月別アーカイブ / 2019年10月



親友から届いたヘルプの声に応えたくって、
微力ながら協力させていただく運びとなりました。


『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』


彼曰く、この作品はマインドトリップサスペンスだそうだ。なるほど。
実は2010年に元となる脚本に遭遇している。
まるで錯視画を眺めているような、不可思議な感情が胸に纏わり付いたのを覚えている。

これは喜劇なのか?それとも悲劇なのか?

あれから9年。当時は想像もつかなかったサイゴの言葉を見つけ出し、ギミックの歯車となり、不慥な針を刻み、そして始まりを迎えたい。

お忙しい時期であることは重々承知をいたしておりますが、ぜひ下北沢駅前劇場までお越しください。

心よりお待ち申し上げます。



【ストーリー】
《 その病室で俺は何度も死んだ。これは夢の話じゃない。 それなのに、翌朝、何事もなく眠りから目覚めた。目覚めるのは昨日まで俺が寝ていたのとは違う同部屋の他人のベットの上だった。そして"死"から目覚めた俺はいつも欲しいと想っていたモノを手に入れていた。》
人は2度死ぬと言う。1度目は肉体の死、そして2度目は残された者達から忘れられてしまう記憶の死。もしも3度目があるとすれば・・・?
《何度死んでも、朝は俺を追いかけてくる》
5人が入院する病室を舞台に繰り広げられるマインドトリップサスペンス。

■■■■■

Oi-SCALE 2019年公演
『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
〜終わりの日。それと、翌日。の物語〜
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1174.JPG

2019年 12月18日(水)~23日(月)
下北沢 駅前劇場
脚本/林灰二 

【タイムテーブル】
18日(水)19:00〜 
19日(木)19:00〜
20日(金)14:00〜★/19:00〜
21日(土)13:00〜/18:00〜
22日(日)13:00〜/18:00〜
23日(月)14:00〜★ 
開演の開場は30分前、受付は45分前より。★の回はアフターイベントあり。

【チケット発売】
11月10日(日)10:00〜前売チケット発売開始
前売4300円 当日4500円全席自由
(日時指定・整理番号付)

Oi-SCALE http://www.oi-scale.com/

【イントロダクション】
人が笑うことの必要性を問う様な「笑い」を多く含む本作だが、何と言っても見所は観客の解釈欲を刺激し惹き込むギミカルな構成で。主人公は死と目覚めをリピートする予想し得ないパラレルワールドに迷い込む。
「死」と直面する(から目を逸らす)病人達の繊細なドラマを支える為、出演陣も誰にも似ない才能が集結。フジテレビ系ドラマ「ウォーターボーイズ」(山田孝之主演)でシンクロ部の仲間5人組の1人でコメディパートなキャラを演じ、ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人俳優賞を受賞し、その後も多くのテレビドラマや舞台作品で味のある演技をみせてきた石井智也が主人公を演じる。他にもOi-SCALE作品には顔なじみの古山憲太郎(モダンスイマーズ) や三浦知之(InnocentSphere)、絶対王様などで活躍してきた川崎桜など確かな実力者が名を連ねる。そして最も謎を背負った5番目のベッドの男には「囚人」での共同製作も記憶に新しく「ヒミズ」や「サイゴ」等、Oi-SCALEの代表作品では必ず重要な役を担ってきた村田充が、林灰二の今作にかける特別な意気込みに応え友情出演する。

【キャスト】
石井智也 / 澤井裕太 井野おりこ 横尾宏美 浅野貴士 吉田山羊 片倉裕介
足立雲平 中村拓未 本田秀和 廣川千紘 幡美優 藤岡皇佑(ボクナリ) 久保軒松
川崎桜 古山憲太郎(モダンスイマーズ) 三浦知之(InnocentSphere)堤千穂
林灰二 / 村田充(友情出演)


【 林灰二より本作について】
「死ぬ前に一番最後に声に出す言葉は?」この質問に応えるのは誰にとっても簡単じゃないと想う。「最後の晩餐」について聞かれたなら一番好きな食べ物を想い浮かべたら良い。でも「言葉」となればそうもいかない。答えに行き着くには、自分がどんな人生を歩む末に何を想うのかを考えなければいけない。どんな満足や後悔を重ねて自分は誰に向かって何と言いたくなるのか。別れの言葉はいつも決まってる。でも最後の別れを「サヨナラ」なんかで終わってたまるかって想っている。本作への取り組みは全てを含むたった一言を探す旅の様である。
1agfBgfwlQ.jpg


ゆるりと始めました。
URL長いね(笑)




都内も雨音が大きくなってきました。

不安な夜を迎えます。

皆様におかれましても、くれぐれも用心してください。







 

↑このページのトップへ