突然ですが、自分が嫌な事をされたり、あまり良く思っていない人の話をする時どんな風に話しますか?

だいたいが、自分サイドからのお話だと思います。

こんなひどい言い方をされた。
確かに自分もこうだったけど、これは酷すぎる。
こんな風に騙された。
こんな嫌がらせをされた。



恋人や友人の愚痴もほとんどがそうだと思う。


自分サイドから話すのは、私も良く分かります。
だって皆んな自分が体験したり見たりして、自分の意見を言ってるんだからね


でも、もし自分がその不満に思ってる相手の人間だと仮定したら、その人は貴方の事や、その時してしまった行動を人になんて話すでしょうか?


きっとね同じ様に人に話してるはずです。

だって皆んな自分が物語の主人公だから👸🏻


自分が悪く思ってる相手の物語では、貴方がきっと悪役なんです。

貴方がされたと思っている酷い言動は、きっと悪役から身を守る自己防衛か、今までたまったうっぷんとか、何か理由があってしたはずです。

そう思うと、自分の言動や態度も反省する点は沢山あるはず。
そして、悪者に仕立て上げてた相手の事も少しは理解出来るんじゃないかな?


アンジェリーナジョリーが演じた、ディズニーの眠れる森の美女の悪役「マレフィセント」も、彼女サイドから見るとそんなに嫌な人じゃなかったでしょう?

ちょっとその事を考えて、愚痴や不満を減らして人生を豊かにしてみて下さい