脳が疲れたからサウナに行ったらモノマネの番組が流れていた。山口百恵〜aikoのモノマネをやっている人が、山口百恵の時は苦しく、狂おしそうなのにaikoさんになった瞬間抑圧を爆発させながらかなり気持ちよさそうに高音を出していた。そりゃそうだ。山口百恵って生贄の代表選手というか。世の縮図が1箇所で上手いこと煮詰まりすぎているオーパーツみたいなところがあるので、そこからのaikoは開放感がすごくて何かの儀式に見えるくらいの領域に差し掛かっていた。それで自分はよかったねと思っていたのですが、aikoさんのモノマネになった途端5人くらいいたサウナの客が続々とサウナから出て自分ひとりになってしまった。それも至極当然のことであり、なぜならaikoのモノマネはひどくつまらない。というかaikoさん本人のセルフパロディーを回収する能力が高すぎるあまりに本人以外だとテレビで放送するレベルで飛び抜けて上手いモノマネでもなぜかとても上手いカラオケにしか見えず芸として成立させられない。急にサウナから人がいなくなるの初めて見たけど、知らない人のカラオケをサウナで聞くのは全員イヤだと思うから納得した。

例えばX JAPANのToshIさんはセルフパロディを自分の手元に手繰り寄せたり、また引き離したりする能力が異常に高いけど、どのレンジに引き寄せられつつある集合意識体としてのToshIが転がっていてもそこには余白があり手垢が付いていない誰のものでもないToshIの聖域が、しかも聖域としては随分健気で多くを語りすぎない木陰のようなものがいつもある。しかしaikoさんは絶対他者を入り込ませないディズニーのような版権意識の高さを感じるのでモノマネはたのしいかも知れないけどたのしいだけだよと思っていたら案の定落選してしまった。やりたいことは分かるけどだったら山口百恵の中でギャップを作った方が伝わるかもしれないと思ったが、そこはすでに誰もいない荒野のサウナだったからわたしの汗がひたひた落ちるだけだった。