_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3224.JPG

例えば、ビジネスの中で「この人は、あの人には、勝てない。」とわかってしまうことがあります。


そして「この会社は、あそこの会社には、勝てない。」ということもわかってしまうことがあります。


さらには「この国は、あそこの国には、勝てない。」ということもわかってしまう。


今回のブログを読んでいただければ…

"「勝つ人」(あげまん)と「負ける人」(さげまん)が一度で見分けられる方法"

がわかるお話ですのでぜひとも最後までお付き合いください!


※今回の内容は、仕事だけではなくて、恋愛、スポーツ、人間関係、生き方、人生、全てにおいて役に立つ要素ですのでそのつもりでご覧ください!


↓            ↓            ↓



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3184.JPG

人は「自分にとって居心地がいい環境を作り出そうとする習性」があるし、「自分にとって都合のいい人間だけで人間関係を築こうとする習性」があります。


この性質のことを「類友」とか「同じ穴の狢」とか、専門用語で言うと「クラスター化」といいます。

 

この「クラスター化」とは…、

"小さな集団になってしまい他の意見を受け入れられなくなる状況"

というものです。

 

もしも、あなたがクラスター化していくと"自分の近い価値観を持った人たちの意見"だけを受け入れて群れるようになります。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3200.JPG

これは動物も同じで「縄張り意識」がまさにそれです。

 

ネット上では…

『自分と同じ意見と持った人たちが集まりやすい状況』

(居心地がいい環境にい続ける状況)

が生まれてしまうという特徴があるし、この繋がりやすさがある意味で

"素敵な異性に出会えない状況を作り出している"

ということがわかってしました。

 

インターネットがまだなかった頃の話をすると、自分の価値観とは違う人がいても、その相手と関係を築いて行かないと会社が回らなくなったり地域活動が滞ったり、色々な出来事が起きていました。

 

相手と意見が合わなくて喧嘩をしたり、それでも我慢をしてでも何とか歩み寄ってみたり、なんとかかんとかやってきたのです。


しかし、今となっては「色々な意見の人たちがいるんだ!」と思えるようになりアンチコメントは大歓迎だし、炎上できるものなら炎上してほしいと思ってます!(笑)

 

大事なことは『自分と違う考えを持った人たちがいるんだ!』と思えることが、私にとっての栄養だし、大きな気づきにもなるのです。

 

これは婚活中の30~40代独身女性にとって大事な考え方なのです。


30~40代の婚活をする上で大事なことは自分と同じ価値観の相手と繋がることと、"自分と違う価値観を持った人たちと関わる機会を持つ"ということが鍵になってきます。

 

それは何故かと言えば…、

「自分と違う考え方を持った人がいるんだな!」

「自分と違う価値観を持った人たちがいるんだな!」

「自分と違う反応をする人たちがいるんだな!」

と思うことが、婚活をする上で視野を広げることにつながりますからね!

 

そして、実際に「自分が惹かれる理想である異性の特徴」と言われるものは…、

"自分とは違った魅力や価値観や考え方を持っている"

という共通点があることが多いと気づかれる方も多いかと思います。



しかし、SNSなどのインターネットの世界ではそういった方々と関わる機会を避ける人も多いので、"新しい出会いの可能性を狭くしてしまっている"とも言えます…。(汗)

 

あなたの新しい出会いの可能性が広がよりも早く、ネットの世界がどんどん広がっていることになっているとも言えます。

 

また、人間は"自分と同じ考えや価値観を持った相手"と繋がろうとする習性があります。

 

しかしそれだけをし続けると、自分たちと違う考えを持った人をディスったり、村八分のようにして排除しようとしたり攻撃しようとする人たちが増えるのですよね…。(汗)


でも、それは"子供のいじめ"と変わりませし、それって「さげまん」ですよね…。(汗)

 

インターネットの中に2chがありそれを利用する人たちが人格を否定するようなことを書き込んだりするので、残念ですが建設的な議論ができるのはまだ先の話かもしれません。

 

我々日本人の精神として集団意識が強いし、「みんなと一緒は素晴らしい!」とか「友達100人作ろう!」という仲間意識や共同体的な価値観が強い民族ですから特にだと思います。

 

その反対に、自分とは違う考えを持った人(仲間ではない相手)に対して攻撃的になったり、排除したりする傾向がありますからね…。(汗)

 

自分の考えを持った人や行動をした人を叩く傾向など、それがひときわ目立つのがSNSなどの"インターネットの世界"だと感じています。

 

そもそも、離婚の原因になる最も多い項目と言えば、「価値観のズレ」「お互いの方向性の不一致」などとされています。


以前に【結婚できない30代後半女性が探しているソウルメイトとは、白馬に乗った王子様!?《不完全な男性との関わりを楽しもう!》】というブログの中でも書きましたが、いくらソウルメイトの異性と出会えたと言っても、それでもあなたと相手は考え方も価値観も違うのです。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3183.JPG

例えば、プロボクサーなどのスポー選手は"いかにして相手のペースを崩せるか?"ということをか考えて試合に臨むと思います。

 

ただ、人間関係になると「自分にとって都合のいい人たち」を周りに置こうとします。

 

その理由としては、そっちの方が精神的に楽だからです。

 

それって無意識は"自分のペースを崩されるのが怖い"という恐怖感から、周りにイエスマンばかり揃えようとしてしまうのです。

 

でも、それではダメなことはプロスポーツ選手なら理解できるはずですからね。

 

私が皆さんにお伝えしたいことは…

"「自分とは違う考えの相手」とどのように関わって行くか?"

と考えていくことが大切なのです。

 

これはスポーツ選手だけに言えたことではなくて、夫婦関係でもお互いに切磋琢磨していくことが大事だし、それをし続けることでベストパートナーなれると思いますからね。

 

そう考えられることが「あげまん」ですからね〜!


世間ではよく、テレビは見ないし、ラジオも聞かない人ていますよね?

 

でも、私はテレビもラジオも大事だと思うのです。

 

その理由としては、テレビやラジオで"自分の意見と違う人たちの意見"を見たり聞いたりすることができるからです。

 

自分自身ではまず見たり聞いたりすることはない情報を発信してくれるからです。


よく、

♀「素敵な男性と出会う機会がないんです…。

♂「なかなか良い女性と出会いがないんです…。

という人たちがいます。

 

以前に【「さげまん女♀」と「さげまん男♂」が、結局は引き合ってカップルになるんです。《類友の法則》】というブログの中でも書きましたが、類は友を呼ぶという「類友の法則」というものがありますから、素敵な異性に出会えないにのは…

"あなたが素敵な人じゃない"

ということですよね?


貧乏人は、貧乏人で集まり、ますます貧乏人になります。

お金持ちは、お金持ちで集まり、どんどんお金持ちになります。

さげまんは、さげまんで集まり、ますますさげまんになります。

あげまんは、あげまんで集まり、どんどんあげまんになります。


これを聞いて怒りたくなる気持ちもわかるのですが、でもそういうことだと思うのです。

 

このような人たちは、自分とは違う意見や情報に対して…

♀「わたしの考えとは違うし、見たり聞いたりするのが嫌なのよ!

♂「僕の価値観とはそぐわないから興味もないし、関わり合いもしたくないんだよ!

と言う人たちもいますけど、私としてはそれは勿体ないと思うのです。

 

自分を心や身体を成長させてくれるのは、「反対意見」だったり、「反対勢力」だったり、『自分とは関わり合いのない別の世界の刺激』だったりしますからね。


私はあげまんラボラトリというYouTube動画を配信していますが

♀「宮さんの動画を観る勇気がないんです…。

と言う方がいました。

 

自分が動画配信をしているからという訳ではありませんが、ぜひ色々な動画やテレビを見たりラジオを聞いたりして欲しいと思います。

 

色々な考え方がありますから特に押し付けはしませんが、私が皆さんに言えることは…

"自分の価値観とは違う意見と向き合う"

"自分の考え方とは違う相手の話を聞く・会う"

という体験して欲しいと思いますからね。

 

そうすることで、あなたが「求めているような異性」に出会えたり、あなたが「望んでいるような異性と関わる出来事」が起きたりしますからね。

 

大事なことは、あなたが求めている相手、あなたが望んでいる相手は…

"自分とは違う考えを持っている"

"自分とは違う価値観を持っている"

"自分とは違うことを見て聞いて、自分とは違う環境に生きている"

ということをわかった上で、これからの婚活を進めていくとうまく行きますからね!

おかげさまで私も自分の考え方とは反対の本やブログに目を通すことをあえてするようになってから、精神的にも心の余裕が生まれるし、様々な人脈の方々と出会えていると実感しています。


インターネットを取り入れて婚活をしている人は、自分が出会う人たちが…

「自分と同じ人間ばかりに出会っていないか?」

ということ注意ましょう!


私のブログはある一部の皆さんにとってみれば、もしかしたら「クラスター化をぶち壊す内容」かもしれません…。(汗)

 

ぶっちゃけて言えば、"いい子ちゃんブログ"を書こうとすれば書けると思います。

 

その方がいいね!されたり、アクセス数も伸びたり、シェアされたり、リツイートされると思いますし今以上に人気も出るかもしれません。

 

しかし、私が求めていることは…

"皆さんの心がチクっとするブログ"

(クラスター化している人たちの心をモヤモヤさせるブログ)

を意識して書いています。

 

その理由としては、それが皆さんの視野を広げるキッカケになると信じているからです。f4

 

ぜひとも、以上のことを意識して日々を送って行きましょうね〜!

 

本日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

※このブログをお友達に紹介したり、どうぞご自由にシェアや引用をしてください!


本家 宮 弘智公式ブログでも投稿しておりますので、ぜひご覧下さい!!

↓          ↓          


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3180.JPG
先日、埼京線に乗っていたら、ある男女の会話が耳に入ってきました。

♀「私、もし結婚しても子育てまでする自信が無いんです…。子どもとか苦手だし…。」

♂「そもそも、結婚相手っているの?」

♀「もちろん彼氏募集中です〜!」

♂「え…!?彼氏いないのに、結婚後の子育てを悩んでいるの…?」

♀「子どもが『学校行きたくない!』とか言って、引きこもったらどうしよう…。」

♂「いやいや、"結婚後の子育て"について悩む前にまず彼氏を作りなよ!」(笑)


男性には理解しづらいことかもしれませんが、多くの女性は本当に色々なことに悩むものです。


ところで、女性の悩みごとの多くに「先の先のことで悩む。」という特徴があります。


例えば、結婚していないのに♀「子どもが苦手だから子育てできるかな…」とか。


彼氏がいないのに♀「結婚して、"彼の実家に入って欲しい"とか言われたらどうしよう…」とか。


このような悩みが多く、いつも 『不安を抱えている女性』が本当に多いと思います。


しかし、これらの悩みは本当に悩む必要があるのでしょうか!?



↑このページのトップへ