病気のことも書いているので
辛くなる方は避けて下さい。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9897.JPG





おはようございます(*^^*)

今日はレシピではなく
久しぶりに日常ブログです。





昨日は撮影がありました☆
しっかりと工程を追いながらだったので
なかなか時間がかかりましたが
夕方までに無事終わって一安心。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9893.JPG



完成したものはもちろん綺麗だけれど
こういう工程も臨場感があって好きです♩
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9894.JPG



編集さんの話しによれば
昨日の分は年内に校了予定とのこと。
って、本気ですか•••?笑










さて、今私は2冊の本に取り掛かっていて
その内の1冊がもう完成間近!
それはお料理の本で
一昨日ついに表紙も完成しました♩
その本は久しぶりに、というか
はじめての本以来に
自分で撮った写真が沢山入っていて
いつもとは雰囲気が違うような(*^^*)




そしてもう一冊は
実はもう数年前から取り掛かっています。
本当は昨年出版する予定でしたが
思いの外時間がかかっていて。

はじめて料理ではない本を作っています。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9898.JPG





何度も取材をしていただいた内容が
やっと文字になりました。
ライターの晴山さんが起こしてくれた
率直で柔らかな言葉と
私の中の鋭いものが交差します。

文字として自分の半生を振り返ると
正直辛くなってしまうことが多く
ぐっと入り込まなければ
向き合うことができません。

毎晩原稿を見ては泣き
色々と思い出しています。
気持ちを過去に戻して振り返った時
私の中にあの頃の自分がまだ居ることを
感じるのです。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9895.JPG





自分のことなのに
居た堪れない気持ちになったり。
どちらが本当の自分かを考えたり。
答えはでないけれど私の中には2人いて
あの頃もがいていた自分を
置いていくことができません。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9897.JPG





思い返せばこれまで沢山の人に出会って
沢山の気持ちを聞かせてもらいました。
中にはもう話すこともできなくて
縋り付くような瞳で見つめられたこともある。
別に言葉を交わさなくても
目を見れば気持ちがわかる。

でも当時の私にそれを言ったら
こう答えるでしょう。

あなたに私の気持ちなんてわからない。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9896.JPG





私は強くないけれど
全てを受け入れて肯定したいと思う。
あなたに何があったのか
どうしてきたのかはわからなくても
必ず通ずるものがあるのです。

全てを否定したい気持ち。
耐え難い葛藤と劣等感、焦る気持ち。

一人ではないことを伝えたい。
大丈夫だと伝えたい。









私は23歳で23キロになりました。
典型的であり、重度の拒食症です。

気が強くてプライドも高く
子供の頃から力持ちでした。
''お姉ちゃん''でもあったはずです。

そんな私は弱くなり
小さな子供に戻ったようでした。
お母さんから離れることができなくて
上手く話すことも
歩くこともできなくなった。

自分でお風呂にはいることもできなくて
母がいれてくれていました。
腰まであった長い髪を切りました。

忘れられないことがある。
その頃私はもうほとんど何もできなくて
一点を見つめるようになっていた。
ふいに【部屋に行きたい】と思ったけれど
2階までの階段が上がれなかったのだ。
その時まだ小学生だった弟が
何も言わずに背中を向け
おんぶしてくれた。
もう情けなくて、申し訳なくて、悲しくて。
どうしてこうなってしまったのかと
全てを悔やんだ。

私は強くて力持ちな
お姉ちゃんだったはずなのに。
弟はあんなに小さかったはずなのに。
オムツもかえたし、自転車にものせた。
父と母の喧嘩を
2人でこっそり聞いていたりもした。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9899.JPG







毎晩赤ペンを持って
当時の自分と向き合っている。

でも今わかったことがある。

私は文字を書くことより
こうして打つことの方が向いているようだ。
それは多分、こうしてきたからだと思う。

ブログをはじめた当時
病気のことを打ち明けた。
自分一人で抱えきれない気持ちを
外に出したかったのだと思う。

弱さが恥ずかしくて、情けなくて
誰にも話したことがなかった。
でも書くことはできたのだ。

思いのまま、気持ちのままの私を
受け入れてくれたのは皆さんでした。

世界は広くて、優しいものだと
教えてくれた皆さんに
一生感謝したいと思います。