こんにちは、みつです。

10月28日、東京都西多摩群日の出町で開催の、
日の出町ヒルクライムミーティングに出走してきました!

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4313.JPG

梅の木峠、と言えば走ったことのある方もいらっしゃるでしょうか。
平均斜度10%以上、最大18%とパンチのある激坂が特徴の、通好み?な峠です。

梅の木峠へ向かう登り基調の緩斜面約5㎞と、梅の木峠約3㎞。
計8㎞のタイムを競うヒルクライムレースです。



序盤の高速域からの、梅の木峠の我慢大会となることは必至…!
今までエントリーしたことはなかったのですが、今回は経験として出てみるか、とポチっ。
レース本番でトレインに乗る練習、場の状況を見て動く練習がしたかったのです。



梅の木峠を走ったのは一年前。
当時は山岳ロングの最中でへろへろだったので道のことなど何も覚えていません…!100Wクライム!

ので、本当なら当日までに試走がしたかったのですが日程や天気に恵まれず結局ぶっつけ本番に:(っ`ω´c):

せめてもと思い動画で予習はしてきました。
そこで分かったことは、
序盤の速度域がまじで速い。
後半は終始ほぼ激坂だけど緩むところもある。

ということ!



前半が勝負、とは前から聞いていましたが…どうなることやら…!



当日!
いざ、スタートに並びます。

天気は晴れ(*´ω`*)
日向は暖かいですが日陰はめちゃ寒い、すっきりとした秋晴れです。

今回も、気合いの半袖短パンです。

集合場所からスタート地点までの下りの寒さが刺さるようにツラく、
顔色が若干プールで寒い人みたいだよと心配されました:(っ`ω´c):

これでいいんです…スタートまではツラいけど走り出したら私は暑くなってしまうので。



檜原ほどの緊張はせずリラックスムードの中、
第1ウェーブ…スタートです!



…走り出した瞬間、

なんともう早速、先頭集団のトレインに乗れない…。
私は檜原から何を学んだのか(T_T)(T_T)


踏んでも回しても、
先頭集団は遠くなるだけでした。
序盤は見通しもよく、
集団は先のカーブへカーブへと、どんどん小さくなっていきました………(T_T)


焦ってしまい気持ちもペダリングも安定せず
ここで一度第1ウェーブのほとんどの女子に抜かれてしまいました。


( ゚д゚)ハッ!と我に返り、落ち着こう…と肩の力を落とす。


檜原ほどエントリー数もないので、見渡してもすぐに乗れそうな人は後ろからは来ない。

あーー。こんな緩斜面で、
どれだけトレインに乗れるかどうか!
トレインに乗る練習!
とか意気込んでたのに、
単騎TTするしかないのか…結局私の力量じゃ…引き出しすら与えられない…
と、めちゃくちゃ落ち込みました。

けどもう、しょうがないので一人でもりもり漕いでいきます!!



トレインに乗るならパワーは見ずについて行くと思っていましたが
一転単騎となったので、
パワーを見ながら落ちやすい平坦〜緩斜面で緩めないように勢いよく回していきます。
つるつる温泉まではアウターで、
ちょっとしんどかったら少しダンシングをしてしのぎました。


数㎞で全ての女子を抜き返せました。
風除けがいないのは、脚使ってるな…と精神的にもしんどかったです。

つるつる温泉で、DNSのはらいちさんをはじめ沢山の応援のお友達が…!(T_T)
喝を入れてくれました(T_T)(T_T)
写真を撮ってくれたり動画を撮ってくれたり。
本当にありがとうございました!

本当は先頭集団に乗っているところを見せたかった…!
それは叶わなかったので、せめて勇姿をと思ってちょっと見栄はって頑張って回してしまいましたww(*´ω`*)


応援ゾーンを通り過ぎたと思ったら最後にカメラを構えるぷーすけ氏が…
「あと2.7㎞ですよー」ってww
別にウケるとこじゃないんですけどなんかその時のテンションでわろてしまいました。


いよいよ峠に突入!
のっけから10%越えててキツイです。
けどもうここまで来たらいつも通り走るだけです。

激坂ゆえ速度は出ません。
パワーとケイデンスを見ながらひたすらじっくり登ります…。

途中にはグレーチングや路面の穴があり少し気を使いますが
周りでは落車など危険な状況は発生しませんでした。
きちんと清掃がされています(*´ω`*)


激坂をじっくり登りますが、
少し緩むところではすかさずシフトアップ。
ぷーすけが残り2.7㎞って言ってたけど
スピードが出ないからひたすら長く感じました。
私も周りの人も、呼吸が荒いです。

激坂心得を思い出しながら耐えます。
激坂心得とは!
ハンドルにしがみつかない。
息を上げすぎない。
お尻を後ろに引っ張られないように!
踏んでない足は邪魔しないように!
などなどです。


梅の木峠で一番斜度がキツイところを登った先に応援の方がいました。
ここはみんなの苦しい顔がよく見えるだろうな…いい場所で見てるな…( ˘ω˘ )
と思いました( ˘ω˘ )


最後…緩むのは予習してたのでアウターに入れます。
4%くらいだったのでそのままダッシュで駆け抜けます。
あのカーブを左に曲がって…

ゴールです!!!

ゼェゼェ……非常に疲れました。
手元計測だと27分台。
春の女子の優勝、ますさんには及ばないタイム…
やっぱりますさんはええぇ〜〜!:((; ‘ᾥ’ ;)):
と震えました:((; ‘ᾥ’ ;)):
前日は、Twitterにてアドバイスや応援ありがとうございました…!m(_ _)m✨



ゴール直後にスタッフの方が手際よく、
計測チップを外してくれます。
「女子で一番ですよ!」
と声をかけて下さいました。
本当に!?嬉しい…!!
あとは第2ウェーブの結果によるけれど…とドキドキしました。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4261.JPG


事前案内通りレジ袋wに入れておいた下山装備を身につけ、安全に下ります。


昔梅の木に登った時は、18%区間は自転車を降りてくだりましたが
集団下山でも先導は非常にゆっくりで、スピードの安全は確保されていたので安心しました。


ふもとまで降りると、
すでにスタート前の朝の冷え込みからはだいぶ暖かくなっていました。
会場まで戻ります。

嬉しい軽食が用意されていました(*´ω`*)
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4265.JPG


しばし談笑しながら待機し、
間もなく結果が出ました。


総合優勝してました!!


人の少ない大会とはいえ、
優勝は優勝です(*´ω`*)

初めての優勝…とても嬉しいです!(T_T)


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4311.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4324.JPG


ここでもお友達がたくさんお写真と動画も撮って下さってとても嬉しかったです。


ぴかいちさんの、とてもかっこよく可愛いご子息さんや
噂には聞いていた最強クライマーちょーろーさんと
お互いに優勝の健闘を讃え合うことができました。

XSeNo1q1KX.jpg


その後は武蔵五日市駅前のキャンバスで
みんなでお昼を食べて、

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4309.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4308.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4312.JPG

みんないつまでも話し続けちゃうから
意識的に解散!

おつかれさまでした(*´ω`*)




さて、初エントリーだった日の出町ヒルクライムミーティングの振り返りです。

平坦を漕ぐのが本当にヘタクソだなと痛感しました。
ゼロ加速もとても弱いので全く集団に乗れませんでした。
残れない、じゃなくて乗れない(T_T)
乗れたとしても残れもしなさそうだけど。

これじゃ話にならないので来年はやはり意識したい部分だなと思いました。
多分だけどあの雰囲気だと瞬間^_^300ワットくらい必要なんじゃないかな?ヒエッ…6倍以上…

梅の木峠はストラバを見ると
後半の区間のタイムが相対的に良くていい感じに走れてる気はするけど
試走はやっぱりしておきたかったなと思いました。

ケイデンスでパワーを保つタイプなので
激坂はしんどかったです。
距離は短いはずなのに白石峠TTの時ほどパワーが出せなかったのが悔やまれます。
前半の単独平坦&緩斜面で脚を使ってしまったのか:(っ`ω´c):



とはいえ、人が少なかったとはいえ、
優勝できたことがとても嬉しいです。

まさか出来るとは本当に思わず
予想外の結果に周りも自分もびっくりです。

今年はたくさんレースにエントリーしたからこそ、
ラッキーでも今回のように結果を手に入れることが出来ました(*´ω`*)
私のようなまだまだどこでも勝てるわけではないヤツは
チャレンジあるのみです:(っ`ω´c):


今年のレースはこれにて全て終了ですが
最後が良い形で終わって良かったです(*´ω`*)


自分に何が足りないか、
何をどうしたいのか。
去年より確実にハッキリ分かっているので冬のローラーも楽しみです。




ご覧下さってありがとうございましたーー!(`・ω・´)

また今年のまとめなどもブログにしますm(_ _)m

おっしまーい!