images.jpg

そろそろ誰かが浜田の凄さについて、語るべきだと思う。
いや、もちろん既に、何度も語られてることではあろう。

そういう点では、べきというのは僕の驕りだ。

語りたいのである。僕の口から浜田の凄さを。


僕は彼を尊敬している。本来なら浜田さん、せめて浜ちゃん、と呼ぶべきかもしれない。

が、敢えて一人のファンとしての距離感を保つために「浜田」と呼ぶ。たまに「あいつ」と呼ぶこととする。

そして、この記事が無礼ゆえに、形はどうあれあいつの耳に入り、なんやかんなで話のネタになればな、という思惑も、もちろんある。






さて、あのゴリラであるが、あいつの凄さが如実に発揮されるのはガキの使いだ。

年末のではなく、日曜深夜にやってる方の企画である。

たいていの企画では、役割はもう固定している。
松ちゃんが中心に盛り上げ、ココリコがサポート、つきてい師匠が天然トークを差し込む。



我等が浜田は?
(ちなみに、同じくガキの使いの「破天荒、田中」という企画で、我が田中というフレーズが登場するが、これもまた名物企画なので見ておくように。)

浜田は司会進行である。
基本的には傍観者なのだ。

体温低め、常に苦笑いをしながら他のメンバーの悪ふざけやトークを見守っている。


しかし、要所要所で企画を最も理解しているのもまた彼なのだ。これが伝わりにくい。

なぜなら、他の四人は当然のように、この企画だからこその無理やわざとらしさが出る。(ちなみに、わざとらしさを'わざと' 出して笑いにしているのは言うまでもない。)

浜田はちがう。彼はあまりにもスムーズに、企画に自分を乗せている。

全開のテイク3という企画も良かった。彼の憮然ながらも企画故のテンションの高さが見て取れる。


しかし、その凄さが最もよく分かるのは、
「遠遠は浜田にタメ口をきけるか?」という企画だ。

これは、あまりにも浜田が自然で、そして我々がもつ浜田へのイメージが全面に出されたために「これ、ガチじゃないの?」と今もなお議論がされている伝説の回である。

ぜひ見てもらいたい。YouTubeとかにあるから。






そんな浜田が、僕は心から大好きなのだ。
ぶははははははは。