こんにちワーゲン


朝見たらおはようワーゲン
夜見たらこんばんワーゲン
フォルクスワーゲン


これは高校の時みたいにみんなに黙れと言われるやつだ
みんなから不評なのに自分1人満足してニヤついてるやつだ


この間お友達と行って参りました
朝劇西新宿『恋の遠心力』

脚本はあの岡本貴也さん
演出は岡本貴也さんと、舞台プライベートでお世話になりました野村龍一さん


フロア全体がお芝居の空間になっています

どうしてもステージと客席とか、物理的距離は出来てしまうもので
物理的な距離が心理的距離になりかねないじゃない
第三者になってしまうじゃない

だから舞台に立たせていただく時は、同じ空間を一緒に過ごせるようにといつも心に置いているのですが
その物理的距離がなくなってしまう

役者さんの息遣いまで聞こえます
前を通り過ぎる風感じます
物理的距離が無いと心理的距離はほとんど生まれなくて
「目の前でそれぞれ事件が起こっている」と感じながら、地球までの時間を過ごしました


ん?どういう意味?とか思っちゃったそこのアナータ
あらすじとか見たくなっちゃうけど、見ずに行ってほしいな
アタイもここで何も言わないから、言いたいけど
止まらなくなりそうだけど、言わないから、堪えるから
お店に入って、お芝居が始まって、その空間の変化を感じられることも楽しんでほしいな


あー!!!
あとハンバーグ、めちょめちょ美味しかった
soお食事付きなのですよ
何万年ぶりに食べただろう
なかなか作らなかったからね、ハンバーグ
あ〜美味しかった〜もう一回食べたい〜
お母ちゃんのハンバーグが食べたくなりました

このブログを見ているであろう母上へ
最愛の娘からの伝言です(これもうるさいと言われるやつだ)
世の中にはクール便というものがあります(コソッ)

お食事食べながら観劇、なんて贅沢な
丁寧に作られていてね
もうそこに存在する全てが素敵だった


『恋の遠心力』と『愛の回転式』の2作品をされています
キャストさんもたくさんの方々が出演されていて、その日その日でガラリと見方が変わります
今度また観に行こうって思ってます
フフフ


朝から観劇して、観終わってもまだ十分に時間はあってね
「なーんて1日の使い方が上手いの私」って思わせてくれるから
朝劇観に行ったからなのに、自分の成果ですみたいになっちゃうから
早起きってやっぱ徳なんですわ〜、ね


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0324.JPG

おはようらめしやー


無事全公演ケガすることもなく、終えました
雨の日が多かったね
そんなお足元の悪い中、来てくださった皆様ありがとうございました


いつも応援してくださるファンの皆様
お友達
終演後声をかけてくださった皆様
いろーんな方の表情を見ることができて嬉しかったなあ


今回ね、初めて婚約者の役をしたんですけどもね
後妊婦さんの役も初めてでした


「もし私に相手の人と死別した婚約者がいて、順調に結婚式の予定を立てていた時に、いきなり元妻の名前を呼び始めて、元妻の存在を探し始めて、それと同時に現婚約者の私の存在を忘れてしまっていくようなことがあったらどうしよう?」と簡単ではありますが、母に話したことがありました
その時の母の反応が、手放しの祝福ではありませんでした

娘にとって1番の親孝行でなくてはならない結婚において、こんな心配をかける様なことを親に言えるだろうか?と考えました


真一と出会ってお付き合いをする中で、「沙織里がいたから今の私との真一さんがいる」と思っていました
でもやっぱり人間ってそう綺麗な存在ではなくて
自分の存在が消えていく中、沙織里の存在がどんどん大きくなる
「今真一さんといるのは私なのに」
沙織里からぶつけられる憎しみに、「沙織里さえいなければ」と初めて人間の醜さを出してしまうこともありました


妊娠が判明して「この子を守らなければならない、私が家族を守らなければならない」と思ったら
被ばくの影響で子どもが産めない体になってしまっていた沙織里の女としての虚しさも悲しさも、全部受け止めよう
沙織里が何かしてくるのなら、私が家族を守って全ての盾になろうと決めました


実香は強い女性なんだろうな
時代がそうさせたのかもしれないけど
1人の女としての生き方と、母になる覚悟を決めた女の生き方の違いも感じて
実香は妻であり、母であったんだと思います
実香を演じる中で、自分の中の何かが強くなった様な気がします


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0306.JPG


A班のみんなとワイワイ話してる時の写真
こういう写真好きだなあ


皆さんと同じ座組で、実香を演じることが出来て、本当に幸せでした
あの六畳一間にお客様と一緒に居られて、本当に幸せでした
ありがとうございました
また今日から頑張るぞー

おはっぴー
今日をたのしく過ごしたいからおはっぴー


いやー寒い
寒い寒い寒い寒い
これからが雨のピークみたいよ


昨日4公演目、無事に終えることが出来ました
寒いし雨降ってるし、おうちでぬくぬくしときたいなーって日なのに
ご来場いただいてありがとうございました


昨日も演じてる時に悲鳴が聞こえて
「だよな、そりゃあ怖いよな」って思いながら演じてたよ
私たちも怖いもん(笑)
友達はあの仕掛けが怖くて泣いたって言ってたし

一部からあれだけテイスト変わられるとついていけないよね
でもそこがまた良いよね
自分の感情もコロコロ変わりながら過ごす2時間半


アタイも雨を避けて歩きながら(再度大嘘)劇場向かってます
何がどうなろうが今日で最後
今日も新鮮な気持ちで、愛を持って生きます


実香は誰のために生きてるんだろうね
『私ならこのために生きるんだろうな』
そんなことを考えながら観ていただけると嬉しいです
みんながみんな、愛を持って生きてます
愛の形は人それぞれなんだろうけど
目に見えないものを観て感じていただきたいです


v2RjQ4Hluj.jpg


『六畳一間で愛してる』


脚本✏️藤森一朗

演出🎬三好忠幸

日時🗓2018年6月6日(水)〜6月11日(月)

11(月) 14時〜

劇場🗾両国 Air studio

🙋‍♀️A班 田島実香役で出演させていただきます

チケット料金🎫4,300円(全席自由/要予約/当日精算)
当日券も出ています
財前光希扱いにてお願いいたします


↑このページのトップへ