_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2780.PNG

例えば、カップルが喧嘩をしたとき、女性は正論で男性を追い詰めて男性の逃げ場を断とうとします。

 

正論というものは男が大事にしている理屈や常識や理論的な筋が入っているのでそうなったとき、男は黙り込むか、男はその女性から離れて一人になうとするか、男が「うるさい!」と行って暴力を振るなどの反応を示すので、こうなれば女性の勝ちは決まりなんです。

 

でもね、この女性は「男という生き物を何もわかっていない。。。」という典型な"さげまん行動"をとっているとしか思えません。

 

というのも、男性を正論で論破して勝って優越感を得れたとしてもこの男女の関係には深い溝が入るし、彼はいずれ彼女の前から離れようとすることでしょう。。。

 

正論を語って論破する人は、その"正論の力"を使って相手をねじ伏せて勝利をために勝ち誇って優越感を得たいのです。

 

もしも、「正論の魔力」に取り憑かれていると思うあなたは、ぜひこの記事をご覧ください!


↓        ↓        ↓        ↓

↑        ↑        ↑        ↑