毎日のように走っていると、次第に、さまざまなことに敏感になってくる。

特に、他のランナーに。

走っていて、向こうからも走ってくると、仲間意識というか、「いやあ、お互い大変ですなあ」みたいな、無意識の挨拶をやりとりする雰囲気になる。

今朝、走っていたら、坂道の向こうからどうやら走っているらしい人がきた。

ところが、なんだかへんなのである。大きな荷物を持っている。

それで、その荷物を、左手、右手、左手、右手、・・・と持ちかえている。

どうやら、重いので、イテテイテテとなって、交互に持っているらしいのだ。それだけでも大変なのに、持ちかえ持ちかえ走っている。

小さな姿が次第に大きくなってきたら、女子中学生だとわかった。

しかも、背中に大きな荷物を負っている。まるで、登山家のように。

それでも走っている。根性のある子だ。走りながら、持ちかえている。左、右、左、右、いっちに、いっちに!

ははあ、バスにでも乗るのかな、と思ったら、曲がり角でくるっと回った。

私がその曲がり角まで来てみると・・・・

部活の集合だろうか。子どもたちが校門のところに十数人集まっていた。

その女の子は走りながら、「なんとかかんとか〜!」と言っている。

待っている中学生たちも、「なんとかかんとか〜!」と応えている。

集合時間ぎりぎりだったんだなあ。
朝から、偉いなあ。

いい部活をしてほしいなあ、と思った。

荷物があるのに、持ちかえ持ちかえ走って偉い。

持ちかえガール、疾走す!

ぼくは、お腹のあたりに荷物があって走っているが、こっちの荷物は持ちかえられない。。。。

(クオリア日記)


もちかえ少女.png


第358回。

剣野舞さん

剣野舞、神戸市在住、20代の男子学生です。
心理学と図書館学を勉強しています。
体罰がありえない理由を脳科学的に教えてください。

先日テレビでとある芸人の方が、体罰がありえへん明確な理由を誰も教えてくれない、と疑問を投げかけていました。
昨今体罰について、ありかなしかで意見が分かれ、頻繁に議論されています。

私は気になったので調べたところ、体罰による指導を受けると、罰を受けることが条件づけされた人間になる、と心理系分野で研究されてると知りました。
つまり、罰や承認がないと目標に向かって頑張れない依存性の強い人間になるということです。それは、指導上の効果が疑問だなあと思います。
例え本人同士の同意があっても、受ける側の成長へは繋がらないです。子どもに対しては特に、「成功」よりも「成長」を第一優先にして指導はすべきだと思います。

茂木さんは体罰はありえへんと考えているだろうと、これまでの言論から推測しています。
体罰について改めてどうお考えか、その理由も脳科学を含めて教えて頂きたいです。

ご回答。

調べられたことは、ほぼ正しいです。

時代は、自発性や、個性、コミュニケーション能力を求めています。

体罰がもたらすものは、ある行為がNO GO(禁止)であるとか、ある人への服従、恐怖、あるいは秩序など、時代が求めるフレキシブルな能力とは無関係な認知能力だと思います。

テレビで、芸人さんがそのようなことを言って、体罰の是非が議論される、ということと、日本がイノベーションなどの世界の潮流から取り残されているということの間には、深い相関があると思います。

もっと、楽しく、わくわくして、自由活発な方向に社会のリソースを割り振り、子どもたちがその自由な空気の中で育つようになればな、と思います。


nounandemo

 
脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

『すベての悩みは脳がつくり出す』

 ところどころに歩行者用信号のボタンがあって、渡る人は押す。

 でも、夜間だけの時もあって、昼間は関係なく変わっているところもある。

 ランニングをしていたら、歩行者用信号のところに、とんでもないハードボイルドおじさんが歩いてきた。
 
 びしっとダークスーツを着て、アタッシュケースを持ち、イヤホンをつけて何やらずっと喋っている。
 しかも、サングラスをしている。

 このハードボイルドおじさん、歩行者用信号のところに来ると、機関銃のように話しながら、さっとボタンを押した。
 本当は、昼間だから、押す必要はないんだけど、さっとかっこよく押した。

 それから、アタッシュケースを足元に置いて、ボタンの箱に寄りかかった。
 なんだか、格好が決まっている。
 そして、イヤホンをつけて、機関銃のように話し続けている。
 すべてが、ハードボイルドである。
 
 すべてがハードボイルドでかっこいいのだが、実はボタンを押す必要はなかったのだ。
 
 ボタンを押す必要がないのに、押してしまった、そこだけが残念なハードボイルドおじさんだった。

 そもそも、ハードボイルドの人は、歩行者用のボタンを押してはいけない気がする。
 なぜかはわからないけれども、そんな気がする(笑)

(クオリア日記)


ハードボイルド自押しおじさん.png

↑このページのトップへ