TOEICについては、以前から批判しているが、そのポイントは、扱われている英文が、トリビアルな意味でのビジネスの「現場」に関するもの、ということにつきる。

つまり、英語として「つまらない」

このような英文を学ぶために、時間を使うのは、無駄だと個人的には思う。

 どうせ英語を学ぶのならば、映画とか、文学とか、コメディとか、面白いテクストはいっぱいある。

また、このようなテストを準拠として日本人が英語を学んでいると、結局、「二流以下の英語話者」にしかなれないと思う。

本当の英語力は、幅広い教養に裏打ちされたものだからである。ビジネスの現場でも、教養がないひとは、おそらく、あまりまともに相手にされないと思う。

TOEICが出来たからといって、ビジネス相手とのパーティーや、会食などの現場で、興味深い人だと思わせるような会話など、できない。

なぜ、多くの日本企業が、このテストを参照しているのか、私にはわからない。壮大な無駄だと思う。

私ならば、その人と5分か10分話して、英文を書かせて、文章を読ませて議論すれば、だいたいの英語力をつかもうとするだろう。それで十分だ。

TOEICのスコアは、教養のある奥深い英語力を見る上で、ほとんど参考にならないと思う。

私が企業の人事担当者だったら、一切無視する。 

以上が私の個人的な見解ですが、もし、TOEICに意味があると考える方や、実際に受けられた方など、ご感想、ご意見などありましたら、コメント欄にお願いいたします!!!