みやりです。



2020年1発目の舞台が決まりました!


劇団たいしゅう小説家Present`s
舞台「コロッケ」 
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0974.JPG
2020年1/9(木)~13(月・祝)
劇場 萬劇場

宮崎理奈専用🎫ページ
コロッケ | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!
劇団たいしゅう小説家の公演「コロッケ」のチケット予約。今観られるお薦めの演劇,ミュージカル等が分かる舞台芸術のクチコミ・チケット情報ポータルサイト。公演・劇団・劇場情報やオーディション・チケットプレゼントなど演劇・舞台芸術情報が満載!
ticket.corich.jp

あらすじ
お世辞にも綺麗とは言えない寂れた店内。定食屋「酒井屋」は今日も営業している。
優柔不断でお人好しの雅彦は、ひょんな事から高と王という中国人を雇ってしまう。
自らアルバイトリーダーと名乗り始めた健司はどう考えても3人もいらない状況を考えて、シフト制にした。ただ3人とも行く所がないので結局3人とも出勤している。
次女の美緒は店を助けようと風俗で働くが、客と揉めて警察沙汰に。長女の理子は店がこんな状態の中、引け目を感じつつ常連客の松本に好意を抱くが、とんでもない告白をしてしまい振られてしまう。好青年で雅彦の作ったコロッケが大好きな松本は、このままでは店に行きづらくなると思い、振ったにもかかわらず理子を映画に誘うが、またしても理子はとんでもない行動を起こす。三女の佳代はいじめから引きこもりになり部屋から一歩もでてこない。雅彦の嫁の里美が一人で必死に立て直そうとするが空回り。雅彦はただ、現状に目を背けているだけ。
家族が寝静まった頃、今日も佳代が屋根裏から降りてきた。いつものようにカップラーメンを食べる。家族の自慢だった雅彦のコロッケ。でも佳代はある拭う事の出来ない不信感からそのコロッケを長年食べていない。佳代は高に「昔みたいにお兄ちゃんのコロッケが食べたいなあ」と呟いた。
雅彦は迷いながらも家族を立て直そうと奮闘していくが・・・

寂れた定食屋「酒井屋」のコロッケは今日も1つ1つ揚げられていく・・・
コロッケをめぐり家族の思いが交錯していくヒューマンコメディー!



私は三姉妹の長女を演じます!
いよいよ長女を演じる年齢になったんだなぁと
なんだかニヤニヤしています🍖
ぶっ飛んだ役柄みたいなので
すごく楽しみです👏👏👏👏


ここ最近は原作ものが多かったので
ストレート芝居ができるのも
とっても嬉しいし
大好きなコメディです✌️


コメディか原作ものか
って感じが多いですね。笑


そう考えるとカンタータは
意外にも貴重な作品だったかも!!



5月のプロデュース舞台は
内容なと全て一新させた
第二段ですのでお楽しみ!!
キャスティング大変だぁー🤤



2020年も楽しそうな1年になりそうだよ!
来年はうるう年。
うるう年空けておいてくれると嬉しいな。
2月29日🤩
うひょひょ!!
あと2月3週目も!!


わくわく🧛‍♀️



ファンクラブにも是非入会してみて!