どうも。最上です。
_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8772.JPG


後ろ向きな発言をしてたら「かまってちゃんかよ」と叩かれ、前向きな発言をしていたら「そんなのもがちゃんじゃない」と叩かれ、何言ってもみんな叩きたいだけなんだな!!!という日々です。

(マイルドに包んだけど、ほんとひどい言葉言いまくる人たくさんいるよね!)

"こうしたら好かれるだろう"と思ってやってないし、誰かのためのキャラじゃないのと、明るくできるときもそうじゃないときも、どっちもぼく自身なので、勝手な期待をされても困るなあと思ってます。

そして根本をすぐに変えれるわけじゃなく、場面によって使い分けてるだけであって、ダークサイドはちゃんといます笑 ここんとこずっと寝れないのはそのせいだろうし。

でも、最近は割と元気です。
嫌な気持ちになることを、前は考えすぎて凹みすぎて何もやる気が起きなくなっていたけれど、そこのコントロールが少しできるようになりました。
できる、といってもただ"考えないようにする"だけなんですけどね。
もちろん、いつでも上手くいくわけじゃないし、ふとした瞬間にとても虚しくなって泣けるけど。
それでも、モチベーションが落ちないように調整することはとても大事なんだなって。

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8652.JPG
(川に行くとテンションあがる)



春というのは出会いと別れの季節ですね。
レギュラーものが終わっていったり、
信用してたマネージャーさんがやめちゃったり、
辛くて苦しいこともたくさんありました。
自業自得なんですけどね。
なので、"ネガティブな自分"をどうにか封印しないと、周りから人が居なくなるんだなって、ここ1ヶ月くらいは無理やり押し込めて、前向きに考えられる特訓をしていたのです。

楽しくお仕事をすること
人の良い部分を探すこと
なるべく笑うこと
引きずらないこと
危なくなったらアニメみる

そんな日々でしたが、意識一つでみえるものも変わってきますね。


さて、近況としては


日高くんのMVが公開されたり。

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8277.JPG

SKY-HI / 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ


たぶんもう5年?くらいは付き合いがあるんですが、ほとんど会わないし、こういうお仕事ははじめてでした。日高くんのラジオにでたことはあったんですけれど。

MVの打合せをしていたら「これもがちゃんじゃない?」と盛り上がったらしく、日高くんからメールで「MVでてよ!」ときて、「スケジュールが合えば…」なんて話していたら合わせてくれたので、学生を誘惑する女教師の役で出演しました。

グラビアとかやってますが、色気はないって言われてたり、誘惑?てどうやるの??という状況でしたが、監督の東市さんから「もがちゃんならできるから大丈夫!」と言われ、とりあえず恥を捨てました。

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8183.JPG
出演する前にラフ音源と歌詞をもらってたんですが、刺さるところもたくさんあるのと、ダークなメロディが好きだったので、久しぶりにたくさんリピートしていました。世界観も面白い。こういう作品に関われるのはとても嬉しいです。


そしてYOUTH LOGO CLUBという、これからかなりくるであろうブランドさんとコラボしたり。

YLC
Tシャツ | Be The Buyer
ソーシャルライブコマース「ライブショップ(Live Shop!)」と連動!ここにしかないアイテムをライフスタイルクリエイターである、タレント・モデルなどインフルエンサーとファンで共作した限定商品を販売!Live Shop!とは…オシャレ女子必見のファッションやメイクのトレンド情報を教えてくれる生配信アプリ!◯こんな情報を知りたい女子にオススメです!『憧れの雑誌モデルたちにコーデのアドバイスをしてもらいたい』『恋愛経験が豊富なオシャレ女子たちが恋愛相談にのってほしい』『インフルエンサーからインスタ映えする自撮りテクニックを知りたい』『美容系ユーチューバーが使うデパコスやプチプラアイテムをマネしたい』『かんたんにできる手料理を生配信で学びたい』『かわいいネイルや自分にあったスキンケアを見つけて女子力をアップしたい』『ブランドディレクターやデザイナーから最新ファッションのトレンドを教えてもらいたい』『Live Shop!』アプリダウンロードはこちら➡︎https://liveshop.onelink.me/ZLg1?pid=btb&c=btb
www.bethebuyer.jp
昨日の夜から↑のURLとZOZOTOWNさんでも販売してます!(最上もがって検索してね)
第2弾はLive Shop!でみんなと話し合いながらきめたスカート。どんな風になるか楽しみです。
Live Shop!ははじめてでたのですが、とても楽しかったです!意見を聞きながらデザインを決めていくって良いですね。
後半のアンケートも洋服と全く関係ないものばかりで、みんなとただ雑談してる気分でした笑

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8771.JPG


そして もが単。vol.3 が決定しました!

4月22日(日)渋谷・Mt. RAINIER HALL

オフィシャル抽選先行は明日3/27(火)15時から
詳しくはオフィシャルサイトにて!

最上もが Official Website
最上もがのオフィシャルサイトです。
www.mogatanpe.com

3月はお休みしてたのですが、スケジュールみつつ、また毎月トークイベントはやっていきたいと思ってます。
今年は遠征したいなあ。お金貯まったら。。
どこかのタイミングで…


あと3/28発売のNumero TOKYOに載ってます。
ロングインタビューと、大人っぽく撮影してもらった写真がたくさん。

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8352.JPG


昨日の「もがみーてぃんぐ」で答えきれなかった相談があったので、少し。あと、送ったから読んで!って言ってくれた方のが届いてなかったので、もしよかったらコメントにでも書いてもらえるとありがたいです。ごめんね。



【僕は冗談が極端に苦手です。軽い冗談でもマジメにとらえて返しがキレるか、真剣に答えて相手を困らせるかのどちらかしかないです。もがちゃんも過去に冗談が苦手と言っていましたがどうやって改善をしたのか教えてください!!】

改善できたかといわれたら、できてないです笑
その代わり、"全員が冗談なんだ"と思うようになりました。何か誘われたとしても、どうせ社交辞令か口先だけだな!と思い、「うん」とは言うけど自分から話は進めないとか。
でも本気な人ならきっと、「いつ空いてる?」とか日程を出してくるので、そっから考えます。
まずワンクッション置くことかなって思いました。

あと、真面目な人っていうのはずっと冗談を言っている人なんかとは合わないです。これは改善っていうか、ぼくは仲良くならないし、仲良くしようとも思わないです。

↑ここの部分だけピックアップして憶測で話してる方いますが、ぼくはやる木メンバー大好きですよ。時間をかけて理解できたことがたくさんあります。最初から上手くいくわけじゃないという話です。

なんでも"思いやり"と"理解"だと思うので、どちらかが相手に少しでも歩み寄らない限りは、難しいのです。ただ、冗談ばっか言ってる人でも真面目な話をするときがあります。
これが厄介なんです笑
_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8740.JPG

普段からふざけてる人の真面目な話なんて信用しにくいです。でもそれは不器用なだけだったりするので、たくさん関わってみて、判断したらいいと思うのです。
すぐに仲良くなろうとか、相手を困らせないように、とか思わないで、ゆっくり苦しみながらも理解していこうという気持ちが大事だと思います。
失敗は誰だってしますし、失敗するから学ぶのです。

お互いがんばりましょう!


【私は私立の高校に通っています。当たり前のことなのですが私立は校則が厳しいです。私はなんでこんなに縛られて生きて行かなきゃいけないのかと思ってます。自由じゃない、校則が大切 。こんな学校が大嫌いです。どうしたら学校を好きになれますか?】

ぼくも校則に関しては"誰にも迷惑かけてないのになんでだめなの?"と思っていました。
これはだめ!あれはだめ!じゃなくて、こういう理由があるから印象が良くないんだ、と話してくれたらわかるのに。なんて思ってました。
それを教えてくれる先生なんてほとんどいないです。
"校則だから"と言われるのです。
それこそだめな教育方法だと思ってしまいますが…

まず、選んだのは自分自身です。
厳しい学校も、ゆるい学校もあります。
高校なら、それは入学する前からわかっていたことだと思います。学校には学校のカラーがあり、ルールがあり、それを守らないと誰かが叱られます。生徒だけじゃなく、学校の"世間からの印象"を下げると教師も叩かれます。(主に親から)

そのルールがあるからこそ、カッコいい、この学校はちゃんとした子たちがいるのね!と言われたりするんです。
学校のプライド みたいなものですかね。

ただ、髪を染めたい!スカートを短くしたい!ピアスをしたい!だけなら、それが可能な学校に行けばいいだけなんです。いまから通信に通うこともできます。でも、それがしたいから高校に入るの?
卒業したらいくらでも自由にできるよ?

なんというのかな、
厳しい学校というのは、ある意味では守られています。
ゆるい学校は、ある意味では無法地帯です。
どちらもメリット、デメリットあります。
でも学校はそれだけじゃないです。友だちだったり部活だったり学業だったり恋愛だったり、他に楽しめることたくさんあるはずです。見た目が娯楽の全てではありません。

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8681.JPG

金髪ショートでピアス
にすることのデメリットは

遊び人にみられる
不真面目にみられる

この2つがものすごく嫌でしたが、
"見た目のイメージ"というのはあるんです。
学生だけじゃないです、黒髪の方が清潔ってみられがちですし、金髪なんて世間受けはあんまよくないです。特に年配の方々は髪染めてるだけで「あの子は不良だわ」なんてみる方もいます。

日本人っていうのは基本的に黒髪なんです。
だから染める=ヤンキー なんて考えの人はそこら中にいます。それこそ昔はどの学校ももっと厳しかったはずです。
真面目な生徒がそんな風に見られたくない、という気持ちで、禁止にしてるのかもしれません。
うちの学校は真面目なんです!て主張したいだけかもしれません。

でも、他人に迷惑かけていなくても、印象が変わると、イメージダウンする恐れがあります。
それは学校という小さな世界だけの話でなく、"世間の目"があるからです。

登下校に先生が見張っているのは、物騒な事件が多いからでもあると思います。
通り魔だったり、誘拐だったり、事件はたくさんあります。
校則チェックされんのやだわ…ってみるんじゃなく、あの先生は私たちを守ってくれてるんだ!って見てあげると、優しい気持ちになれると思います。
だって、見張りとか面倒だと思うよ笑
先生だって一人の人間だもん、休みたいでしょ笑
まあ、叱るのが好きな嫌な先生も存在しますけどね…

ictjArlaPX.jpg
(なつさんとの極上空間は3/31放送でした!)


あと、ぼくは高校の時、きちっと制服きて髪も染めず真面目にしている他校の生徒がかっこよくみえていました。無い物ねだりというやつですね。とはいえぼくは親から禁止されてたので、髪は染めてなかったです。

不真面目にすることの方が簡単です。
真面目にする方が難しいです。
なら、真面目に楽しんでる人の方がカッコいいってぼくは思う。

他のことで学校を楽しむ方法、みつけられたらいいね。


長くなってしまいました。


あ、ピアスのケアについてですが、ファーストピアスは半年くらいつけっぱでした。ホールが安定するのは個人差がありますが、最低でも3ヶ月はつけてた方がいいです。

可愛いピアスをつけたい気持ちはわかりますが、安定するまでは我慢しましょう。消毒でアルコールはだめです。膿みます。ファーストピアス売ってるところにいくと、ジェル消毒というのがあります。それがおすすめです。

あとリングピアスはケアもしやすいので、そっちに変えるのは良いと思いますが、おすすめはシリコン製のものです。通気性をよくすること、そして寝るときに圧迫しないようにすることです。そしてよく問題になるのが金属アレルギーです。検査はきちっとしときましょう!

_var_mobile_Media_DCIM_148APPLE_IMG_8659.JPG

ほいではまた。