月別アーカイブ / 2016年03月

バイクのお祭り、モーターサイクルショー2016行って参りました!

image

お馴染み、白いTシャツと黒いバイク。白黒ファミリーでステッカーラリーを行いつつの撮影&祭を目一杯楽しんできたよ!

image


東京モーターサイクルショー_7756

白黒ファミリーその1
小鹿野町ブースの犬木翼選手。

ステッカーラリーでは、赤い【Racing】ステッカー担当でいらっしゃいました!

会場を回る際は、展示されているバイクの特性、パーツの意味等、望月のわからないことをたくさん解説してくださって...本当にありがたかった!

また、この記事に使用させていただいている写真は犬木選手撮影のもの多数。
感謝感謝感謝でございます。

お忙しいのにありがとうございました!


image

そして、白黒ファミリーその2
白黒ブランドのデザイナーであり、ブランド代表の渡部さん。

担当ステッカーは【Goodbye】バージョン。ブラックがかっこいいデザインでした。

改めて写真を見ると、この企画のステッカーと同じデザインのジャケットを着ていらっしゃった!!

いつも素敵なお写真を撮ってくださる渡部代表ですが、今回もさまざまなバイクで面白い写真を撮影しまくっていらっしゃったので、公開されるのが楽しみでございます。

そして、面白い企画に参加させていただき、ありがとうございました!


image

ステッカーラリー中は、多くの方に声をかけていただき、じゃんけんバトル。楽しかった!
でも、望月勝ちまくってなかなかステッカーを上げられない事件が発生。
お陰さまで、私の持っていた【Hello】バージョンのステッカーがゲットできなかった人がたくさんいるとかいないとか…


そして、間もなくショー閉幕!というその時現れた眩しい笑顔のあのお方!
12312

白黒ファミリーその3
芸人さんであり、ダンサーさんであり、モデルさんでもある、ヨーコさん!

とにかくいつも元気をわけてくださる素敵なお姉さん。
望月、一方的に大好き。ぐふふ。ご多忙なので、まさか会えるとは…!

カワサキブースで楽しくバイクに跨る姿に癒やされました。



image


今年も無事に祭りを皆さんと一緒に楽しむことが出来て、望月は大満足です。
たくさんの方にお会いできたし、たくさんの方が白いTシャツを着てきてくださって、感動の一日でした。
皆さん、いっぱいいっぱいありがとう。

毎年、モーターサイクルショーが終わると、やっと本格的にバイクシーズンスタートな気がしています。
ライダーの皆様、これからは道の上でお会いできるのを楽しみにしております!

せっかくLINEブログにお引っ越ししたので、
乗ってるバイクについて思うことやエピソードとかをつらつら書いてみようかと思いまして。

まず、私が二輪の免許を取って最初のバイクであり、今でも良き相棒の「CBR250R」をご紹介します。

image


2011年12月、自分へのクリスマスプレゼントとして購入したCBRこと「シビ子」。

現在総走行距離は約35,000km。
この数年間、誰より何より一緒にいる時間の長い相棒です。

image


そもそも、なぜシビ子を選んだのか。


それは、一目惚れしたから。


原付ライダー時代、ずっと欲しかったのは同じHONDAの250でも、HONET DX最終型のブルー。

ここまでモデルが絞られていたにも関わらず、CBRの広告を見て、ころっと心変わりしてしまったのです。

と言うのも、
自分に中古のバイクを選ぶ目が備わっていないことへの不安や、
生産終了したあと、ホーネットの値段が上がっていっていたことが、心変わりを後押ししていました。


にも関わらず、
CBRの実車を見たこともなければ跨がったこともないのに、二輪の卒検の直後に新車を注文するという暴挙をやらかす望月。


そんな望月、初めてシビ子に跨がった瞬間の叫びは
「え、意外と足つかない!!!!(焦」

でした。

CBRのシート高は780mm。
教習車のCB750が795mmかそれより低い(教習車仕様はちょっと下げてあるみたい)だから

シートが華奢で車体も軽い(161kg)のに、やたら足が届かない!と、かなりビックリしたのです。

ちなみに、当方160cm、足の長さ...中の...下...くらい...

でも、今となってはこれが普通。
むしろ足付きがいいぐらいに感じます。
だって両足つま先が届くんだもの、充分充分。

image


そんなシビ子。
何度も何度も転んだりなんだりしたんだけれど、大きな故障は一度だけ。
氷で滑って左のハンドルを交換したのみ。

内外にカウルの割れはあるけれど、ウィンカーほぼ無傷。

なんて丈夫なんだ...



そして驚愕の燃費のよさ。

東京~名古屋間、下道で給油ゼロ。

東京~名古屋間、下道で給油ゼロ。



大事なことだと思うので二回言いました。

私はあの日、「こいつはカウル付けたカブだ!!!」と思ったものです。

スポーツっぽい見た目をしてますが、荷物もたくさん載るし、燃費もいいし、セパハンのクセにポジションもつらくなかったりします。

image


※荷物たくさん載るの図。よいこはまねしちゃいけません。



2011年に発売されたこの新型CBR250R、
80年代~90年代に人気を博したCBRたちとはだいぶ「違う」バイクです。

4気筒から単気筒の新型エンジンに、
生産は日本からタイへ、

知識が浅いので、詳しいことはわからないけど、とにかく見た目もスペックも、何から何まで新しくなったCBR。

「こんなのCBRじゃないし」
「燃費がいいとか、軽自動車選ぶんじゃないんだから」
「このバイク面白い?笑」
「HONET買ったらよかったのに~」
「所詮街乗りバイク」

他にも
馬力が~、とか
スピードが~、とか

乗っていると、批判めいたお言葉を頂くことも多々ありました。
残念なことに、今でもあります。



さあ今こそハッキリ言おう。



「「だからなんやねん!!!!」」



私にとってシビ子は羽なの翼なの。
HONDAのウイング、そのままなの。

遠くに走りにいったときの感動はこの子としか共有してない、できないの。
この子じゃないとダメだったの。


きっと他のシビ子乗りも、シビ子をとても大事に思っているはずなのです。


そういう気持ちを踏みにじって、
人のバイクのスペックがどーたらこーたら言うの、ダメ絶対。

望月はそういうの、好きじゃありません。



image


ぷはースッキリ。

ごめんなさい、つい。
でも、ずっと言いたかった。



んでね。

CBRには、社外のグリップをつけているんですが、そのグリップはシルバーのリングがついているのね。

望月はそれ、結婚指輪のつもり。

画面の向こうのあなた、ドン引きしていますね。見えてますよ。

それでもいいんだ。
とにもかくにも、
私はCBRを相棒に選んでよかったと心から思っているんです。

思いの丈をぶつけたらうまくまとまらなかったので、シビ子の愛すべきポイントをまとめます。

【CBR250すきなとこまとめ】
・カブ並み燃費
・車重が軽い。私も軽くなりたい
・荷物がたくさん載る
・転んでも傷つく程度、丈夫
・とにかく故障がない、丈夫
・下道最強、小回り抜群
・高速乗ると手足が痺れるけど、それすら楽しい
・単気筒、エンジンブレーキがっつり効くよ
・意外とスピードだって出るわよ
・レース車両にだって使われてるわよ
・赤、かわいいでしょ
・なにより私の嫁だから愛してる

image


これからも、のんびり旅にシビ子。
街を駆け抜けるのにシビ子。
ドコドコ単気筒のかわゆいシビ子。




おまけ


【シビ子と行ったとこアレコレ】
・東京23区ほとんど
・レインボーブリッジ(お気に入り)
・東京ゲートブリッジ(もっとお気に入り)
・埼玉あちこち(イオンモール巡りよくした)
・秩父(バイク弁当を食べに)
・奥多摩(夕方に行ってすぐ真っ暗になって焦る)
・気仙沼(初めてのロングツーリング)
・和歌山県潮岬(下道で海をみながら)
・御前崎(手を振ってくれたライダーに涙)
・大阪(雨でぼろぼろ、たこ焼きも食べず)
・名古屋(下道で給油なしの奇跡)
・北海道(千歳~道東・弟子屈、EZOライダー)
・ツインリンクもてぎ(カート乗りに)
・宇都宮(餃子食べれず)
・新潟 直江津(下道で、四十物祭&ハルピンさん)
・みんなといろんな道(ありがとう。)

and more.

昨日、ちょろりとTwitterで情報解禁させていただきましたが、4月24日から舞台出演することが決まりました。

昨秋の「グッバイ、マザー」以来の舞台作品、前回とはうって変わって、静かに考えさせられる作品です。

そして数年ぶりに、コメディ要素ゼロの役に挑戦。なんてこった。
むしろ、コメディ要素ない役だったことほとんどないんじゃないのか。

...なんだろう複雑。


とにもかくにも、真面目に役者やってる私を観ていただくチャンスということで、
望月、やったりますぜ。


↓↓↓

-----------


img Pre1「明日の卒業生たち」
脚本・演出:八重島ツカサ

【日程】4月24日~5月1日
【会場】SPACE雑遊
東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・TビルB1F
http://www.zatsuyu.com


【出演】
中島愛蘭
本村槙一郎
藤田将利
望月ミキ
石橋ひろき
新井裕士
田口夏帆
綾瀬羽乃
脇坂春菜
沖田亜依
岡田帆乃佳
近藤久弥
木村桜
谷口航季
菅野友絵
(一部ダブルキャスト)

★望月はシングルキャストのため、全公演出演致します。


【タイムテーブル】
4月24日(日)19:00A □
4月25日(月)19:00B□
4月26日(火)19:00A■☆
4月27日(水)19:00B■☆
4月28日(木)14:00A■ ☆19:00A■☆
4月29日(金)13:00B☆ 18:00B☆
4月30日(土)13:00A☆ 18:00B☆
5月1日(日)12:00A 16:30B
□・・・初日割引
■・・・平日割引
☆・・・アフタートーク(各日出演者は後日発表)

【チケット料金】
日時指定・全席自由席
前売り:2800円 当日券:3000円
初日割:2500円 平日割:2500円



★チケット予約
https://www.quartet-online.net/ticket/imgpre1?m=0begjdh
※望月ミキ扱い専用チケットフォーム

image


↑このページのトップへ