規制緩和は、大いに結構だけれども、それが、国が「設置基準」を決めている大学だったり、また、設置を認めると、そこに莫大な公的扶助が投じられるというような仕組みは、たとえ規制緩和だとしても、あまり意味がないと思う。

そもそもありとあらゆる形式の、ありとあらゆるカリキュラムの学校ができる、という意味での規制緩和だったら、大いに意味がある。カリフォルニアにできた、学費無料で在学期間は任意の42とか、世界7箇所に拠点があって学生はあちらこちらに行き、今全米で一番入るのが難しいと言われているMinervaとか。

獣医師は、国家が要件を定め、それ以外の人が業務をしていはいけないという規制を加えている資格であって、その養成の学校をつくり、公金を投じることが「規制緩和」だという論理が、私にはよくわからない。

巷で言われている獣医師の必要性の論理を見ると、必ずしも国家資格である必要が感じられない。むしろ規制を外して、さまざまな専門性の人たちがチームを組んで仕事した方が良い結果が上がることは明白だと思う。

結局、日本における「規制緩和」とは、国による統制を前提にして、その統制のやり方を少々変える、という程度のことにしか私には見えない。

私のような意見は少数派かもしれないが、教科書検定が存在し、学校のカリキュラムを国が指導するのが当たり前、と思っている国における「規制緩和」の意義については懐疑的に見るのは当然のことではないだろうか。

参考:(日本における)獣医師(じゅういし、英語:veterinary physician)は、ヒト以外の動物の医師。獣医師でない者が、飼育動物(牛・馬・豚・めん羊・山羊・犬・猫・鶏・うずら・その他獣医師が診察を行う必要があるものとして政令で定めるものに限る)の診療を業務としてはならない業務独占資格でもあり、獣医師でない者が「獣医師」[1]の名称を使用したり、「動物医」・「家畜医」・「ペット医」等の紛らわしい名称も用いたりしてはならない名称独占資格でもある。

上記引用元↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB




追記。

下でいただいたコメントに関連して、もちろん、獣医師や医師について一切の資格を不必要とするリバタリアン(Milton Freedman的)な態度をとることもできますが、ここでは、そこまでの主張はしていません。

補足すれば、今回、獣医師の関連業務として一部で指摘されていた、動物実験や、検疫といった業務は、必ずしも獣医師の資格を要求する理由が私には明らかではありません。
今後の人工知能による診断、統計的推定などの技術の発展を考えれば、従来の獣医師資格がこれらの業務にかかわる上での必要条件であるとする意味は、私にはわからないということです(特に検疫)。



cloverneko






ぴーなっつさん

茂木先生

大学4年のぴーなっつです。

本質的課題は所属にあるのかについての質問です。

最近は、政治家や有名人の不祥事が話題になっています。
その際、例えばある議員の不祥事の際にはその議員が何党だったとか同期にはどういう人がいるとかがニュースでピックアップされ、まるでその政党が悪いように言われます。
一方で有名人の場合は所属よりも2世タレントだったとか親の教育が槍玉に上がることが多くあります。

しかし、言ってしまえば大人の不祥事は政党でもなく親でもなくその人自身に本質的問題があるのではないでしょうか?
また、もしその他に理由があるのであれば政党や親の教育だけでない外部要因も関係してくると思います。


なぜ人の不祥事の時だけそういった所属等の外部要因が批判されるのかご意見をお伺いしたいです。

宜しくお願い致します。

ご回答。

たしかに、不祥事はご本人の問題で、周辺のことは、間接的な要因にはなっているかもしれないけれども、直接的な要因ではないですよね。


ぼくは、時々中学や高校でお話するときに、生徒に即興で英語スピーチをしてもらうのですが、その際、しばしば聞かれる表現が、「I belong to...」というフレーズです。

例えば、テニス部の子が、I belong to the tennis clubなどと言います。

これ、英語圏にはあまりない発想です。

個人が、どこかの組織に所属していなければならない、ということはないし、ある組織と関係していたとしても、それでその人が決まるわけではないですよね。

江戸時代の五人組とか、戦争中の隣組とか、あるいは空白を認めない履歴書とか、そのようなさまざまなところに、この、「個人が組織によって規定される」という発想の起源があるのでしょうが、正直、時代遅れだし、もはや意味がないし、日本の発展の阻害要因だと、ぼくは思っています。

しかし、世間はいまだに所属の組織ということを大切にしているのでしょう。


ぴーなっつさんは、できるだけ自由に生きてくださいね!


nounandemo

 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします

かちぽんさん

茂木先生こんばんは。

僕は高校3年生です。


今進路について考えています。


行きたい大学があるのですが、楽しそうで魅力的だと僕は思っています。

しかし、低偏差値なので将来仕事につけるか心配です。

低偏差値の大学だと仕事につくことは厳しいですか?


また何故、会社側は学歴で人を採用するのでしょうか?


茂木先生のお考えお願いします。

ご回答。

ぼくは、偏差値というものに意味があるとは全く思っていません。
また、いわゆる偏差値というもので大学を評価する日本社会を愚かだと思っています。

ぼくのように考える人は、世間にはいるでしょう。しかし、現在の日本では、残念ながら少数派かもしれません(今後、ぼくのように考える人が増えてくるとは予想していますが)。

したがって、他人を、出身大学の偏差値で評価したりする人や、就職の際も、それを参考にする会社は、ある程度存在するでしょうし、その意味で、仕事選びにおいて何らかの影響を受ける、という可能性はあると思います。

結局、かちぽんさんが、自分の学びたいこと、行きたい大学についてしっかりとした考えをを持って、それから、以上のような日本の社会のあり方についての状況について理解した上で、自分の道を選ぶ、ということに尽きると思います。

大学についても、イメージや漠然とした情報だけでなく、いろいろ調べて、比較して、よく考えて選んだ方がいいと思います。

もしかしたら、その過程で、受験勉強をがんばらなければならない大学に行きたい、と思うかもしれないけど、そうしたらその時はがんばればいいんだと思います。

世間は自分の思うようにならないから、そのような世間は変わらないものと仮定した上で、自分の行く道を選べばいいのです。

どうか、すばらしい人生を!

nounandemo

 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします

↑このページのトップへ