こんにちは!



本日6月12日をもって
芸能11周年を迎えました。
こうやって節目があることが
すごくありがたいです。
初心に帰る日。

突然飛び込んだ芸能の世界は
楽しいだけじゃなかったけど
思い返すと楽しかったことしか
浮かばなかったりするんですよね

「終わりよければすべてよし」
その言葉通り
いつも終わり方が自分にとって
良いものばかりだったからだと思う。

芸能だけじゃなくて
習い事や転校したときも
良い終わり方をしたから
今でも仲間がいて
今でも思い出を笑って話せる。

いい終わり方をすれば
次のスタートを気持ちよく走れるから!

だから今日が幸愛にとって
そういう日になってほしいなって
おばちゃんは思ってるよ!!!!


ま、私はまだまだこの世界で
もうひと頑張りしますけれども
いつだって原点は変わらないし
有難いことにその原点を
守ってくれる後輩がいて
私は遠慮なく
自分のやりたい道を歩かせてもらってます

何事も感謝だね。本当に。
これに尽きる。
出会いに感謝。
支えに感謝。
同志に感謝。

出会いと別れが人を強くするから。
私も個人的に大好きなマネージャーさんと
離れることになって
久しぶりに泣きました。
自分でもびっくり。
たった半年だったのに
なんか濃くて。
時間じゃなくて濃さだったりするよね。
その人のためにも頑張りたいって思った。

私は人から沢山もらいすぎて
自分は何も返せてないって
虚しくなるときもあるのよ。
でも続けてたらまた出会えて
返せる場が来るかなって信じてます。

11年前は
世の中がこんな状況になるなんて
思ってもなかったし
私もお芝居の仕事が出来てるなんて
思ってもなかった。
未来のことは誰にもわからないだから
失敗恐れずに
前に進みたいよね!


前向き!


ってことで
12年目も宜しくお願いします!