今日、ぼくのコメディ番組「もぎけんのデイリーショー」に「ディーミトリ」という新しいキャラクターがデビューした。


 構想自体は2週間くらい前に走っているときによぎったんだけど、昨日走っているときに「やっぱりやろう」と思ったのだ。


 それで、その中で、「マイルドヤンキー」という言葉を使ったんだけど、コメント欄に、「都会のインテリからの差別的な表現に感じる」というのがあって、どんなコメントもありがたく拝見するけれども、「そうかなあ」と思ってしまった。


 幼稚園の運動会とかでかかっている音楽が「やたらと元気な、アイドルっぽいお兄ちゃんが歌っている風の曲」が多くて、そのクオリアを、「マイルドヤンキー」的と表現して、それで、新キャラのディミートリは(つまりぼくは)あんまりそういう曲好きじゃないな、子どもたちにはそういう曲聞かせておけばいい、という風潮も好きじゃないなあ、もっといい曲があるんじゃないかなあと、異議申し立てをするコメディである。


 なぜコメディになっているかというと、ディーミトリが、国籍とか一切不明なんだけど、幼稚園の運動会とかでああいう感じの曲をかけている日本社会(のおそらくは主流)に対して、少数派の立場からささやかに弱々しく異議申し立てをしているという仕立てになっているからだ。


 つまり、ディーミトリは偉そうではなくて、むしろおどおどびくびくしている、というニュアンスでつくったらコメディとして成立するなあ、と思ったのだ。


 それはそうと、「マイルドヤンキー」が差別的表現だとは、ぼくは今まで思ったことがなかった。

 そういうニュアンスで使う人もいるのかもしれないけど、ぼくはそうではない。


 あと、コメントにあった、「都会のインテリ」というのも、逆にステレオタイプな気がする。


 そもそもインテリの定義はむずかしいけど、思慮深くて趣味も広い、賢明なひとは、都会でも田舎でもどこでもいると思う。


 ケンブリッジとかオックスフォードとか田舎にインテリが大量発生するイギリスのイメージもぼくの背景にあるのかもしれないけど。


 都会のど真ん中にも、クオリア的にマイルドヤンキーは人はいっぱいいると思う。思慮深くない人もたくさんいる。だから、都会とか田舎とか関係ない。


 だから、あくまでも楽曲としてのクオリアの差であって、ぼくはマイルドヤンキーが差別的な表現だとは思ったことが一度もない。


 みなさんはどうお感じになりますか?


 ディミートリがデビューしたスケッチも、一応、下にはっておきます。


 シャイな人なので、あまり「拡散」とかしなくていい感じなのですが(笑)



(クオリア日記)



 そういえば、今日はぼくの誕生日なのでした。


 毎年、美智子さまのニュースを拝見して思い出します。


 グロタンディーク素数の一年は終わってしまいました。


 誕生日って、別になんでもないなあ、と途中から思っていたのですが、最近は、また一年いきのびた、それは一つの奇跡であるなあ、と思って、ありがたく感じるようになりました。


 みなさまも、それぞれつつながなく。昔は数え年だったので、みんなで一斉に歳をとったわけですが。


(クオリア日記)



 昨日はアサカル(朝日カルチャーセンター)でズームの講座をやったけれども、とてもおもしろかった。


 せっかくのズーム講座だというので特徴を出そうと、ホワイトボードにいろいろ書いたり、手元に用意した本とかいろいろ小道具をつかって進めたけれども(結局用意したものの半分くらいしか使わなかった)、立体的におもしろくできたように思う。


 また、質疑応答も面白かった。


 寄せていただいた質問をぼくが読み上げてお答えするという形式だったけれども、インタラクティヴに親密な感じでできたように思う。


 北海道から関西、中国地方まで(九州沖縄の方もいらしたかもしれない)いろいろな地域の方が参加してくださったようだ。


 コロナは大変だけど、こういう試みがこれからもできるといいですね!


(クオリア日記)

↑このページのトップへ