『何かを成し遂げなければ』




などという強烈な焦燥感に振り回され、計画もなく、バタバタと動き回り、妄信し、我を忘れている間にコロリと人生が終わってくたばったら身もふたもないけど、そうなってもおかしくなさが氾濫している。



自分はその辺りの自我の叫びみたいなものはある程度受け流してリラックスしていたいというか、本当に感じとるべき自分にとってリアルで直感的な感覚が消え去るような事態を避けたい。焦って脳のモードが変わった途端にどれほど多くのものが見えなくなるか。脳の仕組みからして社会的なつつがなさに多少ハンデのある立場上、シビアに脳の状態を監視しているのでそれは、やや自覚があると思う。


しばしば自分にとってある程度信頼できる感覚を持っている人たちまで「他人と比べてどれくらい安心できるかゲーム」が引き起こす飢餓感に巻き込まれているシーンを目撃することがあり、やるせない。人生、散漫なレイヤーが無数に重なって全体的な見通しが一つもなくうやむやに事が進行している状態に翻弄されがち。道端で拾った若干水晶っぽいただの石に特別な思い入れを持って一生特別なそれを覗き込み続けてオワリ そういう風でいい。自分は


寂しさとか不安とか心細さとかが増大し続けていくのは知識や経験が増えて基準になるものや比較可能な対象が無限に増え続けるからで、処理に費やす時間が圧倒的に足りない。1:100000くらいで足りない。周りについていけなくなってマイペースな人みたいになって一向に構わないので入ってきてしまったもの一つ一つに意味づけする作業が必要だ。自分にとってそれはどうしても必要だ。放置すると気づかないサイレントな混乱を引き起こす。


「正しいもの」は幻想だし、ないのに正しいかどうかの判断、吟味に過剰なコストが費やされている状況を目視することが多く、徒労にまみれている。自分もamazonレビューとか見てると☆3.4くらいの品物には何か欠けているものがあるのではないかと思い悩み、完璧なものがどこかに存在しているという幻想を安易に抱きがち。


焦りは脳が作ったバーチャルへの働きかけでしかなく、脳内のパニックに脳の外部装置として拡張された身体がバーチャルの所在をはみ出してオートマティックにダンスしているだけ。自分はダンスと思想が一致せず常にズレが生じるタイプなので「マイルド(物事を点や面で見た瞬発的な印象に囚われず余白や余韻を含めて空間的に味わう態度)」かつ「ソリッド(社会的要因や合理的事情によって付け加えられる肥大化した雑念の多い意識に目もくれない姿勢)」を貫き通したい。18歳くらいのころは過激思想で「マイルドなものはみな殺す」と思っていたが「ポジティブな曖昧さを持って拡散した意識でファジーに捉えながら大雑把でも構わないという心持ちの大局観」くらい大げさに揺らぎを許容する態度でものごとをとらえないとどれほど多くのものを見逃すか、認識のマシーンになり生活様式の牢獄へ堅固に収納されるかということを20〜23歳にかけて痛感した。ゴリラ & デュエル with やき芋 without ふかし芋 Forever 21。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2858.JPG