16年前、24歳の頃
表千家の短期講習で出会った掛物

ほんらいむいちぶつ  っと読む
知久家にあるのは、省略された無一物

どのような意味かは様々な解釈がある

「何も無いのがいいのよ!」
「もともと、人間は何も持たずに生まれてきたってことよ」
「ミニマリストのことよ!茶人はミニマリストだから、、、」

どれも間違いじゃないけど
どれも上部だけの浅い解釈にすぎない
23歳の私もそうだった

お茶をはじめて20年ほど
正しい答えはみつからないが
現代のお茶人はミニマリストではない
茶室には必要最低限の物しかないが
裏方は季節の数、それ以上の道具たち
モノからコトへって何ですか?状態

言葉の意味は成り立ちや
背景とエピソードから理解してみる
禅は達磨が創始者とされていて
この言葉を残した慧能(えのう)が大成者なんだ
お茶で言うところの、創始者が村田珠光で大成が利休だから利休的な存在かな

ある日、達磨から数えて五番目の禅師が

後継者→6番目の人(六祖)を決めますって事で
悟りの境地を言葉で表現しろと言った

六祖選抜で最有力候補の神秀(じんしゅう)が先に、下記文字をお寺の廊下に貼り出したらしく

身は菩提樹、心は鏡で、日々、塵や埃がつかぬよう綺麗にしておく事が大切だ

と表現した
これをみた多くの者が、六祖は神秀に違いないと思ったのだが、まぁまぁ新米の坊主の慧能(えのう)があとから下記、貼り出したそうな
悟りの境地を実体視はできない
心(執着)もないし、本来何も無い
無けりゃ塵も埃も払いようがない
※私のゆる〜い解釈

モノじゃなくココロ
特に執着に関する事を深く伝えている
モノではなくコトでもなくココロについて
人って一度手にした便利を
手放す事ができない生き物だから
戒める掛け軸にグサっとくる

最終的に、後からこれを表した慧能が六祖に選ばれて禅の大成者になったらしい

慧能は幼い頃に父を亡くし
母親に育てられた貧乏な少年だったらしい
執着するモノもコトも知らない中で
育ったので選ばれた悟りの境地なのかな


私はお点前してるときだけ
無一物に浸れるのよね
目の前にお客様が居るのに
お茶を出すまでは異空間にワープしてる感じ

来年度もたくさんお点前できますように🍵

3月のお稽古
梅は過ぎて雛祭りも終わって
名残も良いが少し違う3月

桜を待ちながら一思いにふける

禅語 春來草自生 
はるきたらばくさおのずからしょうず

春が来たら草は自然と生えてくる
って当たり前のことを言ってる

ジタバタしても仕方がない
時期が来たら自然とはじまる
待つしかないのだ
大切なのは待ち方
どのように待つのかって話し

やってきたことが
自然と芽が出てくるわけだ🌱
ただ待っていても種を植えなきゃ
🌱芽はでないわけだ

水をあげなきゃ🌱芽はでない
栄養あげなきゃ🌱は成長しない
当たり前のこと

お茶のお稽古もそう
順番に稽古をつけるわけだが
客を演じつつ客観的に観て待つのだ
心をとめて思考もとめて
少し未来を予測して観る

はじめての三友棚
三千家の融合を願う棚である
素晴らしい
流派は違えどお茶はお茶
生まれた場所で役割を果たすのみ

どのように春を迎えるか
何もしなくても春はくる
何かしてても春は来る


暖かくなってきた
雛祭りって期間が短いよね
お茶の世界は早く取り入れて名残りで4月初旬までと長いのよ

立雛も色々あるけど
最近のイラスト見ると
男と女の在り方が平等?みたい
私は女がちっこくて男がおっきい絵が好きだな

何事にも理由があって
それも陰陽が存在する
小さいから不利だとか損だとか
小さいから利があって得もある
小さいからゴルフ⛳️は赤ティで打てる🏌️‍♀️
小さいから荷物は持たなくて良き


裏甲釜は暖かくなってきたこの時期に
お客様に火を見せない為に
好んで使われるお釜なんです
春を感じるお釜なんだ

そして、
火の代わりに水面をチラ見させるべく
大口の水差が使われる
棚じゃないけど棚扱いされる水差

・蓋置と柄杓は水差の蓋の上に飾れる
 ※柄杓は湯返ししない
・景色を、変える場合水次のあと、飾り帛紗
 

久々にやるとできない飾り帛紗
これ、蝉の形で蝉結びって言うらしい
春だと違う結び覚えて飾りたいなぁあ


糸巻きの棗(なつめ)もこの時期に最適
雛祭りは女の子の日だから
女の子の成長や幸せを祝う意味で使われる
やっと嫁に行けた私の幸せを祈ろ笑


桃の主菓子は中が白あんで
ずしっとくる味わいでした
菱形の菓子器に入れたら素敵よね

4月は釣り釜に旅箪笥かぁあ
もうあれから一年経つのか
お釜が段々上がっていく季節
来年度に備えなくては


↑このページのトップへ