月別アーカイブ / 2016年11月

時々、地上波テレビの「悪口」(笑)を書くが、それだけ、未だに重要なメディアであり、しかもメディアとしてはまだ存在しているのだから、できるだけ良くなってほしい、という思いからである。一種の「応援」だと思って欲しい。

最近つくづく思うのは、日本のアニメ>>>日本の地上波テレビ(特に民放のバラエティ)ということである。同じ国で、なぜ、これだけクオリティの違うものができるのか不思議なくらい、前者は最近めざましく素晴らしく、後者は惨憺たるありさまである。

民放のバラエティがダメになった理由はいくつかあると思うけれど、一つは、常々指摘している、馴れ合い、ゆるさで席巻しているお笑いの文化のせいだろう。社会的な批評性を伴わないゆるい笑いは、一つのあり方だが、それがモノカルチャーになるとさすがにきつい。

グラミー賞やアカデミー賞の授賞式を見ていればわかるように、向こうのコメディアンは、エンタメのど真ん中でも、きちんとその時々の社会状況や普遍的価値を背景にした批評性を決めてくる。これが日本の地上波テレビにないのは、ほんとうにキツイ。

もう一つ、最近の日本のテレビでどうしても理解できないのは、画面、音の「汚さ」である。なぜ、あのように、字幕やテロップを多用して、画面を「汚す」のか、芸人さんたちの、つまらぬ間の手や笑い声を強調するのか、全くよくわからない。

映画『君の名は。』が、あれほど画面の隅々まで心を配って絵作りをして、音楽も美しく作り上げているのに、同じ日本の地上波テレビが、なぜ、あれほど汚い画面作り、音作りをしているのか、私には一秒たりとも理解できないのである。

民放のバラエティなどは、以前から公言しているように一秒も見ないが(すぐれたドラマや、ニュース、スポーツ中継などは見ることもある)、たまたま食堂などでかかっていると、絵の汚さ、音の汚さですぐわかるのは、さすがというか、悲しい話だと思う。

民放の制作担当者の方々だって、『君の名は。』とか、『この世界の片隅に』を見て感動したのだろうから、それならば、同じクリエーターとして、誇りを持って、良いものをつくっていただきたい。汚い大文字のテロップや、タレントさんの馴れ合いなんて、視聴者は別にテレビに期待していないと思う。


連続ツイート


 

はりはりさん
 
はりはり 20歳 女子 大学生 神奈川

私は聞いて理解して、伝えることが苦手です。
人から話しかけられた事を上手く理解できず、早く答えなきゃという焦りから、考えてから自分の考えを伝えることができません。
聞いて理解して、伝える力を身に付けるにはどうしたら良いですか?

ご回答。

はりはりさんの言う「苦手」というのが、実際にそうなのか、それとも、コミュニケーションについて、何かひっかかっている、ということなのか、わからないのですが、いずれにせよ、大変ですね。

あせる必要はないのです。何かを聞いた時、そのことを、少し時間をかけて考えてみてください。

それで、ずっとあとでもいいので、「ああ、そういう意味だったんだ。だから、こう言おう」と決めてください。

あるいは、その場ではうまく言えなかったのが、しばらくあとで、「ああ、こう言えばよかった」というのでも構いません。

時間をかけていいので、「言われたこと」ー>「言いたいこと」の間に、結びつきというか、回路をつくるようにすればいいのです。

そのことを繰り返して行けば、次第に、 「言われたこと」ー>「言いたいこと」の変換が、早く、その場でできるようになると思います。

お言葉から、誠実なお人柄が伝わってきます。自信を持って、がんばっていってください!

応援しています!

nounandemo
 


(ご相談なさりたい方へ。 脳なんでも相談室へのご相談は、 https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします)  

名前:ご。さん
大学生/女

私はバイトですが、オフィスで働いています。バイトなので、社員さんに対して意見を言う機会がまったくありません。だから、「質問」を書く機会があると「意見」を書いてしまいます。質問と意見は違うから、私は間違ったことをしたのではないかといつも後悔します。

たとえば、今回は、具体的には書かれていなかったのですが、「完成したものの説明」に対する質問を要求をされていたと思います。説明の不足を補うための「質問」だったと思います。しかし、意見を書いてしまいました。それも、たくさん!

バイトの分際で、完成したものに意見したことは、失礼にあたったのでは?と考えてしまいます。今回のような「意見」は、「自己満足な迷惑」だったと、それしか考えられません。

ここで、質問です。

(1)非正規雇用は、いつ、その会社の内容に意見をしていいのでしょうか。タイミングがわかりません。誰に言えばいいのかもわかりません。

(2)質問と意見は、どう違うのでしょうか。どのように区別をつけていけばよいのでしょうか。

私は「社会性」を十分に理解し切れていない気がします。社会人になったとき、私がどうふるまえばいいかの参考にさせてください。

ご回答。

まず、正社員と非正規雇用という区分は、日本にしかない特殊な概念なので、私は個人的には無意味だと思っていますし、チームとして仕事をする意味では、関係がないと思います。

力を合わせて、一つのことを成し遂げる、という意味では、誰もが、意見を言う意味があると思うからです。

質問は、そもそも、その人の視点が含まれ、反映されるものですから、質問する際に意見が入ることは、自然なことだと思います。

ただ、気になるのは、「文章を書く」というかたちでの意見の表明は、一方的になりがちだということです。

できれば、相手の顔を見ながら、その表情がどう変わるか見える状態で、一方通行ではなく、コミュニケーションとして、意見を言えるといいのですが。。。。。

結局、意見を言って良いか、どうか、ではなく、普段からのコミュニケーションが大切だと思います。雑談をすることは、親しみを増し、きずなを結ぶ上で重要です。ぜひ、英語で言うsmall talkを試してみてください。


nounandemo


(ご相談なさりたい方へ。 脳なんでも相談室へのご相談は、 https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします) 

↑このページのトップへ