こんばんは

ブラジルから帰ってきて一週間。
まだ時差ボケでお昼に眠くなっちゃうアリーです

ブラジルはちょうど日本の裏側。
時差はちょうど12時間!!!

自然しかないプレアっていうビーチに行ってきました
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4350.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4314.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4392.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4437.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5107.JPG
都会育ちの私には、何もかもが未体験の世界。

空があって、木があって、動物がいて、人間がいて。
とっても自然を思い遣っていて、皆んなで一緒に住んでるような場所

どこいくにも裸足が気持ちが良くて、帰りは靴を履くのに抵抗があったくらい、心まで自然に染まる事が出来たんだ


色々感じる事があって、少しずつ更新していけたらと思うよ


毎朝の日課としてビーチに寝そべって空を眺めてたの
砂がとってもサラサラで、あまりにも気持ちが良くて、そんな時ふと思ったの

プレアの砂って何で出来てるんだろう?
よく見てみると貝とか石が細か〜くなったものだった

私は貝を探す時、ちょっと割れちゃったり欠けてる貝を見て、少し寂しい気持ちがしてたんだ
(こんなに綺麗なのに割れちゃったんだ...って)

でもその貝の破片は、割れて細かくなったお陰でこうやって美しい砂になる事が出来るんだなって思ったんだ

そうやって貝は砂に形を変えて、生き続ける

そう思ったら、地球とか宇宙ってバランスを保ちながら生きていて、なんて完璧なんだろうって感じたの


正直、たまにパパやマロンを思い出して
後悔する事や、もう会えないんだ...って思ったら涙が出てくる事があるの。

でも、その砂のお陰で
皆んな姿を変えながら、永遠に生きていく事に気づいたんだ。

目には見えないけれど、ちゃんと生きてる

死んじゃうっていうのは、きっと人間が作った出来事なんだろうって思った

そう気付かせてくれてから、涙も出なくなったの。
ブラジルの大自然に感謝だね。

生まれてこれた事、パパやマロンや今の周りの人、それからブログやインスタを見てくれる皆んなと繋がれてる今が、とっても有難いなって思う

大切な何かを失ったと思う気持ちは大きいけれど、皆んな形を変えて生き続けてる

皆んな1人じゃないよ。