月別アーカイブ / 2017年05月



国連事務総長が、共謀罪についての先日の報告者の書簡を「国連の総意ではない」と発言されたと報道されていますが、論理的に当然のことを言われただけだと思います。

そもそも、組織の「総意」とは何でしょう?
それが、具体的にどのように担保されるのか(総会での決議?)を考えれば、「国連の総意」などということが簡単には言えないことは明白でしょう。

一方、報告者の書簡の中で具体的に指摘された共謀罪の問題点が消えたわけではありません(こちらも論理的に明白だと思いますが)。

国連(に関連する人)の見解だからと言って、「お墨付き」があるわけでもないし、「国連の総意」ではないからと言って、書簡で指摘された共謀罪の欠陥、懸念に対する技術的妥当性が消えるわけでもない。

つまり、意見表明の主体の属性とは関係なく、そこで表明された懸念について誠実に考え、答えるというのは、当然の態度だと私には思えます。

なお、国連報告者、という属性を与えられた法律家が、そのことによって、国際的な法秩序の普遍的原則に関する知見、見識を持っていることが推定されるというのも、また、当然のことだと言えるでしょう。



piyoneko

ありたろさん

18歳高校3年相当の男です。

高校3年相当というのも、僕は高校を2年の時中退しました。

現在入試に向けて勉強しているのですが、最近
「このまま勉強してていいのか」
と焦りを感じて何も手につかなくなることがあります。

茂木さんや堀江貴文さんの「大学に行かなくていい」や「学校の勉強しなくていい」というような話を聞き、僕もその通りだと思っています。
しかし、今自分が勉強しないと家に居られなくなってしまう等色々あり生活が困難になってしまうと思います。
それでも今自分が勉強している間に何かチャンスを逃しているのではないか、勉強するなんてやっぱり時間の無駄なんじゃないか、生活が困難なんて言い訳じゃないのかと焦りを感じていて何をどうしたらいいのか分からなくなってしまいます。

僕は勉強していていいのでしょうか。?

ご回答。

マイクロソフトを創業したビル・ゲイツさん、フェイスブックを創業したマーク・ザッカーバーグさん、どちらも大学を中退していますが、二人に共通するのは、「大学の授業を受けて、単位をとるよりも、もっと重要な、フルタイムでやることが見つかった」ということです。

堀江さんも、東大を中退していますが、会社を創業して、「もっとやりたいことが見つかった」からそうしたのでしょう。

ありたろさんが、何か、具体的に、これを今やらなくちゃダメだ、ということが見つかっているのならば、大学に行くことなんかやめて、それをやるべきだと思います。

そうでないのだったら、「いつかそういうことをやってやろう」という思いを胸に秘めて、入試の勉強をすることは悪くはないですよ。

人間には、時季というものがあるのです。

がんばってくださいね! 応援しています!


nounandemo

 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします




はなまるさん

営業をしています。一人暮らしです。性別は女です。

教えてください。

私はストレスや不安を感じると何か口に入れないと気が済まない癖を持っています。
なので目の前にやらなきゃいけないことがいっぱい溜まったりするととりあえずコンビニに行って何かしら食べてしまいます。
冷静になればお腹はいっぱいなのに、そういうこととは関係なく食べる、という作業に夢中になります。

以前、ストレスの解消方法は何かに集中すること、そうすることで脳のマッサージ効果があると回答されておりましたが、

この食べることに集中する癖は本当に治したいです。
癖を直す秘訣はありますか?

気持ちが弱いばっかりに頼ってしまいすみません。

アドバイスいただけると嬉しいです。

ご回答。

おそらく、過去に、ストレスや不安を感じて、その際に口に何かを入れると、脳の報酬系が活動して、一時的にそれが解消される、という経験をされたことで、そのような行動が「強化」されたものと思われます。

脳の中に、「何かを食べる」という道筋ができてしまっているわけです。

一般には、一度できた道筋を消すことはむずかしいです。
そこで、おすすめしたいのは、「何かを食べる」という道以外の道をつくることです。

今度、ストレスや不安を感じた時に、他の方法でそれを解消できるような行動、たとえば友達と話すとか、音楽を聞くとか、シャワーを浴びるとか、そのような行動をとってみてください。
うまく行けば、そのような行動が強化されて、次第にそちらの道筋が強くなっていくはずです。

また、ストレスや不安自体のレベルを下げることも必要です。
有効なのは、散歩をしたり、ゆったりしたりして、脳のdefault mode networkを活性化することで、そのようにして自分の中でさまざまなことを整理しておくと、次第にストレスや不安自体のレベルが下がっていくと思います!


nounandemo

 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします

↑このページのトップへ