月別アーカイブ / 2009年07月

 

 

今日はこれから

 

事務所の社長のお友達、

 

ナイスバディお姉様がやっている

 

エステに行ってきまぁす

 

 

 

初めてのことに挑戦だから

 

ドキドキ

 

 

相当恥ずかしそうだな~

 

でも綺麗になるためだからね

 

 

 

 

 

さてさて

 

明日は

 

テレビ朝日『良好生活研究所』

 

のOAがありまーす

 

 

 

前にブログに書いた

 

この銀座ど真ん中の水槽が

 

登場しますよ

 

 

みんな花火見に

 

おでかけしてそうだけど

 

 

8月1日(土)

15:55~

 

 

関東圏にお住まいの方は

 

ぜひ見てくださいね

 

 



 

 

みなさんからのコメント

 

へ~!!って思ったり

 

なるほど…って思ったり

 

あみゅうも妖怪パチンコ

 

出ないかな~と思ったんですよね

 

 

 

あかなめが図柄をペロ~ンとすればスベる!!

 

枕返し、気付かれずに枕を返せるか!?

 

ハズレ!?ろくろ首役物がびょ~んと延びればモード移行だぁ!!

 

そして目目連群が出れば激アツ!!

 

みたいな

 

 

 

…結構地味だね

 

そもそもストーリーがないからな~

 

せめて『ゲゲゲの鬼太郎』とかの作品に限定しないと

 

 

 

 

それはさておき

 

最近毎日暑いから

 

ついついコンビニ通いをしちゃうんです

 

 

 

アイスとかゼリーとか

 

あと普段あまり買わないのに

 

ジュースとかも欲しくなっちゃうんですよね

 

 

 


 

今日見っけたぁ

 

コレおいしい

 

 

『CANADA DRY

クリアマスカットソーダ』

 

好きかも

 

 



 

 


 

 

 

『お化け大学校』

 

の開校式が京都の東映太秦映画村で行われたようです

 

 

ニュース記事によると…

 

「お化け大学校」とは、角川書店が7月11日に開校した"新しいカタチの怪的エンターテインメント教養大学校"。世界で唯一の妖怪マガジン『怪』が企画したもので、教授陣には荒俣宏や京極夏彦などを迎え、総長は妖怪界の大御所、水木しげるがつとめる。

 

「お化け大学校」の講義は全国のさまざまな場所で行われ、入学申込は「お化け大学校」携帯サイトにて受付中。晴れて「お化け大学校」の学生になれたら"化け大生"という称号がもらえるとか?

 

だそうです

 

 

 

 

うわ~

 

気になってたんですよね~

 

『怪』購読してるし

 

2年前?暴走ぎみで

 

「世界妖怪会議」に参加し

 

大興奮だったあみゅう

 

 

今年はこんなことになってるんですね

 

行きたいな~

 

でも帰省もあるし無理かなぁ…

 

でも夏フェスより行きたいかも~

 

 

 

 

ホラーとか心霊ものは

 

昔興味がありすぎて

 

逆に怖くてダメなんだけど

 

実は妖怪好きなんです

 

 

 

妖怪自体というよりは

 

妖怪の存在意義(というのかな?)

 

がいいと思うんだよねぇ

 

 

「妖怪は楽しいものなんです」

 

という水木しげる大先生の考え方に

 

大賛成なあみゅう

 

 

 

そもそも

 

妖怪なんてものが存在できる(持て囃される)のは

 

豊かで余裕のある時代だと思うんですよ

 

身近な危機感があり殺伐とした時代には

 

そんなもののことを考えてる余裕はないわけで

 

 

 

妖怪がもたらすちょっとした恐怖が

 

エンターテイメントとして機能する

 

=楽しみとしての恐怖をわざわざ創り出す

 

=現実の恐怖や不安にそれほどさらされていない

 

ということじゃないかな

 

妖怪ってどことなくユーモラスだったりするしね

 

 

 

個人的な体験においても

 

「見えた」ものが

 

人の脳が創り出したものだとするならば

 

その「見えた」ものは

 

訳のわからない怖いものより

 

名前があってちょっとユーモラスなもののほうがいいよね

 

 

だから何となく怖くなった時

 

あみゅうは「あれは豆腐小僧に違いない!!」

 

と思うようにしているのです

 

 

 

 

そんな

 

エンターテイメントの一つであり

 

恐怖や不安に対する救済措置でもある

 

そして

 

平和で安定した世の中かどうかの指標でもある

 

妖怪っていいな~と思うわけです

 

 

 

 

あー行きたい行きたい

 

行きたいよぅ

 

 



↑このページのトップへ