の方もご回復されて、また改めてお仕事できること、たのしみにしています。


(クオリア日記)

↑このページのトップへ