タクシーで駅まで向かったら、財布に331円しかなくて、Suicaの残高と合わせてもタクシー代が足りなかった。タクシーの運転手が信じられんことに「金いいよ」って言った。金、いいよ。なぜだ。よくない。タクシーなんだから金を貰わないとだめでしょう。タクシーじゃなかったら今私が乗ってきたやつはなんだったんだ。とりあえず有り金(とSuicaの中身)を全部渡した。足りない250円はまけてもらい、次会うことがあったら必ず返します名前を覚えましたと言ったがもう忘れた。確か田中とか佐竹みたいな名前だったけど仮に田中だったとしても顔も忘れたので見分けはつかないでしょう。でもよく考えたらタクシーに乗ったものの金を持っていないというケースはままあることかも知れないし、2~3メーターくらいだったら金を請求するよりもさっさと損切りをし次の仕事をする方がよっぽど効率がいいから合理的経営判断だったのかもいやーでもそんなのどうでもいいわ。悪態一つ付かずに「金いいよ」って言ってもらったの幸せだわ。金、いいよって言われた一呼吸の弛緩最高だわ。クールだわ。エレガントだわ。オシャレだわ。「金いいよ」ってもっと言われたい
いらっしゃいませ 金、いいよ
お客様3名様ですか?金、いいよ
あたためますか?金、いいよ
カバーおつけしますか?金、いいよ
郵送返却はご利用になりますか?金、いいよ

駅に着いたら電車賃がないことに気がついた。終電まで10分。タクシーの運転手が異様に親切だったので感覚がおかしくなり、150円だったらその辺歩いてる人に言えばくれるんじゃないかと思い、声をかけようとしたが、駅の構内にいる人間が全員言えばすぐ金をくれそうに見えてきて、実際くれる感じが漂ってきて、世の中がよくわからなくなったので走って近くのファミリーマートで金を下ろした。