家を出る時

「今日は他人のカバンばかり見る日」

って決めて他人のカバンばかり見ていたら、ご婦人の方なんかは肩から死体(しぼんだ胃袋)のようなグンニャリした形状の皮袋を吊り下げていることが案外多くて、
それはデザイナーの意図ではなく牛革が、重力によってしかたなしにグンニャリしている感じ、つまりは生活感、止むを得ずそういった形状を取らざるをえないだらしなさやるせなさがそのままぶらさがっていて、

そんなに死体みたいにグンニャリした形状のものを実際に死体と同じ素材でグンニャリさせているのは隠し事がないというか、そのまますぎてファッションになっていない、極めて現実に近い、ここで言う現実とは焼肉屋でハチノスとかギアラとかのとなりに「子宮」って書いてあるような感じの現実のことなんですけど、そういう感じ

あと居酒屋の入り口のところで氷を張ったタライに生の魚を展示してあったりして、そういうところで横たわっている魚の付近に「スズキ」っていう札が貼ってあったりするとスズキのサイドからしてみると生きている状態がデフォルトなのに居酒屋のサイドは死んでいる状態を「スズキ」のデフォルトと考えているために

「スズキのデフォルトがかみ合っていない」


それが すごい 気になる。スズキはもともと口というか言語はないけど死んでいるので輪をかけて死人に口なしみたいなことになっていると思うと、ここにも上で言ったような生活感から派生した形の現実み(そのまますぎ感)がある。

自分はそういうそのままの感じ、犬の肛門みたいな感じが苦手なのでほぼ人が住んでないけど1〜2人くらいは住んでしまっていそうな感じが漂っているゴーストタウン化した団地とか反対に税金の払い方が謎な人とか芸能人とかしか住んでなさそうな要塞みたいな建物とかの雰囲気は結構落ち着くというか、少しくらいは体の表面を漂っている自我を緩めても殺されなさそうで気が楽に思えるんだけど、実際住んでみたらどうなんだろうか。

もっと極端なことを言うともう腐ってしまっているものは人為と仕方なさを忙しなく駆け巡る運動がなくなっているので気が楽に思います。具体的な場所などをあげると怒られそうだから言わないけど。

‪「ろるらり」さんのステッカーを貰った。
95m_zHn7GU.jpg
「ろるらり」さんの絵はオシャレとかオシャレじゃないとかそういうジャッジの基準とは大分関係ない地平にあり、一種の「なごみ」を与えてくるんだけど‪(それは描かれたものをイラストだと思っている油断から生じる)‬「なごみ」の余白というかベース、本体の部分ではで当たり前で空虚な、暴力という言葉にすらならない暴力を受ける悲哀、をどちらかというとユーモラスな視点でどうでもいいと思ってる空気みたいなのがあって、それはそれとしてこちらはなにも見なかったように現実認識を続ける心地よさバランス介入機能があっておもしろい(「ろるらり」っていうよくわからん変な名前にも似たような機能を感じる)けど‬
‪扱う人間の不感症が浮き彫りにれる現象には避けようのない生理的嫌悪を催す‬
‪けど‬
‪これを手渡してきた人はそんなことすごいどうでもいいんだろな‬
‪女から買った女を女に差し上げていらっしゃる感じを得



拒否の機能がない事で強いめの他人を感じましたが、
各自楽しくハッピーにお過ごしいただければと思います



『何かを成し遂げなければ』




などという強烈な焦燥感に振り回され、計画もなく、バタバタと動き回り、妄信し、我を忘れている間にコロリと人生が終わってくたばったら身もふたもないけど、そうなってもおかしくなさが氾濫している。



自分はその辺りの自我の叫びみたいなものはある程度受け流してリラックスしていたいというか、本当に感じとるべき自分にとってリアルで直感的な感覚が消え去るような事態を避けたい。焦って脳のモードが変わった途端にどれほど多くのものが見えなくなるか。脳の仕組みからして社会的なつつがなさに多少ハンデのある立場上、シビアに脳の状態を監視しているのでそれは、やや自覚があると思う。


しばしば自分にとってある程度信頼できる感覚を持っている人たちまで「他人と比べてどれくらい安心できるかゲーム」が引き起こす飢餓感に巻き込まれているシーンを目撃することがあり、やるせない。人生、散漫なレイヤーが無数に重なって全体的な見通しが一つもなくうやむやに事が進行している状態に翻弄されがち。道端で拾った若干水晶っぽいただの石に特別な思い入れを持って一生特別なそれを覗き込み続けてオワリ そういう風でいい。自分は


寂しさとか不安とか心細さとかが増大し続けていくのは知識や経験が増えて基準になるものや比較可能な対象が無限に増え続けるからで、処理に費やす時間が圧倒的に足りない。1:100000くらいで足りない。周りについていけなくなってマイペースな人みたいになって一向に構わないので入ってきてしまったもの一つ一つに意味づけする作業が必要だ。自分にとってそれはどうしても必要だ。放置すると気づかないサイレントな混乱を引き起こす。


「正しいもの」は幻想だし、ないのに正しいかどうかの判断、吟味に過剰なコストが費やされている状況を目視することが多く、徒労にまみれている。自分もamazonレビューとか見てると☆3.4くらいの品物には何か欠けているものがあるのではないかと思い悩み、完璧なものがどこかに存在しているという幻想を安易に抱きがち。


焦りは脳が作ったバーチャルへの働きかけでしかなく、脳内のパニックに脳の外部装置として拡張された身体がバーチャルの所在をはみ出してオートマティックにダンスしているだけ。自分はダンスと思想が一致せず常にズレが生じるタイプなので「マイルド(物事を点や面で見た瞬発的な印象に囚われず余白や余韻を含めて空間的に味わう態度)」かつ「ソリッド(社会的要因や合理的事情によって付け加えられる肥大化した雑念の多い意識に目もくれない姿勢)」を貫き通したい。18歳くらいのころは過激思想で「マイルドなものはみな殺す」と思っていたが「ポジティブな曖昧さを持って拡散した意識でファジーに捉えながら大雑把でも構わないという心持ちの大局観」くらい大げさに揺らぎを許容する態度でものごとをとらえないとどれほど多くのものを見逃すか、認識のマシーンになり生活様式の牢獄へ堅固に収納されるかということを20〜23歳にかけて痛感した。ゴリラ & デュエル with やき芋 without ふかし芋 Forever 21。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2858.JPG

我々が必死に向かうものは、ひとかた残らず我々にとっての首長族なのだ。
(BLEACHポエム風)

3GZ7x8vLMf.jpg


ダサい。いつ見てもダサい。


家の鏡で見るとちゃんとしているのに、外出先のガラスにうつった自分は乞食そのもの。要するに、家そのものの磁場、空間自体がダサいエキスの万華鏡なのだ。そんな家早く燃やした方がいい。

オシャレしてもオシャレしたせいで、がんばりがマイナス面の評価となって表出しダサい。

今日はダサくないかと思いきや、靴下だけものすごくダサい。全部ダサいよりワンパーツダサい方が本質があらわとなりよりダサい。最悪の結末を迎えた。
3GZ7x8vLMf.jpg

つけまつげを付けると目とつけまつげの間のスペース、深遠なる余白が殺しにかかってくる。ダサいとしか言いようがない。ダサい。

オシャレな人はオシャレにしているのではなく存在そのももの在りようそれ自体がもう根本的にオシャレ。

ダサく在るものの逆方面への努力、足掻き、自己破壊は本来の姿を際立たせるエッジとなりミラーボールのように乱反射するだけ。納豆が大豆に戻らないように、ダサいという魂由来の抜本的腐敗は除きようがない。その腐敗を「発酵」というポジティブな印象に置換できるかというところに望みの低すぎる唯一の希望が託されているが、そんなことは起こらない。現実は非情である。

しょうもないタンクトップが一度身を委ねて仕舞えば奈落の底まで地獄下りの甘美な誘惑を醸し出す。瞬間 意識が途切れ、なに一つ苦しみのない楽園に放り出される。ただしその楽園はとてもネバネバしている。
3GZ7x8vLMf.jpg

「今日はスパンコールの付いた服を着てるからアクセサリーがいらない」
ちょっと待ってくれ。そんなルールどこで聞いた。こうなったら人間狩りだ。オシャレの脳を喰い、存在をアップデートするほかない。

誰も教えてないのにこぞって唇の上辺りにハイライトを配置し下唇をコンシーラーで消している。なにかがおかしい。要するに、アカシックレコードにアクセスしている可能性がある。


我々は今日も不合理な銀の輪を我々の首に重ねそれを伸ばす。まるでもとの長さなんかは初めからなかったようなフリをして。少し伸びた首を傾げて。
3GZ7x8vLMf.jpg

(TwitterのDMで寄せられた悩みについてよく返信をしているのですが、この悩みは普遍性がありそうなのでブログで回答することにしました)


『意味のない会話が難しい』

友達と会話がうまくできません。対話や情報交換ならできるのですが、会話ができません。具体的には女子話や恋話、お互いのキャラクターをいじり合うことや軽いボディータッチ(ハグなど)ができないのです。僭越ながらしずさんも、対話や自己表現は卓越したものを持っていながらそれゆえに会話は 苦手なのかと思っていました。会話は対話と違ってその場の空気を読む作業なため、空気を自ら壊していくしずさんとは肌に合わないのだろうと思っていたのです。

しかしこの前の「ぱいぱいでか美さんの誕生日祭の夜のトーク部」で非常にリラックスされて会話に参加されており、もっと言えば会話に参加しなくてもリラックスした表情で会話を聞いており、自分が話せる箇所のみ話し笑いを取っており、ちゃんと自分のキャラクターを出していたので私もああいう風に会話に参加したいと思いました。いじることやボディータッチや空気を読むことはできなくても、いじられることで、自己表現することで承認される存在(あの時のしずさんのように)なりたいと思ったのです。

私が会話下手なのは、ボケとツッコミが苦手でお笑いのセンスがないという技術面の問題と、自分をさらけ出すことに常に「人からどう思われるか?自己愛の強い人間だと思われないか?」と躊躇してしまう精神面の問題があると思います。
技術面の問題と精神面の問題をどうカバーしていけばいいのかを考えているのですが、しずさんから見て

1 こんな私はどうすれば、しずさんのような形で会話に参加できると思いますか?

2 またしずさんは自分が会話に参加するためにどんなことを考えていますか?


○水野しずの考え

あの場で会話できたのは「人に見せるという目的を共有している」という前提があったことが大きいのではないかと考えられます。トークショーとして見せるものと考えれば、自分がどう動くのが場の利益(見ている人の楽しさ)にとってプラスになるか非常に明快であるからです。私も平生はあまりそういったボディタッチのような会話には加わりません。そういった会話(いわゆる社会学者の言うところの毛づくろい的コミュニケーションということになるのでしょうか)のフリに対しては黙って考え込んだり、ある意味無粋なコミュニケートに対するゲームという捉え方で遊んでしまうことが多いです。

もももさんの悩みについて考えてみます。会話への参加を目的としてそのためにどのような修練を積めばよいかという考え方をしているようですが、それ以前の問題として会話のボケ、ツッコミって確認作業の反復みたいでつまらなくて根本的にそんなにやる気がわきませんよね。さほど興味も湧かないものを少々の義務感のような出自不明の感覚でなんとか頑張ろうと考えるのは無理があるのではないでしょうか。私は無理なのでやりません。それではどのように対応しているかというと「ボケ・ツッコミ」要するに「想定される受け答えからの一定の範疇に収まる範囲内でのブレの提示と訂正」という前提を別のものに置き換えてしまうことで会話というゲームを自分にとって楽しめるものにカスタマイズしているのです。

具体的に例を挙げてみると、例えばインド人っぽい顔というキャラクター認知をされている人が「お昼ご飯を食べに行ってきます」といった際に「カレーですか?」と返すボケがあるとします。これは会話として非常に成立したやり取りです。なぜなら周囲のキャラクター認知をしている人間にとって極めて想像しやすく正しくゾーニングされたポイントにブレを提示しているからです。このやり取りにより「インド人」というキャラクター認知がより強固なものになり、コミュニケーションは円滑なものとなるでしょう。しかしながら強固になると同時に「会話がキャラクター像の確認作業になってしまい予め想像のつくやり取りに終始する」というデメリットが発生します。このデメリットを避けるためには集団をつぶさに観察すれば良いのです。必ず「ブレの提示と訂正」へのバイアスが発生してきますので、バイアスの発生を見逃さないようにします。そしてバイアスが発生した瞬間(確認作業の共有)に「場の人間の共有するイメージを裏切る」という別のゲームへと転化をするのです。この際の裏切りはゾーニングの境界線上を危うく転がるようなものであれば比較的わかりやすい笑い(空気の崩壊)が発生しますし、ゾーニングから遠いところであれば次のゲームへのルールーを探るための豊かで興味深い感覚の共有(愉快な混乱)が発生します。これは会話やお笑いのテクニックというよりも、どちらかというとアートが社会的に担う役割に近い所業なのではないかと私は考えています。もちろん、どのような種類であれ混乱を嫌うような脳構造のホモサピエンスも存在するのでこのやり方は合わないという場も存在するでしょうが、「存在するなあ」というくらいで特段害はありません。誰かが怒っているとしてもそれは自身の許容の小ささをわざわざ露呈しているだけのことで構うことはありません。

もっと言えば最強の手段は黙っていることではないのかと思っています。私は最近もっぱら「存在する」ということについて考えているのですが、それは要するに影響を及ぼし合うということであり必ずしも言語を必要としないという現時点におけるひとまずの結論にたどり着いたので大人数の飲み会などでは口数を減らして存在することにトライしております。こちらもエキサイティングな試みで非常に楽しいのでオススメです。どちらにせよ要点は「会話の構造は他者と共有しつつそれらを成立させるルールはインディペンデントである」という心がけを持つことです。空気を読むことが重要視されるというこは要するに、多数派のルールや傾向、トレンドを察知して早乗りした順にその場のヒエラルキーが確定するということですが、トレンドの発生源はその場にいる人間の感性に端を発する心の動きだと思うので。(心は動きます)

↑このページのトップへ