まー結局、落ち着くところに落ち着きましたね。そりゃね、原さんに砕かれたらイチコロでしょ。言葉の重みが違うからね、原さんは(笑)。

批判する人は批判するでしょ。その辺の話はそっちでやってもらって、ここでは来季の展望を。

「3番・センター丸」。という事は必然的に坂本が1番に座るでしょう。4番は岡本がどっしり構える。8つの打順のうち、この時点で3つ決まればあとは楽だよね。
2番は吉川尚or重信、もしくは売り出し中の松原、立岡だって黙っちゃいない。原監督は立岡のキャリアは買ってるからね。
外野の残り2枠のうち一つは若手育成枠、もう1枠は長野、亀井、陽岱鋼を休み休み使える。今のところ原さんの頭の中はこんなところかな。

この時期に、あーだこーだとオーダーを考えるのは野球ファンの楽しみの一つですよね(*^^*)

といったわけで、住谷の話はまた今度…。

#巨人

原監督が帰ってきた。
やっぱりこの人には華がある。そして何より言葉が上手い。一言二言発しただけですぐに記事になる、そんな言葉の強さを持っている。
なんだか巨人ファンは、もう優勝マジックが点灯している錯覚にさえ陥ってしまう。

さてここで今回どうしても巨人ファンに言いたい事がある。
それは…FA市場についてである。
毎年この時期になると流行るのが我らがジャイアンツによる「欲しい欲しい病」。一昨年は陽岱鋼、森福、山口俊のトリプル獲得、そしてFAではないが、去年はホームラン王のゲレーロ強奪と、まーなりふり構わず獲ってきた。
まー高橋監督時代の補強については、もう過去の事として、あえて触れるのは止めよう。
今回私が言いたいのは、ファンの「要らない要らない病」である。
今年もまた、丸、浅村、住谷と、わちゃわちゃと新聞なんかを賑わせてますが、そこで必ず出てくる巨人ファンの「要らねー!」「若手を育てろ!」の声。
そりゃね、私だって巨人ファンです。言いたい事はめちゃめちゃわかる。いやしかし、入団する前から選手に対してこんな事言うのって巨人ファンだけじゃないか…? そりゃもちろん金で心が動く部分はあるだろうけど、落合に始まり村田の自由契約まで見てきた中で、どれだけの決意を持って宣言してるのか、という事をもっとね……。

今年、珍しく巨人戦以外を観戦する機会があって札幌ドームに行ったのだけれど、大田泰示や矢野謙次なんて、元からいた選手のように応援してくれてて嬉しかったよ(涙)。FA移籍とトレードという違いはあるにせよ、巨人ファンもさー、もっと歓迎して迎え入れてあげましょうよ、て話。

若手を使うのは簡単です、簡単。でもね、金本阪神を見ればわかる通り、使えば育つってもんでもないのよね…。
少なくとも丸に関しては、補強ポイントは合致してるから獲りにいくのは当然かな、と私は思います。だって開幕二軍の亀ちゃんが規定打席打ってるくらいなのだから…。

'08年は、オガラミという3、4番がいたからこそ、8番坂本を育成枠としてフル出場させれた(まー二岡の怪我もあったけどさ)。
高い壁を乗り越えてこそ、一流になれる。
だから重ちゃん、松原には期待したいね!

こうやってファンが「要らない要らない」言ってる間に、ロッテさんがめっちゃ金積んできた(*゜Q゜*)
丸選手がどういう決断を下すかわかりませんが、野球ファンなら、しっかりと応援してあげましょう!

住谷にも触れてやれって? まーその話はまた今度…。

#巨人

↑このページのトップへ