月別アーカイブ / 2017年11月

どうも。

最上もがです。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7395.JPG
柿ピーがすきなんですけど
梅しそ味が美味しいと言われて買ったらたしかにめちゃ美味しかったです。ぽりぽり。


最近みたホラー映画
ざっくり載せます。

【エイリアン:コヴェナント】
エイリアンシリーズといえば、小学生くらいの時に一度はトラウマになる作品ではないかと思ってます。(みんなの世代はわからないけれど、、)
見所っていつも思うんだけど、かっこいい女性がズタボロになりながらも体を張って戦うところや、そこにいたんかーい!っていうスリル、絶望感、みたいなところでしょうか。

シリーズをみてないとわからないところもあるかもですが、みてなくてもそこそこ楽しめます。
グロ・血が苦手な人にはお勧めできません。


【グエムル-漢江の怪物-】
韓国の怪物映画です。
よくある(?)人間の過ちから誕生した怪物が人々を襲う話。
10年以上前の作品ですが、気になりつつも保留してて、先日やっとみました。
B級臭がプンプンするぞ!と思いながらも、あれ…面白い…かも…

ただし、スリルや残虐さとかを求める方にはお勧めできません。刺激は少なめです。
家族愛、ちょこっと?ギャグ、最後はほっこり。
ぺ・ドゥナさんが素晴らしく可愛いです。


【ザ・ボーイ~人形少年の館~】
老夫婦に息子の世話をと雇われた女性。
しかしその息子は人形。
ただの不気味な人形。
でもこの老夫婦が息子だって言う。
気味が悪いんですけど!と思いつつも、バイト代高いし、てきとーにやってやんよ!と過ごす女性に襲いかかる恐怖!なお話。

えっと、かなり、わけがわからんです。
なんというか、ボロクソに言う人も、ツボった!と言う人もいそうな感じ。
ちなみにぼくはわりとツボりました。
(色んな意味で)

ホラー要素少なめ、
ただしオチがとんでもないです。
(色んな意味で)


【ゲット・アウト】
まだ公開中の映画ですね。
白人の可愛らしい彼女の実家にいくことになったアフリカ系アメリカ人のお兄さん。
でもそこには同じくアフリカ系アメリカ人の使用人とかいて、なんか気まずい。でも彼女は気にするなって言う。
なんだなんだ?
差別の話…?かとおもいきや。

所々、ビクゥ!ってなるところがあります。
全体的にちょっと不気味。

これまたオチが衝撃。
なんか、ポカーン感すごい。


【遊星からの物体X ファーストコンタクト】
「遊星からの物体X」という映画の前日談、とは知らずに普通にみてました。
エイリアン(地球外生命体)ものですが、なかなか面白い!笑った!
人間の細胞を複製できるので、俺がお前でお前が俺で…?誰がエイリアンやねん!と仲間割れしちゃう感じ。
合体もしちゃうよ!なにそれ!きもちわる!
動き方がえぐい!

個人的にはかなり好みの作品でした。
なんかこうあんま何も考えずに、わー!ぎゃー!とやってくれる作品はみてて飽きなくて良いです。
こちらもグロ・血が苦手な人にはお勧めできません。

【IT/イット】
これもいま公開中。
久しぶりにむちゃくちゃこわかった。
びっくりしまくった。
こわすぎて途中から笑えた。
MX4Dがあったからなんでだろっておもってたけど、これでみるのも面白そうな気がした。
たぶんお化け屋敷アトラクション風味。
少年少女たちががんばる映画なので、ある意味、グーニーズに近いものを感じました。
大人に頼らない(頼れる大人がいない)可愛い少年たちが拝める映画でもありますが、ピエロ苦手な人は要注意。とにかくこわい。
でもこの役の人がイケメン。ビビる。
あまりにもこわくて辛かった人は検索してみてください。中の人はまじイケメンです。

ホラー映画としてはかなり良いと思いますが、ちょっと長い!


ホラー映画とかきましたが、
5つはそんなこわくないです。
どちらかというとスリラー?サスペンス?
ITはまじで結構こわいです。
面白いかどうかは…あなた次第…笑

なんでもそうだけど、ほんっとにひどい作品だとしても逆に面白い…ってなることあるからね!
個人的には途中で飽きてみなくなるものがだめで、最後までみれたらそこそこ良かったと思ってます。



さて、

唐突ですが、


最上もがグッズはどういうものが欲しいですか?
実写グッズorイラストグッズ…
こんなものがあったら便利かも!っていう物があったら教えてほしいのです。

悩み中です。。


ほいではまた!

どうも。

最上もがです。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7032.JPG

もがみーてぃんぐに参加してくれた方のコメントで、「変わってない」というより「成長してない」と、コメントに書かれていて、ああ、ぼくは成長してないんだなあと思いました。
たぶん、褒め言葉で書かれたわけじゃないと思うので、その方にとっては不快な時間だったかもしれない。申し訳なかったです。

もちろん、全ての人に好かれようっていうのが不可能なのはわかっているけれど、せめて自分がやるイベントに来てくれる方には楽しんでもらいたいし、喜んでもらいたいし、幸せな気持ちを持ち帰ってほしいと思ってます。

でんぱ組での握手会やサイン会や、ファンのみんなと直接話す機会というのがとても多かったけど、活動自体が忙しくなって接触イベントというものが減ってしまい、さみしくなってはじめたのがトークイベントでした。(もが単)

ソロになって続けるか迷っていたけれど、全てをガラッと変える必要もないと思い、また、再開することになりましたが、嫌な気持ちになる人がいるならそれが正解なのかわからなくなってきました。
自己満でやることになったら違いますしね。

全ての声に耳を傾ける必要はないかもしれません。
褒めてくれたり、優しく応援してくれる人たちのためだけにやるのがいいのかもしれません。
けど、楽しみにしてきてみたら、「違ったな」って、楽しめずに帰る人が一人でもいたら、無料イベントな訳ではないから、いいんだろうかと思ってしまいました。

難しいですね。

未熟なんだなあ、自分は。
それがとても悔しくなりました。

でんぱ組を応援してくれてた人にとって
ぼくの活動を快く思わない人もきっといます。
離れた人もたくさんいると思います。
引き止めようなんて勝手なことは全く考えてないです。応援しないことが悪いこと ではないし、ぼくを恨んでる人はそのままでいいと思ってます。
だからファンの人同士で言い合ったり、仲違いしたり、そういうことはなくなってほしいと思ってます。

どうあがいても、直接何時間も話して誤解を解いたりすることは出来ないから。
全てを知ることは誰にもできないから。
今は、吉田豪さんのインタビューで答えたことが全てですし、それ以上のことはないです。

「もう消えたいっていう自分と毎日闘ってる」 最上もが、でんぱ組脱退後初のロングインタビュー
アイドルグループ「でんぱ組.inc」からの脱退を8月に発表し、一時的に活動を休止していた最上もが。11月16日にLINE公式アカウントおよびLINE BLOGを開設し、新たなスタートを切ることとなった。活動休止中に何があったのか、そしてでんぱ組脱退の真相とは。
blogos.com

ぼくは今できることを精一杯やる、
成長できてなくとも、
これから成長できるようになんとかする、
ずっとだめじゃん!って思ってる人もいるかもしれませんが、諦めない限りは頑張ろうと思います。

たくさんの「もがちゃんはどう思いますか?」の問いに答えられないことがとても歯がゆいです。
そして、ぼくも本当はききたいことでもあります。

どうしたら気にならなくなりますか?
どうしたらちゃんと寝れますか?
どうしたら強くなれますか?
どうしたら




そんなときは

帰りにベイクドチーズケーキを買って
帰ったらあったかい湯船に浸かって
あがったらパソコンをつけて


ゲームをします。



ほいではまた。

どうも。

最上もがです。

きょうはタワレコ渋谷にて、
もがみーてぃんぐでした!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7354.JPG

復帰後はじめてファンのみんなの前にでて、
トークイベントでした。

ありがたいことにチケットも即完だったみたいで、トークイベントなのにスタンディングにしてしまい ごめんなさい!そして来れなかった方のためにLINE LIVEとやらをやってみたのですが、
はじめて自分ひとりでやったので、とにかく、てんやわんや…楽しんでもらえてたのか不安です、笑

いろんな機能があって面白いね!
使いこなしてる現代っ子はすごい!

さて、もがみーてぃんぐですが、
変わらずに応援してくれる人たちの顔を見たらなんだかとても、泣きそうになりました。
しんみりさせたいわけではないけど、ああ、戻ってきてよかったなあって。

良くも悪くも、
変わる ということは大変です。
努力で補えること、どうしても難しいこと
色々あります。

変わるのが良いことも
変わらないのが良いこともあります。

ぼくはきょう、ファンのみんなが変わらずそこにいてくれたことがとても嬉しかったです。
半年、1年、数年っていなかったわけじゃないけれど、なんだか会えないことで離れてしまった感覚があって、戻ってきたときに誰もいないんじゃないか、飽きられてしまったのでは、とかなり考えていました。

人の気持ちって、変わる人はすぐ変わってしまうからね。

好きな音楽でも
よく食べるもの、でも

いろいろ。

ぼくはわりと好きになったら一直線で、
食べ物とかもリピートしてしまいがち。
好きな音楽もずっと聴いてしまう。

チャレンジこわいマンでもあります。
良いのか悪いのか。

ほいではまた!

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7349.JPG
ごろん。

↑このページのトップへ