こんにちは!みつぱわーです💪


5月19日に、群馬県の榛名山で行われました第7回榛名山ヒルクライム。

通称、みんな大好きハルヒル( `・ω・´)

に、参加してきましたーーー!
そして結果から言うと年代別で2位で表彰台に登ることができました(T_T)

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5121.JPG


去年、私に初めて「結果」というものをくれたハルヒル。

間違いなくあの日からチャリンコ人生が変わりました。

なんとか2位を死守出来てホッ👻
ちなみに1位の、伝説のG選手は今年も別格タイム…!
またお話出来て嬉しかったなあ😍


タイムも更新…!去年は54分台後半でした。来年は50分切るぞ。
見てて下さいね。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5117.JPG

そして今回はなんといっても…!
一緒に練習してきた友人のかえんさんが3位で入賞しました(T_T)✨✨
努力は裏切らないとみんなが感動しました。
本当におめでとうーーーーヽ(*´∀`)ノ✨💐




さささ、こんな感じで良く終われましためでたしめでたしなのですが、

実はここに至るまでは全くモチベーションが上がらず
直前までハルヒルはもう出たくない、と周りに繰り返し弱音を吐いてました。
それまでは毎日乗っていったローラーも、暖かくなった頃には回数が激減していました。


理由その1、試走でタイムが全く出なかった

爆風の日や実業団レースの次の日に試走をしたから…と自分に言い訳を作りまくりましたが良くて去年と同じ57〜58分くらいで今年はタイムは望めない…私がしてきた事って一体なんだったんだろう。と簡単に闇堕ちしました。白石峠のタイムも秋より落ちてメンタルが呼吸をやめました()



理由その2、レースが続いて気持ちが疲れた

自分で選んでしてきた事なんですけど元々クソなまけ人間なので少し疲れてしまいました(数も別に多くないのに)。レースに出続けてる人って凄いなあ。



こんな感じで調子が出ず、気持ちが落ち込み、調子を落としていくという魔のスパイラルに入りました。

時間が出来てもローラーに乗らずに寝ていることが多かったです。

ハルヒルは去年私にたくさんのものをくれた大会だったので良い思い出のままいてほしい…という気持ちが強く、
ならいっそ今年はもう出たくないと本気で思っていました。




けど本番1週間前から徐々に明るい気持ちになってきました。
投げやりになって頑張らないより頑張った方がいいに決まってる、と思えるようになりました。(当たり前ですが)
人間は何事も頑張っている姿がカッコいいのです。



さて、そこで今から練習の時間はもうないので作戦を練りに練りました。
ローラーは一応、1時間未満のインターバル練を月火水とこなして身体に刺激を入れはしました。


試走のタイムを元に本番のタイムスケジュールを作ります。

ハルヒルのコースを各ゴールことに3つに分けて目標タイムを練ります。
今の感じだといいとこ52分台だろうと予想。
そこに着地するとして…各方面から考えて考えて考えたのがこちら
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5124.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5122.PNG
結果、この予想がどんぴしゃで少しだけ余裕があって51分台でした。


実は金曜日から一人で高崎入りしていて、最後の試走をしていました。
タイムは全然でしたが。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5090.JPG

東横インのロビーで一人、PC版ストラバとにらめっこしながら練った計画です。


タイムはこれを目標にして、走り方としてはとにかくとにかく序盤を頑張る。

試走と去年の本番とで一番タイムに開きがあるのが初心者ゴールまでだったので、序盤はかなり上げていくことに決めました。
それをやっても脚質的に多分大きくはタレないだろうと予想。
中盤も淡々と刻みながらも出来れば頑張って、最後はKIAI🔥



土曜は仲間と合流してフルレスト。

そして日曜早朝本番…!
今回は3000番台スタートです。

スタート直前までわれらアベンジャーズ…アベケンとうめちゃんと下らない話をする。
緊張が少し和らぎます。


そしていざスタート!
ああ〜もうやるしかない、という気持ちになりました。



ウェーブの速さはどうでしょうか…心配しましたが
脚に合ってていい感じです。


最初とにかく頑張ると決めたので多少のインターバルは許容して、
人の壁をなるべく作りながら走ります。
許容の範囲としてはステージス計測で、230〜240Wくらいはビビらないで瞬間的に上げていきます。(片足ステージスは高めに出ます)

結構息がつらい。けど、最後までは持つ感じのやつです多分。この後足も息も馴染んでくる感覚が来るはず。

初心者ゴールまで17分34秒。

すぐに下りが始まるのでぶん回します。
下りのQOM獲れました🤣✨
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5123.PNG
榛名は、他のセグメントは8〜10位くらいだけど平地と下りセクションはなぜか成績良いです。普段なら苦手なところなのに😲


さて中盤戦。ここも試走では大して速くないので頑張って回していきます。
初心者ゴールまででもうパワー結構出したなと思ったけど頑張って維持していきます。

中だるみしないでペダルに体重を乗せる。肩の力抜いてケイデンスを意識する。

途中の平地と下りで絶対にパワーを落とさない!長いところはアウターで、足と相談だけど短ければインナーのままケイデンスで対応。

周りにもペースの落ち着いた3000番台の人がたくさんいるからペースを合わせたり後ろに着いたり…
を、もっと積極的にやっても良かったかなと終わった今は思います。
声かけて、回しましょう!とか。
斜度が高まってくる区間だけどやるかやらないかでタイムが変わってくるはず。


びくやまで30分台後半…おお、計画通りのいい感じだと思いました。


ツライところではフォームを意識するとまた落ち着いて回せるようになりました。
膝下で踏まない、身体全体を使うイメージ…。
榛名が終わって一番筋肉痛だったのは腹筋でした。こんなむっちりしてる私、腹筋あるのか?て感じなのですが。


神社までで35分台後半、中盤戦単体だと18分17秒。



ここまで計画通り来てるので後は榛名湖まで気合いです。

最後の激坂が本当に苦手で、ケイデンスがすごく下がります。
ギアはコンパクトの30tです。ずっと使ってるレーコンのロークロスです。
去年はデュラではそこまで感じなかったのですが今年履いてるレーゼロカーボンが、本当に脚にキます。
榛名の前半ではいいけどぶっちゃけ後半では私の脚力に合ってないと思います。
楕円クランクなのでケイデンスが下がってしまうとうま味減少でつらいところです。

とはいえ本番なのでキツイところは避けてアウトからぐるっと登ったりなんだり出来たので良かったです。
あとは本当に気合い!!

緩むところでは脚を回して気合いで漕ぎます。維持って感じでラストスパートはあまり上手く出来ませんでした。

33番目のカーブを曲がって……


ゴーーール!ゴールです(T_T)

ゴールをくぐって計測された音が、ピッと小さく聞えます。
神社からゴールまでで15分46秒。


手元では52分ジャスト…どんぴしゃ計画通りだと思いました。
最後まで大きくはタレずに走りきることが出来て、
今出来ることはやったかなと思いました…闇堕ちしないでずっとトレーニングしてればもう少し速かったと思いますが、これがありのままです。試走よりだいぶ追い込めました。


表彰台乗れるといいな…と思いながら下山の準備をしました。
山頂は小雨がパラついています、珍しく寒いハルヒルとなりました。



そして落ち着いてから年代別で2位だと確認してめちゃくちゃ驚き、喜びました。






今年、これまでに走った修善寺と群馬CSCはロードレースでしたし、日の出ステージもロードレース感強いので長い山のレースは久々でした。それでも榛名は短くパンチャー向けな方ですが。

やはり山は、走り方が分かるので落ち着きます。上記3つのレースは、どれも置いてけぼりのぼっち走行だったので寂しかったですw(T_T)


走り終わって、榛名はやっぱり面白いコースだなと思いました。
コースの起伏に反比例して速度帯もケイデンスも目まぐるしく変わっていく。
初心者コースはケイデンス平均90、MAX117、中盤戦平均85に対して激坂の後半は平均75でMAX113。
緩めば回せるのにギアが足りてなかったです。あるいは、レーゼロに踏み負けました。
ここらへん確かめたいので同じく激坂の今度の成木は試しにデュラで出てみます…どうなるかなあ。
成木は、気楽に臨もうと思いますԅ( ˘ω˘ ԅ)



あと、モチベが落ちた原因としてはっきりとした目標が今年はない、というのもあります。
去年はハルヒルで1時間切って富士ヒルでブロンズを取るぞ!💪と燃えていました。
今更だけど今年も何か分かりやすく強い目標が欲しいなあと思います。
何かのために、頑張っていたいです。


長くなりましたがご覧頂きありがとうございます!
最後に、本番で初心者コース走行中に
いつもブログ見てます!
と応援してくれた黄色いジャージの御方。
とっっっっても元気が出ました、ありがとうございましたーーーーー!!
一体あなたは誰なんだ…神様かな(∩^o^)⊃━━☆゚.*・。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5120.JPG

終わった後のアイス、おいしかったです。






こんばんは!みつぱわーです。

実業団レースを始めたっていうけど
今までのホビーレースとは何が違うの?

今回はそんなお話です。
私自身も今まで自転車に乗っていたのに知らないことがたくさんありました。





まずはホビーレース!

私が今まで出てたホビーレースは地域主催や何かしらの団体主催です。

市民レースのエントリーサイトからエントリーします。
スポーツエントリーやランネットというサイトからエントリーする事が多いです。

個人単位から気軽にエントリー出来るレースやイベントで、
表彰はありますがレベル感から楽しみ方まで個人の自由。
多くは参加記念品が貰えたりでお祭りみたいな1回完結イベントです。

町おこしの色も強く、地域の方が歓迎してくれたり地域で使えるクーポンが貰えたりもあります。

ヒルクライムで有名なのは富士ヒル、ハルヒル(榛名山)、赤城山ヒルクライムなどです。
ヒルクライム以外だと大磯クリテリウム、袖ヶ浦エンデューロなどなど。




それに対して実業団レース。

実業団レースは、まず選手としての登録が必要です。
新規登録出来る期間も決まっていて、今から走りたい人もまた来期の登録になってしまうのかな?(曖昧)

すでに実業団として活動しているチームに入ってから個人登録するか、チームから起こす事も出来ます。
登録自体はスマホでポチポチッと出来ます。
分からない事だらけでしたがみおさんに教えてもらい、私でも簡単に出来ました!

JCFとJBCFという二つの団体に登録することになります。


無事に登録出来たらレースにエントリーして出走できます。
(JBCFから年間スケジュールが発表されています)
レースはロードレース、クリテ、ヒルクライムなどなど。ヒルクライムは少ないです(´・ω・`)
先日の修善寺はロードレースです。


ここで注意なのが個人の登録とは別に
アテンダントライセンスという物があり、各チームに最低1人、これを所持している人がレースにいて下さいというルールがあります。

他にも、チームは必ず同一のジャージを着ること、車体の重さは6.8kg以上、などなど
ホビーレースにはない細かいルールがあったりします。

けど、こんなことが決められているの⁈
という突飛なものはありませんでしたので構える必要はありませんԅ( ˘ω˘ ԅ)



レース当日。

ホビーレースは、ヒルクライムの場合は宿泊して前日受付が多いです。
エンデューロなどは当日早朝入り。
荷物を預けたり受付をしたりして並び、出走。
ゴール後もお祭り感が強く表彰式はもちろん抽選会がある場合も珍しくないです。


実業団レースは受付や車検がシンプルでさっさと終わりました。
出走選手自体がホビーレースに比べて少ない事もありますが。特に女子は非常に少ないです。

私は今回の修善寺は当日入り当日出走即帰宅という一日完結レースでした。
実業団レースでも土日2日間出走の選手は宿泊したりなどチーム内でも個人の予定によってスケジュールを組み立てることが出来ます。



そしてレース中!
ホビーレースはお祭りさながらスタート地点のBGMやスタートの掛け声などなど大盛り上がりです。
ヒルクライムの場合ですが
道中では静かになりつつも地域の方の声援が受けられたりします。
富士ヒルやハルヒルは太鼓の応援があったり!
ゴール後も水やお菓子を貰えたり、人数が多いのでわいわいがやがや。
機材トラブルはしょうがないですが諦めなければ大体完走できます。



対して実業団レース。
スタート前。え…これしかいないの?てくらい、女子の出走が少なかったです。
修善寺は25名、それでも多い方だったそうです。

淡々としたレースなんだろうなと思いきや、意外とBGMや実況でレース感がありました。
ホビーレースが楽しみ方参加の仕方が個人によって様々なのに比べ、
レースをしに来ている人たちばかりなので皆速い!速ーい!😂
トップとのタイム差で足切りされてしまいます。




レース後、
実業団レースは成績に応じてポイントが貯まっていって昇格できたりします。
ホビーレースもシリーズ戦だとポイントがあるレースもありますね。




などなど!
簡単ですがこんな違いがありました。
あ、あと実業団レースは車体に付けるゼッケンがプレートなので
取り付けられる台座を用意しました。



とはいえ、実業団レースに参加するのにこのくらい速くなきゃいけないとか、
そういった決まりは一切ありません。
ので、実業団で走ってるというそれだけで速いとか凄いとかじゃないんです🙇‍♀️
(もちろん嘘みたいに速い人がたっっくさんいるのは本当ですが🤣笑)
私の場合はたまたま縁がありチームに参加させて頂いてるだけで。
登録だけしててレースに出てない人もたくさんいると思います。
経験でも結果でも、自分が何を得てくるか、何を勉強してくるかが一番大事だと思ってるのでこれからも頑張りたいと思います。
なにかのきっかけで実業団に興味を持たれた方も、
どんどんじゃんじゃん参加してみてほしいなと思います!!

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4825.JPG


読んで頂きありがとうございました!



こんばんは!みつぱわーです。


昨日、実業団として初めて修善寺CSCのレースを走ってきました。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4814.JPG
年末年始に、今まで平地練や山練、テクニック練をご一緒してきたミオさんにお誘い頂き
実業団に登録する事となりました。

チームはLINK VISION GIRASOLE cycling(リンクビジョンジラソーレサイクリング)です。
よろしくお願いします✨( `・ω・´)
ホビーレースはいつものフェロー(チームbicyclefellow)で走ります( `・ω・´)



レースレポです。
当日まで風邪でくたばっていました_(┐「ε:)_
本当は水曜か木曜くらいまでしっかりローラーに乗ってそこからしっかり休む、
という計画だったのですが
その週は軽く回す程度も出来ずほとんど休んでいました。

友人たちに励まされながら、仕事以外は食べて寝て過ごしましたが不安が募りますԅ( ˘ω˘ ԅ)




当日!
準備をして、試走に間に合うよう4時出発。伊豆へ向かいます。
朝は道路も空いていてサクサク到着…
かと思いきや、最後に伊豆スカイラインに苦しめられました。
ものすごく乗り物に弱いのですが
前日薬局で「風邪薬と併用できる酔い止めはない」
と言われてしまい泣く泣く酔い止めを諦める事に(´;ω;`)
スカイラインめちゃくちゃ気持ち悪いです…!
ここでもくたばる_(┐「ε:)_


くたばりながらも初めての伊豆修善寺CSCになんとか到着!

こんなに山の上にあるんだ…聞いてた通り寒い❄️と思いました。


試走は朝の7時45分から。
準備をして出発です。久々の自転車!
足、骨盤周りの疲れは凄く抜けてました。

パワーは思ったよりいつも通り出るのでとりあえずはホッ。
登りよりも下りが不安だったのでチェックします。
初めて走ってみて、本当に登りと下りしかないコースなんだなと思いました。
今回は右回りです!
2周して試走終了。

そこからFのレースは15時近くのスタートなので、
他クラスタのレースを観戦したりお昼を食べたりしてまったり過ごしました。
けどずっと、心が落ち着かない₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾


近づくスタート…!
ぼちぼち準備をしたりローラーに乗ったりします。
風が冷たく迷ったけれど
服装は気合の半袖短パンにしました。


車検をして、出走サインをして、
スタートに並びます。
すごく緊張します…!!😭
消えてなくなりたいとずっと思ってました
😭周りのみなさんがとても速そうに見えます。

今回Fはエントリー28名。出走25名。

私の目標は完走です。
5㎞のコースを最大で8周回、40㎞走ります。

トップとの差5分〜6分半ほどで足切りになるとのこと。頑張るしかない!
緊張でうだうだしてたら今だったのかみたいなタイミングでスタートし
クリートがなかなかハマりません😱アワアワアワアワ


なんとかはめて最初の坂。まだ集団でローリング中です。
本スタートまでどんな感じなんだろう?
集団で下り怖いなあ。
何こいつ、と思われないようにこの輪というか雰囲気というか秩序を乱さないようにちゃんと走らなきゃ…。
とかめちゃ色んなこと考えて一人でアワアワしてました。


そして先導車がGO!みたいなサインを出して本スタート!
周回コース残り2キロ地点です。

集団がペースアップします。
私は、この選手につこうと思っていた方がいたのでその方の近くにいられるようにスススーと調整。

ホームストレートに戻る登り、
ここがめちゃキツいんですけどみんなが速いのでサイコンを見ないで多少無理します。

監督がタイム差を教えてくれることになっていたので声を聞きます。
「みつさん、いい感じ!」
監督はいつも口調が優しいので、レースでもとても励まされました。

2周回目。前の方は見えるけどじわじわ離れていきます。
2周回目以降、つきたかった選手とトップからこぼれた選手と抜きつ抜かれつします。

つきたかった選手は段々落ちてきて、かつ脚が合いそうな選手がいなかったので個人走に切り替えていきます。

面白いことに?登りで抜いた選手に下りや登り返しで抜き返されます。

周回後半の登りで余裕をもって抜けても、
ホームまでの下りからの登り返しで差がつまり、
ホームストレートからの登りからの長い下り(周回前半の下り)の途中で必ず抜かれてしまいます。そしてまた後半の登りでは普通に追いついてこちらが前に。


それを2〜3周くらい繰り返して
さてどうしたら差がつけられるのかと考えました。
どうせ抜かれるから、ホームストレートから思い切って後ろについてみよう。
脚が休まって登りでさらなる差がつけられるかな?と考えてみました。

ホームの緩斜面と登りのペースは正直ゆるいけど少しだけ我慢。
すると後ろについた下りで今回最大の収穫が!!!

なるほど、アウトインアウトってこういうことだったのか!!!と衝撃的に学びました。
私が今までやっていたのはなんちゃってアウトインアウトって感じで、
上手な人はもっと物凄いメリハリの利いたアウトインアウトを実践していました。

あと、ここの登り返しがめちゃくちゃハイパワーで速いんだなっというポイントが分かりました。
ライン取りと登り返しの勢い。
この二点で追いつかれていたわけだーと。
目から鱗が落ちまくりました。



後ろにつけば同じペースで下れました。
ここ最近、下りもちょっとずつ上達していたので嬉しいです。カーブのコツが分かってきました。



コース後半、学んだことを胸に登りで前に出ます。


そして、追いついてこないでー!と念を込めながらホームまで覚えたてのアウトインアウトで下ります、そして登り返し。
ここの区間はめちゃくちゃ風を感じるので下りでも踏みながら頭をめちゃ下げます。

ホームまで登り切って、さっきまでより気配が薄いと思いながらまた次の周回に入ります。
下りのコース前半…やってやるーと思いながらさっき見たように今度は自分で下ります。
登り返しもキッチリハイパワー!

やった!追いつかれませんでした✨( `・ω・´)


これ以降抜かれるのはE2の選手のみでずっとひとり旅となりました。
本当にずーっと1人でゴーストタウンかな?と思いました。


しかし状況的にはまったく安心出来るものではなくて、
監督の声かけで分かるけれどトップとの差は開くばかり。しかも結構やばい。


8周回目に入れれば完走は出来るので、
7周回目頑張るしかない!
仲間からも「上げてって!」と言われる。
けど、結構ツライ:((; ‘ᾥ’ ;)):
決してサボってないのです。

下り頑張った方がタイム縮むか?と思って下りもとにかく頑張る。キツいところは無理しないけど回せるところは回す。
登りも淡々と頑張る。ケイデンス維持、パワー維持:((; ‘ᾥ’ ;)):

ホームまであと少しの登り返しでも、
優しい監督でさえも
「ちょっとギリギリだから上げていこう…!」
との声かけ!これまじでギリギリのやつだ。
うおおーー!気持ちダッシュします。(元気があまり残っていない)



なんとか8周回目に入れた…!入れた!
完走は間近!


最後まで気を抜きたくなかったけどさすがに序盤よりパワーが落ちてきます。
アウターに入れられる回数も減ってきた…。
けど粘ろう、もっとやれたなで終わりたくないでしょと自分に言い聞かせます。


最後。スプリントは技の引き出しにないので普通にゴールします…。
最後頭の中がワケが分からなくなってもうどっかのタイミングで実は足切りだったのかな?とかこれで本当に終わりだっけ?足ゆるめていいんだっけ?とか混乱してしまいました。


けどチームの仲間が完走おめでとうー!と教えてくれたのであ、完走出来たんだと思いました。
目標達成です…!
嬉しいー!疲れたー!
脚が疲れたのはもちろん緊張と経験不足とテクニック不足で心も身体も頭も疲れました。

エントリー28名、出走25名、完走15名中13位でした。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4820.JPG

監督と監督の奥様とチームメイツ、
あとTwitterのフォロワーさんも応援してくれてまじで励まされました。

周回でスタートに戻るたび皆さんが居てくれて本当に良かったです。
みおさんもすごく喜んでくれて…😭

足りないものだらけでしたけど非常に勉強になりました。
ヒルクライムだけじゃ分からないことがたくさんありました。
ので、また頑張りまっす!💪
しばらくは完走目標だと思います…着に絡める実力はありません!( `・ω・´)キリッ
昨日の感じだと平地のレースは完走無理そうです…😭自転車下手くそでした。



さて、久しぶりのレース終了にテンションが上がり
珍しく素早く更新してみました。
読んで頂きありがとうございました!✨











↑このページのトップへ