vrDi8Mb9Ct.jpg

あなたの涙がわたしのほほに落ちる

こんなにも近くにいるのに

ほんとうの距離はとおい

手を差し伸べて
ハンカチを渡して

やさしい眠りの中に 薔薇を散らして

あなたの涙がわたしの手のひらに舞う

まるで桜の花びらのように
春を待ちわびて咲く



本の表紙のお仕事をしています♡
渡邉裕美で検索してください( ´ ▽ ` )ノ


2013年2月に私の本が出版されました💗

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3117.JPG

夜半も過ぎ、秋の訪れ
月も満ち

涼し気な風が吹く

虫たちも 愛の唄を奏で
ひっそりと

心の中で芽生えてきた優しさが

女郎花のように花開こうとしている


こんな夜にふらり出かけ

東屋で
遠くにいる君のことを想う

冷たい夜露に風邪をひいていないかしら

今夜も美味しいご飯を食べたのかしら

ひっそりと暖めた
心の風を君におくろう

やんわりと 目を閉じて
優しい眠りと暖かな夢が君に届きますように

今宵もまた星に祈ろう

今も君がしあわせでありますよう

明日もまた君が心地よい日を過ごせますよう

週末の この夜つぶやきて

癒された 君の想いに優しさを感じて

我もまた 至福の時を観る

この世界に感謝して




本の表紙を描くお仕事をしています✨💕
渡邉裕美で検索してください( ´ ▽ ` )ノ❤️

2013年2月に私の本が出版されました( ´ ▽ ` )ノ🌹💕


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3639.JPG

あの夏の日に出会った きみの微笑みが忘れられなくて

ただ、目を閉じる
美しい思い出を消さぬため

時は去り、
救いを求めたことすら忘れ、

あの山のうえにそびえる箱舟に向かい
歩き続けた日々も

消えたあなたの瞳の輝きを
取り戻そうと必死にあがき

さらに無くしたものをいくつ数えるのだろう
この両の手で

知らぬ間に目指していた
消えた箱舟に向かい

この星を眺め続ける

きみの微笑みを取り戻すために





本の表紙のお仕事をしています🌹✨🌸
渡邉裕美で検索してください
( ´ ▽ ` )ノ✨❤️

2013年2月に私の本が出版されました💕( ´ ▽ ` )ノ✨

↑このページのトップへ