月別アーカイブ / 2020年08月



こんばんは!


また久々の現場に復帰してるんですが
役の切り替えするの大変だわ~!


いわゆる無双ロスよね。


こんなに没頭した作品は久しぶり!
鞭持つのも初めてだし
語り部ってのも久しぶり?初めて?だし
吸収するものが多すぎて
膨大に膨れ上がった脳ミソを
感じました。笑


以前のブログにも書きましたが
西田さん演出作品に出るのが夢で
西田さんの殺陣を経験するのが
心からの目標でした。
実際に自分で劇場で
お客さんとして感じたあの感動を
自分でも伝える側として体感したい
ってずっと思っていたんです。

稽古初日で早速心折れたのが
今では懐かしく感じます。

西田さんの殺陣付けはびびるほど早い。
ダンス覚えるのも遅いほうなので
最初は食らいつくのに必死で
全然覚えられなくて
めちゃくちゃに迷惑掛けました。
それなのに付き合ってくださる
JAEのアンサンブルの皆様。
私の何十倍と覚えること多いのに
いつも一生懸命で完璧で。
近くに尊敬する方々がいらっしゃるから
私も負けじと頑張れました。


西田さんって魔法使いなんかな?
目何個ついてるんやろ?
ってくらい隅々まで見えてて
的確ですっきりしてて
とにかく熱い!!
稽古場ではいっぱい吸収したくて
西田さんの後ろに座ってたけど
無駄がなくて
本気で魔法使いだと思いました。笑
お茶目でユーモアもあって
西田さんがいるだけで
空気が締まるというか。


色んな演出家さんに出会って
本当に毎回が勉強で
どの演出家さんにも色や個性があって
また必ずご一緒したいって願うと
必ずご一緒出来るから
西田さんもまた絶対出来るはず!!
また目標が出来ました。


そして確信しました!
私は誰かになったり
何かになったりするのが好き。
2.5次元の作品に携わるのが好き。
2次元の世界に入れるんだよ?!
信じられる!?
私はこれからもそういった作品にも
いっぱい挑戦したいです!



ではまた😆



明日はレジスタンスイレブン!




20200827_174144.jpg
これ美味しくてびっくりした!










舞台「真·三國無双~赤壁の戦いIF~」
全8公演完走。
誰一人ケガなく幕を閉じました。
一重にサポートしてくださったスタッフさん方
そして応援して下さった皆様のおかげです。
ありがとうございました!


舞台の良さって
毎回違うし、毎回発見があって
何より目の前にお客様がいて
一緒に時を過ごせるってこと。
ドラマや映画じゃ絶対できない。
NGが出せない緊張感を
毎回感じながら
とにかく伝えて
魂飛ばして
毎日すり減る思いもするけど
その日の感想見たら
テンションぶち上がりなんですよね!!


半年ぶりに立つ舞台は
本音言うと怖かった。
毎日台本をお守り代わりに
袖に置いて
出る前にセリフを必ず読み直す。


今まで袖に台本持って行くって一度も無くて
全部頭に入れてアホみたいな自信もって
ステージに立つことしかなくて
良くも悪くも緊張あんまりしない人だったの。


だけど今回は毎回緊張で震えてて
お腹痛くなるし
足はガクガクだし
足をパンパン叩かないと立てない時もあって。
自分が一番びっくり。
こんな私初めて。


プレッシャーと重圧に何度も心折れて
周りと自分を比べては
張り裂けそうに心が痛くて
頑張ることを頑張れなくなって
役者辞めたいなぁって
涙が止まらない日もありました。


幕が開くまではずっとこのモードでした。


でもいざ幕開けて
観劇して下さった皆様の感想読んで
諦めなくて良かったって心から思った。
緊張と戦いながらも
板に立っちゃえば無双モード。
何も怖くないって思っている自分もちゃんといた。


蔡文姫って本当に素敵で
夢が詰まってて
最後の最後まで悩んで
小屋入りしてからも
自分の役作りは間違ってたのか
って全てを否定されたような気持ちに
なることもあって
負けず嫌いな宮崎が白旗掲げる寸前まできてて
だけど三國無双が大好きな気持ちと
大好きな座組のみんなに
迷惑をかけてたまるかって気持ちと
三國無双が大好きなお客様に
楽しんでもらいたいって気持ちで
最後までやりとげることが出来ました。


鞭も難しかったよー!!笑


11年前まで新体操してて良かったわ。
今になってその経験が活きました。
なんならその経験を活かさせてくださった
キャスティングの方感謝っす。

誰にも知られてなく
芸能生活10年やってきました。笑
特技新体操っと言うの辞めよかな?
と思っていたとこでした。笑



2020-08-23-21-23-29-152.jpg
2020-08-23-21-23-10-370.jpg
愛してる曹操軍!
特に会話しないけど
心が通じてるチームな気がします。
リアルでも。
ま、はるちゃんはずっと喋ってます。笑


2020-08-24-15-33-58-997.jpg



ではまたどこかで。
次代のため、美しい旋律を奏でましょう。




蔡文姫役、宮崎理奈。
ありがとうございました!

↑このページのトップへ