むしろ、私から見ると、松本人志さんはテレビでご自身の思ったことを自由にしゃべれるポジションを、才能と努力、実績で積み上げてきたように見えます。

松本さんが堅苦しく感じるのでしたら、他の人はもっと最初から堅苦しくというか忖度のかたまりで話さなくてはいけないのがテレビであり世間なのでしょう。

ネットは基本的に無秩序で、私もそうですが、皆それぞれ比較的自由に発言しています。

しかし、テレビでは、松本さんくらい自由に発言して、しかもそれが放送される方はなかなかいらっしゃらないでしょう。

松本さんは、世間の中のある方々の本音のようなものをうまく言葉にされているから支持されているのだと思います。

一方、その中には、いろいろな感覚、考えの方がいらっしゃる。

そのような方々も、テレビという公共の電波で、もう少しのびのびと発言する機会があってもいいのではないかと、個人的には思うところです。

テレビにメディアとして今求められているのは、多声性、多様性なのではないでしょうか。





 NHKニュースがつまらないのは、記者の書くニュース原稿がつまらないということに端を発しているように思う。

 テレビ業界の方に聞くと、原稿に合わせて映像とかは編集するわけだから、原稿がいちばん大切だというのだ。

 無色無味にするのも「中立」だが、NHKはそれをやりすぎている。
 また、「政府広報」をやっていれば「中立」(というか官邸からおこられない)という偽装も、ジャーナリズムとしては落第点だ。

 さまざまな立場を一つの原稿の中に織り込んで、結果としてバランスをとるニュース原稿をなぜ書かないのか(そしてデスクはそれを採用しないのか)というのが疑問だ。

 たとえばこういうふうに構成すればいいのではないか。

 沖縄県の全市町村での県民投票の実施を求めて行われていたハンガーストライキが、ドクターストップで中止になりました。選挙で選ばれた議会や首長が、民意を反映するはずの投票の実施の有無を決めるのは、民主主義の原理からどう評価されるべきなのでしょうか。
 今回のハンガーストライキを批判する人、支持する人双方の意見をうかがいました。

 県民投票の選択肢として、「賛成」、「反対」に加えて「やむを得ない」を付け加える案が浮上しています。より民意を正確に反映できるという意見がある一方で、「やむを得ない」は事実上「賛成」で、選択肢が実質上2対1となり、公平性に欠けるという議論もあります。意見表明の調査方法はどうあるべきなのでしょうか。専門家に聞きました。

 辺野古へ投入されている土砂が、規定よりも赤土が多いと報じられています。環境への悪影響を懸念する声がある一方で、そもそもの規定が非現実的だったのではないかという指摘もあります。現場の実感は、どうなのでしょう。土砂投入を担当している業者の方に聞きました。

 今即興で書いた原稿だけど、このようなニュース原稿によって構成されたVTRだったら、見たいし、NHKの報道機関としての評価も高まるだろう。
 また、上のようにバランスがとれていれば官邸からも怒られないだろうし(笑)、怒ってきたら、そりゃあ官邸さん、あんまりよ、というもんだろう。

 いずれにせよ、今のNHKニュースの原稿はつまらなすぎる。
 現場の記者の方々の奮起を期待する!

(クオリア時評)

NHKこうやればいいのにニュース.png



774回


さちよさん

ひるちゃん 、女性、40才、介護職 愛知県
はじめまして。中学2年、小学5年の男の子の母です。次男5年生の子についてご相談です。小学3年生が頃から腹痛を訴えては学校を休むようになりました。どうやら算数の計算や、漢字を丁寧に書くのが苦手だったようです。(心療内科では学習障害グレーゾーンと。)休み中はサッカー観戦や新聞を作ったりととても楽しそうに過ごしておりました。しばらくして、学校にも行けるようになり漢字や、算数はぼちぼちついていけるようになりました。5年生になりテスト週間というものがあり、また休みがちになりましたが、「せっかく休むなら好きなことして過ごしてね。」と言うとゲームをやったり、新聞を切り抜いてノートに貼って楽しんでいました。ただ、6年生、中学になるとますますテストが増えてきます。本人には結果は気にせず出来るところをやれば良いと伝えましたが、時々こんな対応で良いのだろうかと不安を感じる時があります。どうしても頑張っても出来なくて諦めてしまう事に対して、「諦めたらだめ。もっと頑張れ」はどうしてもキツいような気もします。ちなみに学校の対応は繰返し出来るようになるまでやる。何か良い考えがあれば教えて頂けると幸いです。

ご回答。

人の個性というのは本当にたくさんあって、欠点もあれば長所もあり、それがいっしょになってひとりの人間ができています。

今の学校のカリキュラム、テストは、そのあたりを考慮していません。

アメリカなどでは一般的なホームスクーリング(自宅で学ぶ)においては、それぞれの子が、それぞれの興味に合わせて自分のペースで学べるので、基本的に「落ちこぼれ」が存在しません。

教室での一斉授業という、個性を無視した進行をやっていたら、それは落ちこぼれの子ができるのは当たり前で、それはそのような教育システムのせいであって、その子のせいではありません。

ただ、そうは言っても日本の教育界はきわめて保守的で、しかもやっかいなことに自分たちのやり方が正しいと思い込んでいるので、システム側から改良されることは期待しない方がいいです。

大切なのは、お子さんが楽しんで取り組めること、熱中できることをサポートしてあげることと、そんなお子さんを信じて、応援してあげることだと思います。

学校のカリキュラムやテストは、あまりまずくならない程度に付き合っておけばいいのです。そんなに大した問題じゃないのですから(特にテクノロジーの発達によって仕事の仕方や生き方が多様になるこれからの時代には)。

落語家の柳家花緑師匠は小中学校の通知表がほとんどオール1で、大人になってから識字障害という脳の個性だとわかったそうです。

ただ、小学校の頃から話術は抜群で、よく教室の前で話をさせられてみんなを笑わせていたそうです。

個性は必ずどこかで輝きます。その道筋を探るのが本来学びであるはずです。


脳なんでも相談室へのご相談は、https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1294423.html のコメント欄までお願いします。

よくある相談項目を集めて、回答した本です↓

『すベての悩みは脳がつくり出す』

↑このページのトップへ