東芝さんにお伺いしました♩



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2883.JPG



新刊【Mizukiのほめられごはん】
ご予約開始しました♩
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG
ーーーーーーーーーーーー








こんばんはー♩
お疲れ様です♫



東京話しに戻りまして、、
【MEALS ARE DELIGHTFUL】で楽しみ
【学研さん】でお仕事した翌日は
朝から神奈川に向かいました!



東京①②③はこちら▼






実は私
お仕事で神奈川県に行くのははじめて。
電車乗り間違えないかな•••と不安に思い
散々説明してもらっていたにも関わらず
見事に間違えました

でもそこはさすが心配性w
約束よりだいぶ早く出ていたので
乗り換えても余裕で間に合い
なんなら早く着きすぎて
カフェで時間をつぶすという(笑)
とりあえず、よかったーーー




ということで神奈川県に入り
レシピブログの担当さんと合流して
向かったのは東芝さん☆
その日は朝から夕方まで
オリエンという予定でした!

ちょっとドキドキしながらお部屋に入ると
そこで待っていて下さったのは
《釜仙人》こと守道さん!!
※東芝ホームテクノの守道 信昭さん。
"釜仙人"の異名を持つ炊飯器の達人。




その存在感たるや•••
達人のオーラがヒシヒシと伝わります。
ちなみにこのエプロンは一枚しかなく
''釜仙人だけ''が
着ることを許されるという代物。(レア)


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2899.JPG





なんとこの日は
そんな達人、釜仙人が直々に
色々レクチャーして下さるとのこと!

まずは炊飯器の歴史や進化など
大変興味深いお話しを
聞かせていただきました(*´艸`)

もうこれがたまらなく楽しくてですね•••
楽しいというかあまりに興味深くて
ついつい前のめりになってしまう(笑)


「あ、そのグリーンの炊飯器
おばあちゃん家にありました!!!」



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2885.JPG





大卒初任給が1万円だった頃
自動式電気釜1号機は3,200円。
つまりとても高価なものですね。
それでもその便利さに
みんなこぞって欲しがったと。

それもそのはず。
かまどでごはんを炊くには
早起きしなければならないし
炊いている間はつきっきり•••
という大変な作業だったそうです。

''主婦たちをそんなかまどの番から解放し
少しでも睡眠時間を確保してあげたい''

そんな思いから生まれたのが
東芝  自動式電気釜。





_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2901.JPG





釜仙人は炊飯器一筋で
ずっと研究、開発をされてきた方。
そのお話しには引き込まれるばかりで
まだまだお聞かせいただきたかった•••

あぁーなんかもう
感謝の気持ちでいっぱいですね(涙)
炊飯器ってなんて有難いんだろう







さて、そんな歴史を学んだ後は
実際にごはんを炊いたり食べたり!

お米が美味しく炊けるメカニズムや
研ぎ方に至るまで
釜仙人にレクチャーいただきましたよ♩

ここからはもう驚きや発見の連続!!
そしてごはんの美味しさに驚愕•••

私はこの日
鳥肌が立つほど美味しいごはんに
出会ってしまったのでした




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2883.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2882.JPG






続く。






レシピブログに参加しています♩
ポチッと応援お願い致しますm(__)m
▼▼▼





新刊【Mizukiのほめられごはん】
ご予約開始しました♩
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG



新刊について▼






【著書】
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2750.JPG


【Amazon】

【楽天ブックス】





レシピ検索はこちら▼






毎日更新しています♩
友だち追加








mizuki.oshigotoirai@gmail.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー