どうも。

半年に一回ペースくらいでしか更新しなくてすみません。最上もがです。
お久しぶりのブログです。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1220.HEIC

突然ですが、みなさん

ヴィレッジヴァンガード

略して

ヴィレヴァン

ってご存知ですか?


「あぁ、知ってる!雑貨屋さんでしょ!」

「なんかアイドルのグッズとか置いてるよね」

「ごちゃごちゃしてるお店」

「やたらPOP多いよね」

そんな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ヴィレヴァン

実は


日本で一番店舗数の多い(たぶん)

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2097.JPG


本屋です。

あ、


遊べる 本屋 です。

そう!遊べる本屋!!!!

なんじゃそりゃ。

知らない人も多いかもしれませんが、

本店は名古屋です。

名古屋から生まれた奇跡の本屋です。


そもそも本屋と言いつつ、
本以外のものもめっちゃ置いてます。
仕入れは全てバイトに任され、
各店舗の色はバイトの色。

「おまえらの!好きなものを!仕入れろ!」

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1270.JPG

一人一人に個性があるように
ヴィレヴァンも、各店舗ごとに個性があります。
つまり、同じ店舗というのは存在しません。

「あっちのヴィレヴァンにあったんだからー」

「こっちのヴィレヴァンにも同じやつあるっしょー」

確率としては0ではありませんが、
100%でもありません。

デビューした頃から、でんぱ組のCDやグッズを置いて下さったり、リリース毎にコーナーを作って下さったり。大変お世話になっております。

いまだに写真集を置いて下さってるマニアックな店舗もあります。正直めちゃくちゃ嬉しいです。
ありがとうございます。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2099.JPG

つまり、いま売れてるもの、流行っているものを必ず置くというわけではありません。
働いてる方たちの趣味や、これ、面白そう、これからこれ、くるっしょ!ってものを仕入れて置いてるそうです。

つまり

売り上げはそこまでよくないそうです。



でも、そうじゃない。
流行りとか、つくれば勝ち。

こんな、愛すべき遊べる本屋は今まであっただろうか?

大人から子供まで楽しめる

ヴィレヴァン


そんなヴィレヴァンを舞台にしたドラマがはじまります。



メ〜テレドラマ

『ヴィレヴァン!』

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1996.JPG

5月13日(月)深夜0:59〜
放送エリアは東海3県(愛知・岐阜・三重)ですが、
TVerとGYAO!でも見逃し配信されます。


(予告編はこちらから)

登場人物をさらっとご紹介します。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2090.JPG
ひょんなことからヴィレヴァンで働くことになった杉下くん【岡山天音】
特にサブカルに詳しいわけでもなく、
オタク要素は皆無な自称「空っぽ」の大学生。


本当にぜんっぜん関係ないですが、
撮影してたときに『五等分の花嫁』というアニメを観ていたため、主人公が「上杉くん」で、何度か間違えそうになりました。脳内でいつも「うっえすっぎくーん」が流れて混乱してました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2093.JPG
文学少女、リサちゃん【森川葵】
大人しく、ど真面目で気にしいだけど、
酔っ払うと豹変する。(何言ってっかわかんない)

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2092.JPG
マッシュヘアーな古参バイト山本くん【本多力】
なんか、オシャレらしい。
何がオシャレなのかは、いまいちわかんない。
ボケかツッコミかでいうと、ツッコミ。?

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2091.JPG
アイドル志望の不思議ちゃんこと、雪ちゃん【柏木ひなた】
ふいに現れ、ズバッと言い、去っていく。
マスコット的存在。
オシャレ番長は雪ちゃんでしょ!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1258.JPG
古参バイトの今中さん【最上もが】
サブカル全般に通ずる腐女子。
ヴィレヴァンが居場所。
店長より店長っぽい。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2094.JPG
放浪癖のある自由奔放な店長【滝藤賢一】
あれ?オシャレ番長はこの方かな…
宇宙人に連れ去られたことがあるらしい。
なにそれ。


撮影を行った店舗は主に三軒茶屋店、
バックヤード等は下北沢店、
外観は名古屋本店でした。

本来は営業中の撮影はできないとのことだったのですが、もはや営業時間関係なく使わせて頂きました…

ありがとうございます。
お世話になりました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1986.JPG
(文化祭みたいですね。)


撮影はかなり過酷でした。
ばっちり昼夜逆転スケジュール。
みなさま、声を揃えて、

「きつかった」

と仰ってました。笑

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1313.JPG
(床で寝だす本多さん)

でも、めっちゃ楽しかったです。

今回、ほぼみんな初対面で、
ひなたんとはアイドル時代にイベントで一緒だったりはしたんですが、直接ちゃんと話す機会はなくて、がっつりしゃべったのは今回がはじめて!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1329.HEIC

「あの頃はあんなにちっちゃかったのにー!おっきくなったねー!」がスタートでした。笑
撮影の合間、いきなり抱きついてきた時は嬉しくてにやけるのを必死で我慢してました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2100.JPG


滝藤さんとは『重版出来!』以来でした。

s1azsIym7L.JPG
懐かしの梨音といっちゃんカップル。
(別れましたが)

「お久しぶりですー!!」て言ったら、
「変わってねえなあ!」て言われました。
どういう意味だろう。

昔あげたぼくの真顔がプリントされてるグッズTシャツをいまだに着てくれてる紳士です。
アドリブに何度笑わされたことか。
こんな店長いたら最高だなって思いました。
(大変そうだけど)

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1322.JPG


天音くんははじめてでしたが、
表情の使い分けが凄くて、演技の幅が広い。。
見習わなきゃ…と思うところがたくさんで、
努力の人なんだなあと思いました。
話した印象としては好奇心旺盛なコーギーみたいでした。笑顔がかわいい。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1251.HEIC

『めちゃくちゃマズい!』みたいなPOPが貼ってあったグミを買って、わけてくれました。
グミが好きみたいです。
普通に美味しかったです。


葵くんもはじめてでしたが、
めちゃくちゃ美人でクール(にみえた)なので近寄りがたく、探り探り距離を詰めてったら
なんとまあ、価値観とか似てまして、
いまやお互いの家を行き来するような仲です。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1310.JPG

目の前でスプラトゥーンやったら、後日スプラトゥーン買ってくれたので一緒に遊びました。
誤解されやすいそうですが、
ツンツンしてるのは照れてるだけです。
めちゃくちゃ良い子です。
攻略したい方、葵くんは猫が好きなので、
猫で釣るといいです。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1445.HEIC
(釣り具)

本多さんもはじめてでしたが、
ムードメーカーというか、癒し系です。
居るだけで落ち着く、みたいな。
緊張をほぐしてくれる天才です。
何話してもなんでも返してくれる優しさの塊。
天音くんがやたら懐いてました。
夫婦漫才みたいなの見せつけられてましたので、まんざらでもないようです。

LqMbrghYAe.jpg

さて、中の人の話はこんな感じですが、

個性豊かな店員たちと、そこに突如巻き込まれる杉下くんの、はちゃめちゃな青春の日々。

ちなみに、んな話現実にあるかい!
て思わずにはいられないかもしれませんが、
割と、実際の話を元に作られてます。
(特に店長の話はガチです)

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1243.HEIC


日々の癒しになること間違いなし!!

これを機に、たくさんの人がまたヴィレヴァンに訪れるといいなと思っております。
これからも続いて欲しい、

そんな遊べる本屋さん。

みてね!



そして、前日の5月12日(日)朝7時〜
フジテレビ系列『ボクらの時代』に出演してます!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2053.JPG

きゃりーぱみゅぱみゅ
橋本環奈
最上もが

の3人です。

出会いのきっかけとか、
仕事のこととか、
3人の恋話?とか、
女子会トークをしました。

どこまで使われるのかわかりませんが、
2時間たっぷりくらい、ずっとしゃべってました。

きゃっちゃんとはだいぶ長い付き合いで、
かんちゃんに関しては仕事の共演はしたことなく仲良くなったので、なんだか不思議な関係。!

ぜひみてね。

最近はナレーションのお仕事だったり
バラエティだったり、お芝居だったり、

肩書きは?と言われるといつも悩むのですが、

「なんでも屋です!」

って答えるようになりました。笑

GWも終わり、

5月。

みなさまはいかがお過ごしですか?


本文はここまでで、
あとは独り言のようなことです。

8MrCXmyG50.jpg



カタチあるもの、いつまでも同じ
というものはないと思ってます。
変わって欲しくないものはたくさんありました。
けれど、人というのは成長しますし、
歳を重ねると良くも悪くもいろんな変化がでてきます。感情があり、それぞれの価値観があり、
正解か不正解か、正義か悪か、
一人一人違うと思ってます。
決めつけなくてもいいと思ってます。

好きだったものが嫌いになったり、
嫌いだったものが好きになったりもします。
世間には流行りがあり、廃れがあり、
ハマるものもあれば、飽きることもあります。
それは自然なことだとぼくは思います。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1777.JPG

その自然の中で、
どれだけの人の心の中に居られるか、
30歳になったいま、よく考えています。

いつか、終わりが来ます。
だからこそ
尊く感じるものがあるのだと思います。

Twitterで、「ねむいないし」と書いたのは
「ねむさんが戻ってきたら戻るの?」
って意味ではないです。

ぼくにとっては、あの6人のでんぱ組にしか、
戻りたいとは思いませんし、(いまを否定してるわけではないです)
ねむはねむで、決意して卒業してますから、
再結成しようよ!なんて軽はずみに言えるはずもありませんし、そうしたいわけではないんです。
紛らわしかったらすみません。

本当は、ずっと、一緒にいたかったです。
けれど、抜けてしばらくは体調もなかなか戻らず、過度な運動ができなかった。
またもし、迷惑をかけたらと考えると怖かった。
仕事は復帰したけれど、当時ついてくれたマネージャーさんと、好きでいてくれるファンのみんなのために、だった。
どうにかして自分を繋ぎ止めるのに必死でした。

だからこれは、仕方のないことだった。

新しいカタチになったでんぱ組をみて、
ホッとしたし、さみしくもなりました。
そうか、帰る場所はもうないけれど、
ぼくはぼくで、前に進まなきゃと。

なぜ急にでんぱ組について書いたのかというと
ふと、MVをみてたんです。実は辛くなるからあまり聴けてなかったんですけど。

あぁ、楽しかったなあって。
あぁ、やっぱり元気になる楽曲だなあって。
がむしゃらに、がんばってたなあって。

もう、振り付けもうろ覚えだけれど。

42f7XdeWfL.jpg


春ってなんか、こういう時期なのかな。
落ち込んでたのかもしれません。
奮い立たせたかったのかもしれません。

たまには良いかなあ。

新曲もなかなか、ウッハヤーですね。

また長々とお付き合い頂き
ありがとうございます。


ほいではまた、いつか。