twitterのサブアカウント(非公式)のDM(ダイレクトメール機能)で悩んでいる人の話を聞いていたらだんだん増えてきて多くの人から
ボリューミィかつ大量のDMが届いた。

おざなりにはしていないんだけど自分が納得いくことしか言いたくないので
文章を読んでから返すのに数日かかったりして、
まだ3パーセントくらいしか返せてない。
全部返すのもしかしたら数ヶ月かかるかもしれないけど
とりあえず合間の時間に読んだり返したりをしている。

(どうしてもすぐ返したほうがいい逼迫したメッセージはバファリンとしてすぐに返している)

昨日から今日にかけては

「やる気が出ません助けてください」

という悩みメッセージについて考えていた。

個人的なことしか言えないのだが、私の場合やる気なんてあった試しがなく常に必要に差し迫られて行動している。
ずっと出ないならもう出る出ないではなく「そんなものは最初からない」でいいと思う。
あなたは正しい。
ないならないあなたが正しい。いいじゃないか、ローコストで。野比のび太の生き方は理にかなっている。

当該の便りは何に対する「やる気」が出ないか記載されていなかったが、

もしそれが受験勉強であれば、偏差値の高い高校の図書館か
もしくは予備校に勝手に忍び込み周囲の意識や脳波をトレースしたり環境特性に身体を晒すのが良いと思う。
忍び込むって主体性に溢れた行動だから脳が前向きな感じになってくると思うので、
前向きになってきた隙に思う存分エリート連中のエーテルを細胞に滲み込ませる。
内部から分泌させる工夫を考えるよりもそちらの方が早いのではないだろうか。
(この手法は受験以外の様々な局面に応用可能である)

やる気なんて最初からない。出せという方がおかしい。それくらいの構えで全く問題ない。

そもそも理不尽が多い。

高校生の時、体育の時間だからと急に「50メートルを走れ」とか言われる。
なんでだよ。別に今そういう感じではない。

しょうがないから一応指示に沿って身体を移動させると「やる気がない」とか言われる。 

当たり前だ。なぜ咎める。

そもそも「50メートル」という区切りがよくわからない。
そんなきっかり走るブームなんか一生来ないと思う。

人間が走る動機としては、何か大きな感動に身体を突き動かされたり、敵や恐ろしいものから逃げたりといったものがあるが、
そんな時にきっかり50メートルを走る人がいたら脳が故障している。アンポンタンだ。
そんな指示にやる気が出ないこちらの感性の方が絶対正しい。
私はこのアンポンタンめ、と思い、ポケットに手を突っ込み先生をガン見しながら50メートルを邁進した。

そもそも「やる気が観測できない」状態に反応して怒るのはコミュニケーションとして変だ。
成立していない。

命令に機敏に反応できるかどうかよりも、
『その命令に従う価値があるのかどうか、その場で考えられる力』の方が、
生きる為に必要で大切で尊いに決まっているのに、こちらの「判断気配」を過敏に感じ取りブチギレる

そういった理不尽は社会を構築する上で満ち溢れてしまうものだが、

もしその回路が自分の内側に必要ないと状況判断した時は、変なブチキレは受け流していい。
受けながすとたぶん怒られるが、それも受け流していい。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2724.JPG

なんなら、「キャンセル」という字幕を各々持ち歩いたらよろしいと思う。


要するに、「やる気」という言葉は頻繁に理不尽な回路形成に用いられる便宜的ワードであり、
実態は怪しい。

具体的に例えると、「保険証」ではなく「マイナンバーカード」といった感じであって
制度を用いたい方のみ使えばいいのではないだろうか。

私はそんなもの信用しない。


信じられるのは目の前の、今の自分が、どれくらい事を成しているか。それだけ。