月別アーカイブ / 2016年11月

ぽんすぽん 2016年11月28日 11:46
茂木さんこんにちは!


26才、男です。質問させてください。

自分の尊敬する人の考え方や生き方に憧れを感じるのですが、ぼくの現状の性格とはかけ離れています。いまからでも、その考え方になりたいならそうなるように努力して身に付ければ良いと思ってはいるのですが、後付けで身につけた性格や考え方は脳科学的にはほぼ同じものになることがあるのでしょうか?それとも自分の意思で性格を身につけることはそもそも不可能なことなんでしょうか?

もし宜しければご回答頂ければ幸いです。

ご回答。

 人格には、遺伝的な要因もありますが、環境要因も大きく、つまりは生き方を通して変わっていくものだと考えられています。

だから、その尊敬する人の一部を取り込むことは可能です。

ここで、鍵になるのは、「文脈」です。その尊敬する人の性格は、どのような社会的な立場、役割の中で生きて、輝いていますか?

本当にそのような性格を一部でも取り込もうと思ったら、自分もまた、そのような立場にいなければなりません。たとえば、後輩の面倒を見る、という時に発揮されるすぐれた資質ならば、あなたもまた、後輩の面倒を見なければならないのです。

また、どんなに取り入れても、その尊敬する人そのもののコピーになるわけではありません。
それでも残る独自性が、個性というものなのです。


nounandemo
 



(ご相談なさりたい方へ。 脳なんでも相談室へのご相談は、 https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします) 
 

タクヤさん
 
22歳、大学生(男)です。

1人を好きでい続ける(愛し続ける)ためにはどうすれば良いですか。

「赤と黒」や「アンナ・カレーニナ」やら色んな本が愛や恋についての本を読みましたが、その全てが永遠であった試しは無いです。(だから感動するのかもしれませんが)
現実もそうです。
しかしひとは永遠を夢見がちですし、僕もそうです。
茂木さんの「恋愛論」をお聞かせ願います。

ご回答。

生物における永遠とは、実際の永遠としての「実無限」ではなく、「次がある」という意味での「可能無限」です。

だから、恋愛においても、常に、「次」のことを考えていればいいんじゃないかな。

また会うとか、次にこのような話をするとか、いつも「次」へつながることを心がけていれば、それが愛の「可能無限」をつくってくれると思います。

それはそうと、いい小説を読んでいるね。そのような文学的感性の醸成は、恋愛にかぎらず、人生においてとても大切なことです!

nounandemo



(ご相談なさりたい方へ。 脳なんでも相談室へのご相談は、 https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします) 

 

ご自身で、110番されて、よくわからないことをおっしゃっていたということですが、ひょっとすると、助けてもらいたかったのかもしれません。

法律がある以上、仕方があありませんが、本来、逮捕とかではなく、治療やカウンセリングをしてサポートして差し上げるべきだと思います。

薬物に対するアプローチが間違っているような気がしてなりません。


↑このページのトップへ