こんにちはー!みつです。

せっかくの休みなのに雨で自転車に乗れません😑
赤城の試走が出来ない…!来週はお天気回復してくれますように。



さてさて!タイトルの通り、
去る9月2日に群馬県嬬恋村にて

第3回嬬恋キャベツヒルクライムに参加してきましたー!


どんな大会かというと、
万座ハイウェイという有料道路を
約20㎞、ヒルクライムするイベントです。

実は2016年、第1回のキャベツHCに参加したことがありました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1214.JPG
↑第1回の時の写真



その時はまだこじんまりとしていて、
運営と参加者の距離の近いようなアットホームな大会でした。

年々参加者は増えているのかな?
今年は第1回よりも人が多いように感じました。

が、アットホーム感はそのままで
村をあげて工夫を凝らして
サイクリストを歓迎してくれていることが伝わってきます。

また、参加賞が独特で、
特製キャベツサコッシュとキャベツ丸々一玉が頂けます…!

特にキャベツサコッシュは可愛さに振った作りではなくかなりリアルに出来ていて
一部の界隈から人気を集めています(?)


このブログなどで興味を持たれた方、
ぜひ来年参加してみて下さいね〜。
富士ヒルやハルヒルとはまた違った良さがあります、
後述しますがコースプロフィールも全然違いますしね!





今回も普段の遠征と同じで前日入りで前日受付です。
この時はお天気が心配される週末でしたが、
とりあえず前日受付の日は終始曇り。


受付を済ませて、友人たちとも会えてしばし談笑。
私は眠くてちょっと電池切れてました💤

宿に戻るとフェロー男子は少し走るそうで。
私は安定の留守番です〜昼寝します( ˘ω˘ )

今回はなんと女子1人部屋だったので、かなりくつろいでしまいました。
永遠にダラダラしてしまいます…。
9fptG28WKT.jpg


夕飯を食べてお風呂に入ってちゃんと布団を敷いて、
寝る前に動画でコースの復習をします!

何せ2年前の記憶なんて1ミリも残ってません、
有料道路なので参加者全員試走も出来ませんしね。
なので、検索しても他の大会のコースよりヒットも少ないです。


見た動画には撮影者のパワーや心拍に加え
勾配や速度も表示されていたので非常に分かりやすかったです。

分かったことは、

前半の方が8〜9%が多く、後半よりキツイ
2〜3%の緩斜面や平坦、下りがちょくちょく現れる
特に中盤には長い平坦がある
全体的には最大でも10%くらい


ということ!
作戦はもう決定です。


緩斜面と平坦下りは鬼漕ぎする。
以上!これのみ。



乗鞍の時の自分は脚は攣るし後半タレるし全く冴えず、それからわずか一週間。
不安も大きかったのでシンプルイズベストです💪




迎えた翌朝。
雨がしとしと降っている?
とりあえず準備をします。


今回出走のbicyclefellow(バイシクルフェロー)のメンバーは、
わたし
Hらいち
Hじー
Eーぞう
Yに

です!


なんとか雨は止んでて、
スタート位置に並びます。

春、エントリー時の私は
数ヶ月後の自分がローラーをサボって弱体化してると思わなかったので
ウェーブがかなり盛り気味です:((; ‘ᾥ’ ;)):

まさかのフェロー男子と同じウェーブで、
それは流石に実力差がありすぎるので
後方から控えめにスタート。


しょっぱなからきつめのカーブでグイッと登っていきます。
この時点でかなり飛び出す人が多く
できれば誰かの後ろにつきたかったけど合いそうな人がいませんでした。
私にはオーバーペースなのでスルー。

乗鞍の反省と漕ぎ出しの雰囲気から、175W〜180Wをキープ。
斜度が上がっても頑張りすぎないいつものパターンでパワー維持。

緩斜面にはいつでも備えて、
足の感触と道の見た目でギアチェンのタイミングを逃さないように集中しました。
ここだ、と思う所の手前からダンシングから入って勢いをつけて、作戦通り漕ぐ!
フロントの変速もかなりしました。


すると緩斜面&平坦の度に前の人が現れ追い付け、
なかなかいい感じだなと楽しくなってきました。
斜度の変化で平均パワーが下がりやすいコースかなと思いましたが維持できてます。

ラップは給水所や残り5㎞、ラスト2㎞とかのタイミングで切って心の切り替えにしました。

途中で雨がポツポツ。
霧も深くなってきましたがむしろ涼しくて特に気になりません。


さてそろそろゴールなんじゃないか…
と思ったら左手にゴールが見えてきたのでよっしゃーと思って最後の鬼漕ぎをします。
その分の力は残ってました。

ストラバで見るとラストの区間は、
300mと短いですが平均218W。
瞬発力ないマンにしては頑張りました…!_(┐「ε:)_


そして無事ゴール…!
タレずに走れたかな、と直後に思いました!


男子たちがすでにゴールにはおりまして。
なんかヘロヘロじゃん、と言われました。
最後の鬼漕ぎ(当社比)が…脚にキました_(┐「ε:)_


山頂では温かいコーンスープやお饅頭が振舞われます!
これがとってもおいしいのです(*´ω`*)
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4086.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4087.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1216.JPG

しばらくするとYにちゃんもゴールしました。
フラペでですよ…凄い。
しかも下山バッグにシナモン(ぬいぐるみ)(まあまあデカイ)
と自撮り棒ww
さすがや…☺️


みんなでわいわい速報を見てたら、
なんと!!フェローのエースクライマー、
Hじーが3位に入ってる!!!!

激戦の男子で、これは凄すぎないか?!
Hじーは本当に速いので、
いつかはと思ってましたが
その瞬間に立ち会えるなんて…!(T_T)
とても嬉しい!!(*´ω`*)



そしてなんと、
私も3位に入ってましたーーー!!
これには本当にびっくり。

何故かというとスタートリストを事前に見て、
誰さんと誰さんと誰さんがいるから私の入賞はないな…_(┐「ε:)_
と思っていたのです。
天候のせいか?DNSも多く入賞してしまいました…!
嬉しい!




さて、下りはお尻や脚をびちゃびちゃにしながら下ります。さむいー!


会場に着くと表彰式でひじーと壇上に立てました(*´ω`*)(*´ω`*)
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4128.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4129.JPG
シャッター押しまくりです(*´ω`*)
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4130.JPG
↑私とEーぞう氏


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4131.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4132.JPG
写真撮ってくれたみんなありがとう!




天候が怪しい、ということでかなりマキめの表彰式でした。

下山後の会場でもキャベツやトウモロコシがふるまわれ…
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4092.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4093.JPG
トウモロコシ一本分くらい無心でむしゃむしゃ食べました。

帰りは道の駅に寄って、
生姜焼き定食を食べてからわいわいドライブしましたとさ!




今回はNっしーさんやSとこさんがいて、Hじー&Hらいちさんとバチバチしながらレースしたらしく。
どんな模様で決着が着いていったのか
帰りの車の中で楽しく聞きました。
みんな速い!強い:(っ`ω´c):
Eーぞうさんもそこのトレインには乗らなかったものの乗鞍よりかなり良い走りが出来たらしく流石。

Yにちゃんは初のヒルクラレース無事ゴール(フラペ)で何なら女子で速い方。
さすがSRは経験が違うわ…怖い子:(っ`ω´c):

Nせさんは上記男子ーズより頭ひとつもふたつも抜きん出て速い…世界が違いすぎて:(っ`ω´c):お友達も入賞してて凄い…!

毎レースおなじみ100さんと13さんにもお会い出来た〜2人ともいつもシュッとしてて本当に絵になるんや…。
13さん体調不良の中おつかれさまでした(´;ω;`)100さん、レース中の声かけありがとうございました:(っ`ω´c):

ハルヒル以来のA子さんにもお会いできました。2位入賞おめでとうございます!(*´ω`*)✨



などなど、チムメンはもちろん
大体レースにいるお友だちと今回もわいわいできたり
お会いできたりしました〜!
あざっした。




さー今回のレースを振り返ります。

まず、作戦はしっかり遂行できて緩斜面や平坦、下りでパワーを落とさず踏めました。

結果、最初の6.1㎞、次の3.2㎞が平均177W。
長い平坦約2㎞がある、次の3.5㎞で平均181W。
次の4.4㎞で平均177W、
最後の2.0㎞で平均185Wでした!
タレないことにも成功。

コース全体では平均179Wでした。


比べて乗鞍は…
最初の6.6㎞、平均166W、
次の8.3㎞平均155W。
ラスト5.0㎞平均149W…\( ˆoˆ )/

面白いほどにタレている!
高所とはいえびっくり\( ˆoˆ )/
とはいえこうやってストラバで振り返るのは楽しいです、反省になります_(┐「ε:)_


次はこうしよう、ああしてみようとか思いつつ
それらを一度に次で達成することはなかなか出来ないし難しいのですが
チムメンたちと反省したり振り返ったりするのは、
レースを走る事そのものと同じくらい大事で意味があるなーと思います。

一年前まではストラバすらやってなかったのに、
今じゃストラバにデータ残せなきゃ走りたくないくらいになってます…不思議ー!



今回も反省点ももちろんあります。
入賞出来たとはいえ1位や2位の方とはタイム差があります。

終わってみれば、の話ですがあともう平均1〜2Wはいけたんじゃないか、とか。
走ってる時は必死で、やっぱりそれが実力なんですけどね:((; ‘ᾥ’ ;)):

前半のタイムが人と比べると遅いので
人に付いていってもその後に自分のペースも続けられるとまた違うんじゃないか、とか。それは難しいけれど\( ˆoˆ )/





さてさて。長くなりましたー。
お次は赤城です、
試走に行けるといいな!

本日もご覧いただきありがとうございました⊂( ˆoˆ )⊃✨



こんにちはー!
8月最後の日曜日、26日に
長野県乗鞍高原で開催されました、

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

に参加してきましたー!



今年で参加は3回目。
この大会の特徴といえば
なんといってもダイナミックなコース。

標高2000mの森林限界まで登っていきます。
後半に広がる景色は圧巻の一言!
天気が良ければまさに天上、といった
冴え渡る青空の非日常が広がります。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4098.JPG
(お写真は仲間にお借りしています)


そして景色の迫力と合わせたように
コース自体もかなり走りごたえがあり、
なかなかのキツさです。
全長約20㎞、斜度は最高で15〜16%くらいあるかな?
長く続くつづら折りのイン側や
標高が高くなる後半でも落ちないどころか増していく斜度、
加えて変わりやすい山頂の天気、吹き降ろす強風などなど…

様々な要素で楽しめ(苦しめ?)ます!



そんな玄人向けの要素が詰まっているからか歴史が長いからか(今年で33回目!)、
レベルの高い有名選手が全国から集まってきます!

富士ヒルは日本の中心位置で開催されることもあって、
富士山のように裾野広く幅広いレベルの参加者が集まるのに対し、

乗鞍の方がややエンジョイ勢が減る印象。
とはいえもちろん乗鞍もどなたでもご参加出来ますので、
興味を持たれましたら皆さんレッツトライ!✨

景色を楽しんだってタイムを競ったって、
ヒルクライムは自由です。




さて今回bicyclefellow(バイシクルフェロー)では
男子4名女子2名がエントリー。


みんなでハイエースを借りて遠足気分で出発!
25日、レース前日に出発です。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3928.JPG
6人6台入りました〜。



お天気が心配される中到着!
乗鞍は長野県の岐阜寄りなのでとても遠いですね。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4099.JPG
受付をします。
前日はどんより曇り空、時折雨がパラパラ(´-ω-`)


着くやいなや友人にたくさん会えました。

お互い、明日の健闘を祈り合います(*´ω`*)



宿泊は毎年お世話になっているペンションへ。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3944.JPG
ご飯が絶品なのです…!!!!




翌朝早いので準備をしてサクッと就寝。

起きて、5時前に朝食を取ります💤



女子のスタートはチャンピオンクラスのすぐ後なので早いです。

私とRのすけは荷物を預けてそのままスタートまで待機。
男子は1人がまとめて車で荷物を預けて
まだペンションで準備や仮眠をするそう。


スタートの時が近づきます。


私はハルヒル富士ヒル299の後は特に目標を見つけられておらず、
ぼんやりとただ過ごしてしまっていました。
ローラーはかなりサボっていました。

今回の乗鞍は具体的な取り組みはなしにいざスタートです。
90分は多分切れるかな?25分くらいはいけるだろうか?
あとは前日にEーぞうさんと少しコースについて話して決めた、
後半まで温存作戦で行くことにしました。


Rのすけは一年前の乗鞍が初レースで
去年も2人で同じ部屋に泊まって
2人で並んで出走しました。
ツラかったと言いながらも笑顔でゴールしてきたのを覚えてます。

あれから一年、かなりローラーに乗り込んで
自走で山に行きまくってるRのすけを知ってるので
本人はかなり緊張してたけど全然大丈夫だろうなと思って何の心配もしてませんでしたw‪( و 'ω' )و‬




さぁーそんなこんなでついにスタートです!


スタートしたのですが、左のクリートがうまくハマらない(T_T)
少し走るまで何度か外れてしまい集中力を欠きました。


最初は黙々とといい感じに登って行きました。
終盤ワットは高所ゆえ落ちるので、
それを見越して出しすぎないようにします。170ワットくらい。


三本滝過ぎくらいまではいいペースを刻め快調でした。

が、中盤で右脚のふくらはぎに違和感を感じ始めます。
なんか攣りそうかも…。

自転車に乗り始めて
ライド中やレース中に脚が攣ったことはないのでまさか?と驚きました。


とりあえずガッと出力を上げることはないように、
攣りそうな脚にとどめを刺さないように
淡々と回します。
そうしてるとレースそのものに集中出来なくなってきて
疲れ始めてしまいました。


そしてある時、

右足の小指がわずかに外に開いた時、
ピキッッッ!!………と、
ついにきてしまいました。

これは痛い…!\( ˆoˆ )/オワタ
でもこの時はまだ、本格的な攣りじゃありませんでした。

痛いけどなんとかペダルを回せます
(T_T)

この時どの辺だったかあまり覚えてないですが位ヶ原よりは手前でした。


だましだましのペダリングと高所と疲れとサボってきたツケの役満で
出力はすでに非常に下がっています。
150ワット前後…激タレです(´-ω-`)
ちょっとした路面の凹凸もストレスに感じ集中力がありません。

前に見えていた選手もカーブを越える度に
その姿が徐々に小さくなっていきました。


ゴールに近付き風も半端なかったです、非常に苦しめられました:(っ`ω´c):

残り5㎞から距離がなかなか減らなかったですがそれでもいよいよゴールが見えてきました。

ここで頑張らなくてどうする、と最後力を振り絞ったら
さっきの比じゃないくらい強ーーー烈に脚が攣りました。超!痛い!!(T_T)

たぶん距離にしたら100mくらいだったと思うのですが、
1秒でも早く止まりたい気持ちをなんとか抑えて気合いで耐えてゴールしました。

ゴール…!


普通だったらそのままスイーッと進むのですが
もう一ミリも漕げなかったので力無く停車します。

クリートを外そうと脚をひねったら、
超痛いむり〜〜〜って悶絶しました\( ˆoˆ )/

痛みが収まるまで自転車にまたがったまま
ひたすらその場で耐え忍びました:(っ`ω´c):


はあ、微妙なヒルクライムをしてしまった…とガーミンを確認すると、
いけるかなと思った90分もギリギリ切れてるかな?というところ。

温存しようとして走り始めたのに
結局サボってきた身体にはそれは温存ペースではなく
最後はタレてしまいました、脚攣りのオマケ付きで(T_T)
反省がたくさんです。



でも、良いこともたくさんありました、
ゴール後の山頂ではたくさんの方と挨拶を交わせました。

また、荷物がバスの中からなかなか見つけられず、
もう全部下ろそうということになった時
たくさんの方が手伝って下さいました。

ありがとうございました!(*´ω`*)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4102.JPG


準備を終え、Rのすけと合流し下山します。

Rのすけはいつも下山の時、
どのレースでもスタッフに対する挨拶や
まだ登ってる選手への応援を欠かさないのです。
私もそれに習って声を出しながら下りました。
とても清々しい気持ちになりました(*´ω`*)



メイン会場まで降りてきて、
腹ごしらえをしながら完走証をもらったりなんだりします。

すると私のチャリがろーたすの破天荒王子にパクられていたw
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3948.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3950.JPG



完走証だと正式記録は88分台でした。
密かに目標にしていた20位以内には届かず、25位でした。
上位の選手の皆さん、
皆有名な強豪選手でレベルが違います。
自分はまだまだちっぽけだなあ(;´д`)



その後、新聞社の取材などを受けました。
チームジャージでいると目立つようで以前も乗鞍やハルヒルで受けたことがあります。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3957.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4032.JPG



しばらくしてチーム全員合流。
皆いい感じに走れたようです。


お腹が減ったのでお昼へ。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3959.JPG

その後男子はなんとおかわりヒルクライムと称し再び乗鞍に上がっていきました()

ようやるわ〜と思いつつ私はもちろん宿へ!

のんびり過ごしました( ˘ω˘ )




その日もまだ関東へは帰らず宿に泊まり、
毎年恒例ジェンガをして、
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4040.JPG



次の日は御嶽山を登りました(*´ω`*)

道中の峠を車で移動した際
私は乗り物酔いで死にました\( ˆoˆ )/


御嶽山は全員まったり登りますԅ( ˘ω˘ ԅ)
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4100.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4101.JPG


さて登って降りましたら拠点に戻るのですが、

この時なぜかろーたす朝練ばりの高速巡航が始まり
いい感じに高強度でした\( ˆoˆ )/

最初、先頭Hいちさん。

次、先頭Hじーになって
Hじー優しいから女子いるしペース落ちるかな?と思ったら
むしろ上がったww( ゚д゚)ハッ!


パンチがきいてて楽しい15㎞でした:(っ`ω´c):



拠点の道の駅に戻り、ライド終了!

積み込んで着替えて関東に帰ります!(*´ω`*)
おつかれさまでしたーーー!


3回目の乗鞍良かった点
◎2日間とても楽しく過ごせた
◎変わりやすい乗鞍の天気が今年ももった
◎目標には届かないながらも自己ベストは更新できた
◎友人にたくさん出会えた
◎ジェンガがとても楽しかった\( ˆoˆ )/

反省点
◎トレーニング不足
◎↑は、体力もだし自信もなくなる
◎日頃のライド後のケア不足



脚攣りの対策は今まで考えたことはなかったですが
ケア含め考える必要がありそうです。


乗鞍の一週間後はもう次のレース、
嬬恋キャベツヒルクライムです…!


これを書いてる時点で、昨日走り終えてきましたが\( ˆoˆ )/

一週間しかないので、付け焼き刃で焦って何かするより
いっそのんびり過ごそうと思います。
実際過ごしました!\( ˆoˆ )/

また次回のブログ、キャベツ編
楽しみにして頂けると幸いです。



最後に!
乗鞍往復をずっと運転してくれた
フェローのRじさん、お久しぶりでした〜ありがとうございました!

あと、毎年この時しか会えないけど長野のNくん。
たくさんサポートしてくれて本当にありがとうm(_ _)m
マッサージで教わったことたくさん生かしますね(*´ω`*)



ではではー!
ご覧いただきありがとうございました!⊂( ˆoˆ )⊃





こんにちはー!⊂( ˆoˆ )⊃

8月11日、山の日は大好きな山へは行かず
初めての筑波8耐に参戦してきました!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3881.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3882.JPG
↑ピットクルーのEーぞうさんがブログ素材をたくさん撮ってくれました。感謝!



春先に東京エンデューロに出て、
女子チームでエンジョイ勢でもとても楽しくやりがいがあったこと。

そして毎年参戦しているろーたすマスターのTさんにもお誘い頂き、
参加の指南を色々と頂けたこと。

などなどが、今回の参加のきっかけとなりました!


勝手の分からない私たちに準備のことや
走り方など色々教えて頂きありがとうございましたm(_ _)m


というわけで、
bicyclefellow(バイシクルフェロー)の
OMチーム(オンリーメン)と
OLチーム(オンリーレディ)で
爆走してきましたーー!

他にも年代別や男女混合などたくさんのクラス分けがあり、
その様々なクラスで出走のクラブろーたすの皆さま(大所帯!)とご一緒に
大いに楽しむことが出来ましたm(_ _)m




さて、
前日なのに準備にバタつく私たち。
私もとりあえず椅子をホムセンで調達しました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3772.JPG
↑ママチャリで持って帰りました。
他にも屋根になるテントと
荷物運搬用の大きなカートがあると良さげなので
今後も参加するならチームで揃えたいところです。




当日!現地に到着。
とりあえずRのすけと踊る
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3890.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3901.JPG


なんやかんやの準備をしてから試走〜。
彩湖のエンデューロだと彩湖分かるし試走めんどいからいいやーってなりがちですが
今回はしときます。しときたい:(っ`ω´c):


試走でエンデューロの女王、mioさんに色々教えていただく。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3892.JPG
この日mioさんと走れたのは自分にとって本当に収穫でした。
コーナーのコツなどなど沢山聞けてとても良かったです。

走行ラインが僅かに違うだけで
コーナー終了後の距離が全然違う。
詰めようとして力を使ってしまう…
考えれば当たり前なんですけど実感として学べました。

あと後ろに縮こまってると言われて確かに!と思いました。
ビビり根性プラス、普段カーブの時ってダウンヒルが多いので
無意識に重心を後ろにしてしまってるのかも。
色々なことに気が付けました。




そんなこんなでいざスタート!
緊張のスターターはRのすけが担ってくれることに!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3885.JPG
いつ見ても力強い&楽しそう☺️

2走目は私!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3900.JPG
知らない人に頑張ってついていきます。


この後Mさん、Kのちゃん、Nおさん、Nこさんと続きます。

今回はbicyclefellowプラス、
助っ人をお願いしてNおさんとNこさんにご参加頂きました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3913.JPG
お二人ともクールなお揃いコーデが素敵でした。

しかもストラバ見た感じ、
我がチームで一番ラップ速かったのは
Nこさんの3分6秒かな?すごい!!:(っ`ω´c):


Kのちゃんは安定の覆面フェロー😎
毎ピット、タグを付け替えてくれてありがとう!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3914.JPG



何回目かの出走でいいトレインが来ないな、と思っていたら
mioさんがピットからコースイン。

後ろに付いて、とサインを頂いて付かせてもらうことにm(_ _)m

ここまでも色んな人に付きましたが
mioさんは速いのはもちろん、なんというか全てにおいて滑らか。
走り方曲がり方、他の走行者のパスの仕方、
全てが滑らかに繋がっている感じ。

一周終えると女子トレインを見た他の参加者が
サインを出してさらに前を引いてくれました。

ここでスピードが上がって私は少し苦しい。
カーブで全体的に少し列が伸びると
空いたところにポツポツと他の方も混ざり始め
私は後ろに追いやられあっという間に千切れてしまいました。

いやーーでもとても良い経験になったなと満足してピットに帰る。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3927.JPG
mioさん本当にありがとうございました!!





周回が増すにつれてどんどん陽も高くなってきて、我々の体力を奪います。
途中、12時を回った頃にまだあと半分以上あるのかーーーと思ってしまいました\( ˆoˆ )/
真夏の8時間は予想以上に長かったです。

自ターンを終えてベースに戻ってくるみんなも汗ダラダラでかなりお疲れ気味、暑さで消耗しています。


そんな時に非常に体力回復に効果的だった補給があります。それは、

ミネラル麦茶アンドピザポテト\( ˆoˆ )/

ミネラル麦茶は毎日おいしい上に夏バテに効果的なので言わずもがな、
ピザポテトの塩分がかなり効き、
非常ーーーに生き返りました。

ポテチの薄さ&軽さで食べやすく
するする塩分が補給されていきます。
本当に感動しました!

他には、Eーぞうさんはチータラを気に入っていたご様子。

ろーたすマスターTさんお手製の蜂蜜梅もかなり美味しくて
これ1人でも食べ切れるヤツだと思ってました\( ˆoˆ )/


などなど…皆やはり塩分を欲していました。
本当に暑かったのでゼリー飲料や
上記の手軽な塩分が補給に重宝されました。



スタートから4時間を過ぎると、
4時間耐久の選手たちがゴールとなり
サーキット内はぐんと人が減りました。

大きな集団は2つ、どちらも速いです。
これらには乗れ…ないか…な?:(っ`ω´c):

小さなトレインを乗り継いで周回することにしました。

途中、紳士な方に後ろに付いて!とサインを頂いたのですが
立ち上がって下りからの高速でカーブ突入という最も苦手なシチュエーションだったため全く付けませんでした(T_T)
弱さに涙(T_T)(T_T)


そうこうしてると雨が降ってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3774.JPG
終盤で雨だなんてドラマチック〜⊂( ˆoˆ )⊃
なのはいいんですけど落車がめちゃくちゃ怖いです:(っ`ω´c):


私はアンカーの1つ前を走りました。
16時半のピットクローズまで、なるべくギリギリまで走りました。

そしてアンカーMさん…!
大役を担ってくれてありがとう!m(_ _)m


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3917.JPG
めちゃくちゃ雨降ってましたが、
みんなで濡れながら応援しました。
がんばれー!


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3877.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3876.JPG


雨なんて少しも気にせず爆走するアンカーのみなさんは
言葉に出来ないほど格好良い。
最高でした。

この時目で見たもの、
その場の熱気、臨場感はなかなか得られるものではないな、と素直に感動しました。



ただ、見てる私たちはいつがゴールなのかいまいちよく分からなくて実況頼みw

走ってた仲間たちも実はあまりよく分かってなかったらしく
すったもんだがあったみたいですw\( ˆoˆ )/


けど、心が震える走りをたくさん見させてもらいました。
本当に本当に震えました!


そして長かった8時間…
ついにゴーーール!



我がチームのMさんもラストの長い時間
ずっと力強く走ってくれました!
ありがとうおかえり!(T_T)

男性と協調してるのかな?と思いきや、
あとで本人に聞いた話だと
交代で引いてくれるわけでもない人が
なんとなく後ろにいただけらしいw\( ˆoˆ )/
Mさんのほうが強い:(っ`ω´c):



そんなこんなで全選手のみなさん
おつかれさまでしたーーー!


これで終わりかと思いきや
アンカーの選手たちはまだ帰って来ず、
なにやらフィナーレのパレードランがあるみたいです。
雨はすっかりあがりました☺️

これで盛り上げて下さいとうちわを渡される。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3780.JPG
しかしこの時流れていたBGMがサラブライトマン:(っ`ω´c):ノリづらい:(っ`ω´c):



しばらくして…きたきたー!
アンカーの選手たちが帰ってきました☺️!

これ、動画のとおりなんですけど
いきなり火花とか上がってかなりびっくりしました!
派手めの演出でした😎



感動のゴールから
おかえりフィナーレを経て、

これにて本編終了!!
です!




さて長かった一日ですが解散へ向けてお片付けタイム。
片付けをしながら気になるのはリザルト…。

実は朝に受付をしてパンフレットを確認して、
OLチームは2チームしかエントリーしていないことにスタート前からずっと気付いていたのです。

これは優勝ワンチャンあるで…!


と思いながらみんなで頑張っていたのです。

結果は…


無事、優勝!!\( ˆoˆ )/
やりましたーーー!

2位とは25周差をつけました\( ˆoˆ )/
距離にして50㎞…
みんな山仕様の自転車でよく頑張りました(T_T)


片付けをパパッと終えて
表彰式へ!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3918.JPG
みんなで掴んだ優勝です…!
2チームしかいなかったけど優勝は優勝です\( ˆoˆ )/


そしてなんとバイシクルフェロー男子も入賞してましたーーー!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3920.JPG
OMの7位だそうで。
激戦の中すごいなあ!こっちもみんなチャリ山仕様なのに:(っ`ω´c):


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3787.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3909.JPG
スパークリングワインは次の日の打ち上げinろーたすへ持って行きました。


ろーたすチームもたくさんたくさん入賞しててワインの数が偉いことに!

蓮田支援隊の皆様もお疲れさまでした!!
みんなで集合写真〜
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3923.JPG




大満足で帰路につく。
フェローみんなでステーキガスト行って解散!





今回は普段のヒルクライムとは違うレースに
バイシクルフェローとしてみんなで参加できてとても楽しかったです!

8耐良かった点
◎自分の課題が具体的に見えた
◎チーム戦って良いもんだなとひたすら感動した
◎フェローやろーたすの参加者全員の満足度が高かった(ように見えた)
◎申し込みや受付の方法の細かさ、最低交代数が決められていることから運営の安全意識が高いと感じた


8耐反省点その他
◎スプロケくらいは変えて挑んでも良かったかもしれない
◎ずっと出番ではないとはいえ予想以上に体力を奪われた
◎準備をもっと事前にじっくり進めれば良かった
◎もっとゼリー類を持ち込んでも良かった


などなど!
私たちは最低交代数よりも余裕を持って、各々安全第一にマイペースに走りました。
勝ちにこだわるならそこは改善点だけど、
真夏の無茶は本当に危ないのでマイペースがベストだったと心から思います☺️



こんなにやりがいがあるならまた出たくなってしまいます。
平地も鍛えなければ、とまた刺激になったのでした。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3911.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3910.JPG


平地仕様の装備も欲しくなっちゃうなー!
ではでは!
ご参加の皆様お疲れ様でした。
ご覧いただきありがとうございましたー!


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3799.JPG

お  わ  り







↑このページのトップへ