♡バッター液de超簡単♡
鶏むね肉のチーズフライ



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7408.JPG




新刊【Mizukiのほめられごはん】
重版しました!!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG
ーーーーーーーーーーーー






おはようございます(*^^*)

今日はコスパ抜群の鶏むね肉レシピ♩
普段のおかずやお弁当にも使える
チーズフライのご紹介です♡
淡白な鶏むね肉も
チーズのコクで満足感がアップしますよ♫

作り方は超簡単(*´艸`)
衣付けはバッター液でラクラク♡
しかも揚げずに作れます♩
衣をつけた状態で冷凍もできるので
是非お試し下さいね(*^^*)






♡バッター液de超簡単♡
鶏むね肉のチーズフライ

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7408.JPG



【2〜3人分】
鶏むね肉...大1枚(300g)
●卵...1個
●薄力粉...大3
●塩こしょう...少々
パン粉...大10
粉チーズ...大3
サラダ油・ケチャップ...各適量




1.鶏肉は全体をフォークで刺し、2cm角の棒状に切る。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7410.JPG



2.ボウルで●を混ぜてバッター液を作り、1を加えてからめる。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7412.JPG



3.バットにパン粉と粉チーズを入れて混ぜ、2を一切れずつまぶす。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7414.JPG



4.フライパンに5mmのサラダ油を入れて中火で熱し、3を色よく揚げ焼きにする。火が通ったら油を切って器に盛り、ケチャップを添える。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7418.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7408.JPG




《ポイント》
♦︎鶏肉は半凍りにしておくと綺麗に切れます♩
♦︎パン粉の量は目安です☆鶏肉の切り方により必要な量を調節して下さい♩






レシピブログに参加しています♩
ポチッと応援お願い致しますm(__)m
▼▼▼





こちらもおすすめです
▼ ▼ ▼






それでは、今日も素敵な一日を〜(*^^*)






新刊【Mizukiのほめられごはん】
重版しました!!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG



新刊について▼





【著書】
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2750.JPG


【Amazon】

【楽天ブックス】





レシピ検索はこちら▼






毎日更新しています♩
友だち追加








mizuki.oshigotoirai@gmail.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



フライパンdeおでん


_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7400.JPG



新刊【Mizukiのほめられごはん】
重版しました!!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG
ーーーーーーーーーーーー





こんばんはー♩
お疲れ様です♫



今日は昨日の牛すじを使って
おでんを作りました(*^^*)
具は、牛すじ、大根、たまご、こんにゃく
厚揚げ、平天、ちくわ、餅巾着、
という至って普通のラインナップ☆
大根は1本まるっと、たまごは10個入った
結構なボリュームおでんです(*´艸`)

牛すじ、大根、たまごは
昨日下処理を済ませていたので
今日はこんにゃくのアク抜きと
他の具材の油抜きして煮込むだけ♩
おでんってわりと手間、というか
時間がかかるから
そういうところは計画的に
いかに当日ラクできるかを重視!
おかげで今日はスムーズに
片手間でできてしまいました(*´艸`)



なのですが



量が多くなったので
手持ちのIH対応の土鍋に入りきらないし
ストウブにも入らないww

ということで
私が持っている一番大きいフライパンで
作ることにしました(笑)

でもなんか•••いいぞ•••
これ絶対一度で食べきれないから
食べる時食べる分だけ土鍋に移せば
こっちは綺麗な状態を保てる
しかも使い慣れてるフライパンだからか
作業がスムーズに(*´艸`)
うん、これはいい!!
*厚手のフライパンがおすすめ♩



煮込み前↓
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7400.JPG




あ、うちはおでんのスープも
至って普通です(笑)
でもリクエストをいただいたので
近々アップさせていただきますね





レシピブログに参加しています♩
ポチッと応援お願い致しますm(__)m
▼▼▼





さて、今朝のブログでは
お菓子のレシピを
ご紹介させていただきました♩
すっかり涼しくなりましたし
焼き菓子の季節到来ですね〜(*^^*)




今回のスタイリングは
少し雰囲気を変えたくて
(全部似てるから(笑))
このケーキスタンドを使ってみましたよ♩
木のぬくもりを感じる
アカシアのケーキスタンド(*^^*)



お手軽なホケミマフィンも
ちょっといいものみたいになりました
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7280.JPG





ちなみに、、
添えてあるのは
イタリアンパセリです。
他になかった•••






新刊【Mizukiのほめられごはん】
重版しました!!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG



新刊について▼





【著書】
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2750.JPG


【Amazon】

【楽天ブックス】





レシピ検索はこちら▼






毎日更新しています♩
友だち追加








mizuki.oshigotoirai@gmail.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ホットケーキミックス&サラダ油で♡
お手軽ミルクティーマフィン♩


_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7280.JPG



新刊【Mizukiのほめられごはん】
重版しました!!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG
ーーーーーーーーーーーー






おはようございます(*^^*)

今日ご紹介させていただくのは
HM(ホットケーキミックス)で作る
ミルクティーマフィン♡
レンジで淹れたミルクティーを
茶葉ごと加えて香りよく仕上げました♩
しかも混ぜて焼くだけ&バター不要の
超簡単お手軽レシピです(*´艸`)

オイルマフィンは冷めてもかたくならず
翌日もしっとりふわふわ♡
これおすすめなので
よかったらお試し下さいね(*^^*)




♡HM&サラダ油de超簡単♡
ミルクティーマフィン

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7280.JPG


【6個分】
牛乳...80ml
紅茶...ティーバッグ2個(4g)
●卵...1個
●砂糖...大3
●サラダ油...60g
ホットケーキミックス...150g




(準備)
型にグラシンカップを敷く。
ティーバッグから茶葉を取り出す。
オーブンを180度に予熱する。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7285.JPG



1.耐熱ボウルに牛乳と茶葉を入れ、600Wのレンジで1分加熱し、そのまま2分置いておく。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7283.JPG



2.別のボウルに●と1を入れ、泡立て器でよく混ぜる。続けてホットケーキミックスも加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7299.JPG



3.型に注ぎ、予熱したオーブンで20分焼く。焼けたら型から取り出し、アミにのせて冷ます。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7295.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7107.JPG




《ポイント》
♦︎工程2では茶葉ごと全部加えます♩
♦︎マフィンカップで作っても♩
♦︎私はブラウンシュガーを使用しています♩






レシピブログに参加しています♩
ポチッと応援お願い致しますm(__)m
▼▼▼





こちらもおすすめです
▼ ▼ ▼







それでは、今日も素敵な一日を〜(*^^*)






新刊【Mizukiのほめられごはん】
重版しました!!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1573.JPG



新刊について▼




【著書】
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2750.JPG


【Amazon】

【楽天ブックス】





レシピ検索はこちら▼






毎日更新しています♩
友だち追加








mizuki.oshigotoirai@gmail.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↑このページのトップへ