「貰えるのがフツー」


って勘違いしやすいシステムが巧みに構築された仮の箱庭、その渦中で我々は当たり前のように貰えるのを待ってしまうことがあって

電車、スマホ、電子レンジ、テレビ、カップ麺、アイドル。待つ、出てくる。虚ろな目で順番を待つ。列の最後尾で虚ろな目で、そわそわして、スマホを弄りながら待っている 貰えるから待っている大人しく待っている正しく待っている善良に待っている全うに待っている模範的に待っている



色んな問題が同時に発生しているけど、



「待つ、出てくる」



の錯覚が私は何より怖い。他人事じゃないから怖い。暴力で他人を支配することはできないと思っている人でも電車の1、2分の遅延をツイートしたり、ガチャでゴミしか出なくてスマホを投げつけたことはあるだろうしそういうのが怖い。


人前に立つときの期待感のプレッシャーは意識の輪郭を際立たせてくれて気持ちがいい、とても好きだけど、なにか出てくるのをぼんやりと待っている人間が放つプレッシャーはとてもとても耐えられないくらい全身の毛穴から悪意を流し込まれるようなおぞましさを感じるし遮断できない。私も相手が人間じゃないからといってこんなにおぞましい意識を放ってしまうことがあるのだろうか。なにを人間じゃないって判断しているのか曖昧でも。私はぼんやりと待つのが怖い。だからいつもクロッキー帳とペンを持ち歩いて待つ自分を阻止しようと、待てばなんとなく与えてくれようとするものに抵抗しようとしている。エレベーターのドアが閉まる時間、コンビニの電子レンジで温めを見ている時間、ドリンクバーのジュースが注がれる時間、人間は、なんとも言えない、なんとも言えない顔をしている。なんとも言えない顔をしている。なんだこれは。沼だ。カイジに出てくるパチンコの名前もそんなだった。簡単で楽で気持ちいいものがばっかだと脳が全部沼になって怖い。

空間全体の雰囲気からして根本的に 透明な感じ、人間がわりと 透明な感じ 

(ほんとうはわからない)

人間の心は信号機みたいに点滅を繰り返して、多分ずっと光が点きっぱなしっていうのは無理なので簡単なコントロールで
変換可能な波長と波長の隙間を点描で埋めるようにして、一連の連なりを生活、とするのであれば

新宿は結構よく血が落ちている
そういった、それらの瞬間を見逃す為に切り落とした世界の断片が寄り集まって生まれた認知の歪みがわたしとおまえを切り離しているので血を見た真顔で

競馬場で馬がばっと白い息を吐いてそれが人間とそう変わらないからそういうのがいやだなーって 生ゴミを入れる袋に人間を入れてもそんなに回収してくれないってことはなさそうじゃないですか テレビの音量が48でも7でも意味内容に変化がない 埼玉8度Cパズドラ新大久保 ああ〜〜だんだんそういうのがきもちよくなればなるほど 街がレゴみたいになるから とても楽しいなあ しかもハムやソーセージはそれなりに肉


タンパク質を摂れ


なるべく多くタンパク質を摂取しろ
それが肉体を保つコツらしいからお前はなるべくできる限り長生きをして見れるだけのものを見ておきなさい

今日は体調がだいぶいいのです。なぜなら「具合が悪くなりそうになったらオフにする技術」を習得、行使したからです。「かゆみは意識すればするほどかゆい」の原理と同じで、『辛い時に辛さに対処しようとするとより辛さに意識を向ける羽目になり、辛くなる一方』なので、対処するのを諦め自我をオフにすることに全力を向ける(=そうするといつの間にか辛いを忘れている)という技術です。特に失うものがないのでオススメです。オフの方向性は好みで構わないのですが、私やっている方法をなんとなく雰囲気でネーミングすると、

①パッパラパー

②遮断

③空

④境界線グニャグニャ

⑤ラッキーboy

⑥オールマイティーハピネス

⑦眠眠惰破

⑧ワカンナイ

⑨アニメ化

などがあり、体調や具合、深刻さの度合いなどにより使い分けているのです。
(説明は面倒なので気が向いたらします)


ファミレスで打ち合わせをしました。

待ち合わせの際、「5分ほど遅れそうです」という文にインド人の絵文字と手を合わせている絵文字を付けて送りました。



(この2つを組み合わせることで、合掌の絵文字の「ごめんなさい」というニュアンスを、インド人のもつ「ナマステ」のニュアンスで和らげ、過剰な卑屈さを防ぎ、人間味や朗らかさを演出するといういい効果があるのです)



しばらくして

『丸刈りです。』

と返信がきました。
後で確認したところ、ガラケーなので絵文字が表示されず代わりに

<ターバンの人>

という文字が末尾に表示されたので、私がそういう、頭部の状態を文末に言ってくる感じ の 人 なんじゃないかと思って自分の頭部の状態も文末に報告してくれたみたいです。



いい人。涙がでる。

タクシーで駅まで向かったら、財布に331円しかなくて、Suicaの残高と合わせてもタクシー代が足りなかった。タクシーの運転手が信じられんことに「金いいよ」って言った。金、いいよ。なぜだ。よくない。タクシーなんだから金を貰わないとだめでしょう。タクシーじゃなかったら今私が乗ってきたやつはなんだったんだ。とりあえず有り金(とSuicaの中身)を全部渡した。足りない250円はまけてもらい、次会うことがあったら必ず返します名前を覚えましたと言ったがもう忘れた。確か田中とか佐竹みたいな名前だったけど仮に田中だったとしても顔も忘れたので見分けはつかないでしょう。でもよく考えたらタクシーに乗ったものの金を持っていないというケースはままあることかも知れないし、2~3メーターくらいだったら金を請求するよりもさっさと損切りをし次の仕事をする方がよっぽど効率がいいから合理的経営判断だったのかもいやーでもそんなのどうでもいいわ。悪態一つ付かずに「金いいよ」って言ってもらったの幸せだわ。金、いいよって言われた一呼吸の弛緩最高だわ。クールだわ。エレガントだわ。オシャレだわ。「金いいよ」ってもっと言われたい
いらっしゃいませ 金、いいよ
お客様3名様ですか?金、いいよ
あたためますか?金、いいよ
カバーおつけしますか?金、いいよ
郵送返却はご利用になりますか?金、いいよ

駅に着いたら電車賃がないことに気がついた。終電まで10分。タクシーの運転手が異様に親切だったので感覚がおかしくなり、150円だったらその辺歩いてる人に言えばくれるんじゃないかと思い、声をかけようとしたが、駅の構内にいる人間が全員言えばすぐ金をくれそうに見えてきて、実際くれる感じが漂ってきて、世の中がよくわからなくなったので走って近くのファミリーマートで金を下ろした。

今日は具合が悪く、寝込んでおりました。ですから夜は打ち上げに招かれていたのですが、少々遅れて参加しようと考えました。遅れる旨をメールし寝込んでいたのですが、とても暇なのでTwitterに「私は乙女だから、1日だけ岸部一徳になりたい」と投稿したところ、直後に「迷っていらっしゃいませんか?」という連絡を主催の方から頂きまして、これはダブルミーニングに違いない、そのように思われて仕様がなかった為、歯を食いしばって家を出ました。駅への道すがら、向かって歩いてくる人の視線が私の腰回りに集中しておりました。私はふと気がついたのです。若干丈の長いセーターと若干丈の短いショートパンツを合わせて着てしまったが為に、下半身に何も身につけていないように見えると。嫌だ、恥ずかしい。大変な猥褻だと思われたら心身に堪えると思ったのですが、私は我慢を致しました。一旦家に戻ったらコンディション的に再び家を出るのに
間くらいかかりそうですし、
そういう都合の悪いことは脳から消す訓練をしているから大丈夫なのです。


個室の中華料理屋に到着すると、すでに円卓の上に前菜やフカヒレスープ、北京ダックなどの料理が並び賑わっておりました。私は北京ダックを食べたことがありませんので真っ先に手にとって、よく観察しました。まあでも見た感じは米粉ご飯クレープという感じの原宿感のある外見であって、さほど高級な部類に属する食べものという感じはしない。発していない。「気」を。なんならヘナヘナしていて輪郭が曖昧だし、所謂高級食材代表の伊勢海老とか雲丹などと比べるとゆるキャラっぽい、ヘタウマっぽいと言わざるを得ない。自然、水野の顔とか表情もユルいタッチにはなってくる。なぜなら、口から入ってきているものと顔のタッチがある程度近くないとなんだか恥ずかしいからです。そりゃあ肉まんを食べるときとヴィシソワーズを食べるときでは絵柄変わってきますよ。顔の。劇画タッチで肉まん食べるのはなんかキモいじゃないですか親子丼ならまだしも。

だから、なるべく 

そらジロー


みたいな絵柄の顔?空気感?ていうかニュアンス?そういう世界観で北京ダックを食べていたのですが

「初めて食べました」

と申し上げたところ、列席者の方が

「さっき店員が皮を切り取る前の丸焼きのダックをわざわざ見せにきましたよ」


と仰るのです。
そこで水野はそらジローじゃなくなりました。ノーマルの水野になりました。己の侮りを恥じました。北京ダックを食べ逃したことに気がつきました。

なぜなら、北京ダックの本質は、「捨て」であることに気がついたからです。

高級、とか豪華、って突き詰めていけば限りないものだと思うんですけど、人間の胃袋には限界がある一方、イマジネーションには限界がありませんので、先に丸焼きにしたアヒルを開陳し、今から調理を致しますとビジュアルを提示することで、

「皮以外はすてちゃうんですよねぇ〜〜」

「勿体無いですねぇ〜〜」

って言いながら仕上がりを待つ時間が恐らく「北京ダック」という料理(エンターテイメント)の本質、であって、そのあとに出てくるシートに包まれた皮は、副産物、要するにケチなオマケに過ぎないのです。私はそのケチなオマケを丁寧に観察しながら


「初めて食べました」


などとトンチンカンなことをぬかしてしまったということです。噴飯物の事態でございます。
さらに列席者の方が、

「高いコースを予約すると、目の前で皮を切り取るところまで見せてくれるらしいですよ」

と仰るので、この「捨て」のエンターテイメント性は、店側も重々承知の上で、寓を装った絢爛ではなく金銭、日本銀行券という極めて明確な基準に基づいて提示されるサービスということまでが明示されてしまったのです。恥辱の極みでございます。フィンガーボールの水を美味く頂いたようなものです。


ぜんぶ岸部一徳のせいだ。

(ツイッターアカウントを岸部一徳名義にしたらフォロワーがだいぶ減りました。紛らわしいことをしてしまいどうもすいませんでした)

↑このページのトップへ