1486446930385.jpg

僕がハマっていたゲームのひとつにニンテンドー64「スターフォックス」がある。

アーヴィンという戦闘機に乗り、様々な惑星の敵を倒していくゲームだ。


いわゆる今までのシューティングゲームは、ゲーセンでよくあるような「戦闘機を上から眺めた図」が一般的であった。

しかし、スターフォックスは、戦闘機を後ろから見た図。これによって臨場感が桁違いになる。

ついでに付け加えると「振動パック」という代物もこの頃に登場した。読んで字のごとく、敵から攻撃を受けるとプルプルと震えるのである。



だが、何よりこのゲームが僕の中で革新的だったのは「仲間システム」である。

なんと、同じ戦闘画面にCPが動かす仲間がいるのだ。そしてやつらが時々、敵に終わられるのである。

「背後を取られた・・!」
と言い出して、目の前をチョロチョロと動き回るのである。


一定時間内に背後の敵を倒さないと、仲間は戦闘から離脱する。離脱されるとボス戦で協力してくれなかったりといろいろ不都合だ。


が、それ以上に、彼らを助けたか否かによって「ルート分岐」が行われるのである。これが凄い。とてつもなく素晴らしい。

しかも最初のルート分岐が行われるのは「一面」なのである。


ファルコンというスカした一匹狼が、開始早々、敵に追いかけられる。ここでファルコンが死ぬとアウトだ。

そしてファルコンを助けた後、ステージ中盤で、水面ぎりぎりに岩でできた空洞がポツポツと出現する。それを全て通り抜けることで、裏ルートに進むのである。


そのきっかけが、ファルコンの

「フォックス俺について来い」
なのだ。


さっきまで敵に追われていたファルコンが、全くもって反省の色もなく勝手な行動をとるのである。


「待てファルコン、どこへ行く?」
フォックスはリーダーとして慌てて、なだめようとする。

「獲物を見つけた。足手まといになるなよ。」
これでルート分岐完了である。



僕は痺れた。ファルコンに痺れたのだ。それからというもの、友達と自転車を漕ぎながら僕はファルコンの真似をするようになった。



「フォックス俺について来い」
と言いながら、最前線に出て行く。



そしていつもとは全く違う道へ進むのだ。友人たちは皆、このネタを知っている奴ら。


「待てファルコン、どこへ行く?」
とニヤニヤ笑いながら僕についてくる。


「獲物を見つけた。足手まといになるなよ。」

声高にのたまい、僕はどことも知らぬ細道へと入って行くのだった。





たいていその先は、行き止まりである。