こんばんはー!みつですo(^o^)o


おくればせながら…えぇ…

「富士の国やまなし」第15回Mt.富士ヒルクライム
略して富士ヒル!に参加してきましたーー!


そして、ヒルクライムを始めた頃からぼんやりと思い描いていた、

「ブロンズ達成」

という夢を自分の力で叶えることが出来ました…!とても嬉しい(T_T)

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3398.JPG
↑ブロンズリング!サポートいただいているMETのリヴァーレさんと。


二度目の富士ヒルで無事に90分切り、ブロンズローディーとなれました。


ちなみに去年の初富士ヒルの記事がこちら↓
https://lineblog.me/mitsu_power/archives/445862.html
今見ると少し恥ずかしいw
去年は98分でした。


参加された皆さん、
今年は生憎のお天気でしたね。

当日の朝、宿から会場に向かうにも深い霧の中。
小雨もパラついていたけれど
絶対にブロンズが欲しかったのでDNSは考えていませんでした。

登りは雨でも平気だろう…
下りはとても怖いけどブロンズが取れれば
その怖さツラさも我慢できるくらいのテンションになるのでは?
と思っての出走です。


会場に着いて、それまで着ていた
上着やカバーを脱ぎ去ります。

めっちゃ寒いけど気合いの半袖短パン:(っ`ω´c):
アイウェアも着けないことにしました。
霧が濃く水滴も邪魔かなと思ったので。


今年から女子専用ウェーブではなく
タイム順ウェーブとなった富士ヒル。
どうなるかと不安でしたが
ハルヒルのスタート直後ほどのわちゃわちゃ感はなく少しだけ安心。


序盤180Wくらいで走り出す…
そしてこの日のために用意してきました、
ジャーン!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3401.JPG

タ  イ  ム  表  〜〜〜 ! (ドラチャン)

こいつをチラ見しながらラップを切って走ります。
長丁場なので、
短いラップをその都度目標に
淡々とタイムを刻んでいきます。

1時間28分のタイム表を用意してきました。
可能なら貯金を作っていってそれより速くゴールしたいところ。


1合目2合目…
雨普通に降ってます:(っ`ω´c):
けどレースともなるとあまり気にならず。

脚が合う人にはなかなか出会えず、
時折少ーしだけ後ろにつく程度。
終始そんな感じでした。

3合目くらいから雨は降っておらず
路面もドライでした。

この辺から普通にタレてきます(;´д`)
パワーは出ず、
心拍計は付けてないですが心拍も上がってない感じがして、
標高ゆえのやつだーーと思ってました。

それでもマイペースでラップを切っていくと少しずつタイムの貯金が出来てきました。  

高地に負けてハァハァいい具合に追い込むことが出来ない分、
疲れに負けないフォームを意識して地味にクランクを回し続けました。

ひじを開かない。
腕の力を抜く。
意識して漕ぎました。

途中、大沢駐車場のあたりだったか、
第一集団が下山してきました。

女子専用ウェーブがなくなったことで生まれた懸念のひとつがここにも。
道の半分が、もう走れなくなってしまう…。

下山集団とすれ違い中は
前の人を抜かすのが大変でした。
が、第一集団は雲の上の選抜クラスの人たちなので人数はそこまで多くなく、
すぐにすれ違い終了。

私はそこから2回目の下山集団には会わずにゴールできました。ホッ。
道の半分走れた、よかった!


なんやかんやで終盤です。
最後にはスバルラインの特徴である平坦が待ってます。

ろーたす朝練で鍛えたドラフティング!
平地パワー!
と思ったのですが丁度いい人がおらず
結局1人で走りました。トホホ

しかもその後、最後の坂も渋滞が凄くて出し切れませんでした。

ここの2つの区間だけPRならず(;´д`)



けど!何はともあれ!
ゴーーーール!!

ガーミンを確認して、、、
よし!!ブロンズいけた!!!

1人だったので小さくガッツポーズしました。


けど喜びも束の間、
山頂がめちゃくちゃ寒いので
用意していた真冬装備に着替えます。

簡易ではありましたが十分な着替えスペースがありました。
着替えてさっさと降ります。

気持ちはさっさと降りたいんですけど、
下山苦手&下の方ほどフルウェッティーーーでして、
ゆっくりゆっくり滑らないように降りました。

2合目過ぎたあたりからガチ雨です。
激さむです、膝がガタガタ震えが止まりません〜。


なんとか無事に会場まで降りまして。
仲間がたくさんいたので混ぜてもらって
吉田うどんで温まります。

まだリングも貰いに行ってないし
朝の荷物も取りに行ってないし
食べたりなんだりわちゃわちゃしてたら
誰かが
「入賞してるかもよ」
と教えてくれました…!


なんだってーーー!びっくりすぎです。
日本で一番のヒルクライム大会でまさかの入賞…?!
ハッピーです(T_T)

今年から女子の選抜というカテゴリが生まれて、
お強い方たちがもっさりそちらに行かれたのと
天候ゆえDNSが多かったと思うので奇跡の滑り込み入賞でした。8位でした。


富士山謹製タオルをゲッツ!!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3400.JPG

台には上がれませんでした:(っ`ω´c):
表彰式あるかもと思って雨の中一緒に待っててくれた友人たちには非常に申し訳なかったです……(T_T)(T_T)すみませんでした。


さて宿に帰るのだけどフルウェッティーーーで怖くて全然速くこげません。

Sガロっちが私の牛歩カードに付き合ってくれました…ありがてぇ…ありがてぇ(T_T)

そこで聞かれました、
「みつさんてカーボンホイールでしたっけ?」

いいえアルミです:(っ`ω´c):



なんとか宿に帰ってきました!お風呂に入って温まって、はい解散♪
雨はもう本降りでした。




さて富士ヒル本番を振り返ると、
序盤180Wオーバーで入ったのに
コース全体では結局167W。
最後の区間は平坦もあるから特に低い。
それで85分台でした。

序盤もう少し抑えれば170W平均くらいでは走れたのかな…?
とはいえブロンズがゲット出来たので大満足です。

雨のため写真がいつにも増して少ないです!iPhone出せませんでしたm(_ _)m


今回も、楽しく過ごしてくれた友人の皆さま、ありがとうございました!!
みんな落車とかなくてよかったです。


あと、富士ヒル終わるまで
ブロンズ今年も無理だよーーとか
何回も弱気になったのを、
自信つけさせてくれたり支えてくれた
チームのみんなも、
本当にありがとうございました!!


最後に…宿のお夕飯、
去年はすごく多いなーと思ったのに今年はペロリ。
胃袋も成長してましたとさ:(っ`ω´c):
ちゃんちゃん♪



ご覧いただきありがとうございますーーーー!
次はアタック299!不安!


この週末は第6回榛名山ヒルクライムin高崎!でした!


直前まで心配されていたお天気にも恵まれ。
朝は肌寒くもヒルクライムには適した、乾いた晴天となりました…!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3286.JPG


本題に入る前にひとつ!お知らせがございます。

株式会社インターマックス様による2018年度の、
METのサポートライダーとなりました!

なのでこれからはブログの頻度も上がると思われます…!


インターマックスといえば私はパワメ、stagesを使ってますね。

私はMETのヘルメット、リヴァーレHESをサポートしていただきました。

一年間、このリヴァーレさんのインプレや共に過ごしたライドやレースを記録していきます(*´ω`*)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3304.JPG

ででん!これです。
ぴかぴかのリヴァーレさんが
なんと19日土曜日、群馬へ出発直前に届きまして!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3277.JPG

急いで開封!&計量!
230グラムでした。
今までのより20g軽い!
なんだ20gか…と正直この時は思ったのですが、
レース中にその違いに気がつくこととなります。



さてレースの話へ戻ります!ԅ( ˘ω˘ ԅ)



スタート前は落ち着かず、いつもより緊張してました。
去年までと違い、タイムや順位の明確な目標を持っていたからです。


理想では55分目指して10位以内、ワンチャン入賞したい…!という目標でした。
 

だがしかしレース当日の朝に
ボトルを忘れたことに気付く!!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3299.JPG

レースでペットボトルの奴とか他にいないのでは(T_T)
こんなやらかしは初でした!
てんやわんや\( ˆoˆ )/


その後だらだらしてたらウェーブのスタートにも出遅れ第5のはずが第6ウェーブからのスタート!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3288.JPG

ああ……緊張するけどやるしかない!
計画は立ててきました!

初心者コースはぶっ飛ばす。
中間耐える。
最後はKIAI

18分、19分、18分で55分。
全部の区間PR出さなきゃ無理だけどレースならいける…はず!


走り始めます…!
が、予想以上に人が多い!:(;゙゚'ω゚'):
これは飛ばせるのか?と不安になるくらい。

ときには声を出し周囲に気を配りながらパワーあげあげで走ります。
平地と緩斜面でとにかく踏む!ワット維持!タイムを縮めるにはここなんだ…!


初心者ゴールでラップを切ると目標の18分は越えてしまったけどPRは出てるはず。

次は苦手な中盤戦。
淡々と、でも上げめに回していきます。
ここも時折現れる緩斜面で絶対に休まない(>_<)きつい…。
抜けそうな人は積極的にパスしていくと決めていたので実行します。


そんなこんなで神社着いた!
またラップを切るとPRだけど19分は少しオーバー…(>_<)
けどここまで来たら最後がんばるしかない!

走られた皆さん、榛名の最後って本当キツイですよね。
嫌でもワットが上がる激坂の連続はオーバーペースに注意だけど、
温存してもしょうがないのでギリギリのところを攻めます。


カーブの番号は33まで。
私はせいぜい数十秒しかスパートをかけられないのでそれまでは耐えて耐えて、
男根岩過ぎて次の激坂上がったら
200ワット越えの全力で回します!!

ついにゴーーール!!
長かったような短かったような…
ずっとラップ切ってた&直後は頭が働かず
ゴールタイムはこのときはまだ分からずでした。

けど最後の区間は今までよりかなり速いような?
18分目標が16分台でした。
計測ミスったかなと思いましたがとりあえず下山の準備をすることに。



例年より心配された今年の山頂の寒さも
日差しの強さにより和らいでいました。
快晴で穏やかな風が心地よいです。



先にゴールした仲間に合流すると
何やら盛り上がった様子で声をかけてくれました。

「54分!2位だよ!!」

うええええぇーーーー!
そんなバカなーーーーーーー?!!?!

と思いました。
本当に本当にびっくりしました。

1時間切りが当初の目標だったのに、
理想タイムの55分を切れた上に、2位?!?!??
頭がパニックです。

何かの間違いでは?この後ぶち抜かれて暫定2位の時も一瞬あったね、で終わるのでは?
とずっと思ってました。


けど本当に2位でした。
bicyclefellowの仲間や普段ライドでご一緒してくれる友人たちが喜んでくれて感極まりました(T_T)(T_T)


表彰式があるので先に下山を、との指示で早くに下りることに。

しかし私はダウンヒルがクソ遅いので結局ほとんどの友人たちに下山中ぶち抜かれていきましたwww意味!\( ˆoˆ )/


体育館で表彰式の待機中、1位と3位の選手とめちゃくちゃ話が盛り上がりました(*´ω`*)
とても気さくな良い方達で素敵な出会いとなりました。
お二人ともシュッとしていらして、
私だけ太ももがスプリンターかな?
て感じのボリューム感でした……。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3313.JPG

チムメンを見つけて、授業参観でお母さんに手をふっちゃう気持ちでした。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3314.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3315.JPG

女子3人謎のポーズで盛り上がりました(*´ω`*)


そんなこんなで和気藹々と終了。

入賞ワンチャン行けたらいいな、と思っていたのが表彰式まで行けて本当に本当にびっくりで嬉しかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3300.JPG

友人もたくさん入賞しておりみんな強い!と思いました。


また、今回はチームジャージやチームジャケットを着用して
皆で受付や会場で行動していたらたくさん取材を受けました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3284.JPG

その度に私たちbicyclefellowは、
ハルヒルは地域の方達の温かい歓迎やホスピタリティがとても印象的で大好きである、とお答えしていました。

毎年ですが今年も、
レース前、レース中、下山、
全てにおいて地域の方達の協力ぬきでは成し得ない安定した運営だったと感じました。
ありがとうございました。




さて冒頭に紹介しましたリヴァーレHES…!

ヘルメットは比べる機会がなかなかない装備だと思いますが、
いきなりのレース本番使用!
でも違和感なく頭にフィットし、
20gの軽量化はなんと鈍感な私でも感じることが出来ました。

ヒルクライムは高いトルクを維持してると姿勢維持が出来なくなってきたり上体にも疲労がきますが、
今回のレース時は首や肩周りは終始力むことなくペダリングを続けられました。
シンプルに、頭が軽い!
タイムを削り出してくれたと思います。


またじっくり、次回以降のライドでもインプレしていきます!(*´ω`*)




長くなってしまいました。
今回はとにかくハルヒルという大きな大会で好成績を修められて、
本当に嬉しい!という気持ちが一番です。


不安になったりずっと自信がなかったりでうだうだしていましたが少し自信になりました。

試走や練習に付き合ってくれて励ましてくれた仲間たちには感謝しかないです!

もともと運動は苦手で人と競争することも苦手な私は、みんな頑張ってるしみんな輝いてるんだからみんな一番でいいじゃん…という思想の持ち主です。

なので、大会だと順位はどうしてもついてしまいますが
誰かと、じゃなくて自分自身と向き合って戦えるヒルクライムが好きです。

今後も自分に勝ち続けていきたいです。
あと、地味な登りしか出来ないのでもう少し鍛えて脚質とか個性を見つけて自信にしてみたいです。


次は富士ヒル!ブロンズ…頑張ります( ̄^ ̄)ゞ


読んでいただきありがとうございました!


こんにちはーー!
冬の寒さが嘘みたいに暖かい日が続いてますね。


そんな小春日和のもと、
むしろ夏日?というくらいお天気にも恵まれながら、
今年で第10回になるときがわサイクルフェスタに参加してきました!


サークルから3名でエントリーしました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3129.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3127.JPG

川の広場に集合して、
コースグループごとの集合写真を撮ってからのスタートでした!
この写真はゴール後すぐに受け取れ記念になりました📷(*´ω`*)


早速スタート!
私たちは上級コースを走ります。
およそ70㎞の2000m↑くらいです。

コースはガーミンに入れてきましたが分岐ごとにスタッフの方々が案内して下さいました。
また、分かりやすく白線で矢印も描かれていました。


八高線沿いを走り雀川林道?に入ります。
すると早速のエイド!早い!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3130.JPG

とってもジューシーなウインナー!
マスタードにケチャップも完備。

2本以上食べたかったのですがヒルクライムもお腹のキャパもペース配分が大事…。
グッとこらえてエイドを後にしました。


横松に出て、ときがわベースの信号から白石峠…をまずは通り過ぎます!
上級コースはここから刈場坂頂上付近の分岐まで上がり、
大野峠の広場を目指します。


道中、
いつもよりいいペースかな?と思いつつも
仲間とのおしゃべりも楽しめ、 
ときがわの桜や野花がとても見頃で美しく、
楽しさが止まりません(*´ω`*)


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3132.JPG

大野峠のエイドでおにぎりをゲッツ!
おいしい(*´ω`*)

この時、トマトベリーというプチトマトも頂いたのですが
これがまぁ本当に本当においしい!
とても甘いのです。
ゴール後、買って帰りました。


さてお次は高篠峠を降りて
今度こそ白石峠を登ります。

埼玉ローディーなら当たり前、
県外の方にも有名なTTのメッカ白石峠です。


キツイと知ってるのでちょっとげんなりしますが、
レースじゃないので頑張りすぎず…頑張らなさすぎず…の精神で登ります。

途中他のローディーとすれ違うときは
フォームとかペースとかちょっと見栄を張ってしまったり( ̄^ ̄)ゞヒルクライムあるある!

イベントで人がたくさんいると、げんなりはどこへやら楽しく登れました。
タイムは35分台、チムメンのお二人、お待たせしました_(:3 」∠)_



ここから本日2度目の大野峠へw

すでにトマトベリーはなくなっていた…悲しみ。
高篠峠をまた降りて宿の交差点近くのエイドに寄ってから、ゴルフ場の方へ登って行きます。

くぬぎむらの方へ向かって、途中でちょろっと左に入るところです。
ここが地味にツライ…!
個人的には萩日吉神社の方が少しだけ優しいと思いますԅ( ˘ω˘ ԅ)


しばらくアップダウンを繰り返して
弓立山の頂上を目指します。

ゲートが開いてる!イベントの力を感じます( ̄^ ̄)ゞ
弓立山もなかなかの斜度ですよね〜。

頑張ってエイドに着いたのですが…!
なんと目当ての饅頭はなくなってました。゚(゚´ω`゚)゚。悲しみ!!

でも、あとはスタート兼ゴールに帰るだけなので
元気に残りの距離を走りきります!

弓立山を降りて最後に温泉スタンドの坂を登り、いざゴールの広場へԅ( ˘ω˘ ԅ)


帰ってきましたー!

スタート前の写真を受け取り、
ご飯タイムです。

スタートの受付で、
ゼッケンと一緒にクーポンをもらっていてそれが広場で使えるのです(*´ω`*)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3135.JPG
ライスコロッケ(*´ω`*)
衣がおからだそうで、おいしーヘルシー!


続々と他の参加者の方たちも帰ってきます。
みなさま…おつかれさまでした!



そんな感じで、ときがわサイクルフェスタ、とてもいいイベントでした!

特に良かった点
◎町をあげて開催されサイクリストを町で歓迎しているのが伝わる
◎マナーや安全に重きを置いてサイクリングを楽しむことを第一としている事が参加者に伝わる
◎上級コースは走り応えがある
◎イベントで即使えるクーポンが付いていてお得


少し残念だった点
◎弓立山の饅頭がなかった。゚(゚´ω`゚)゚。



以上、私目線の感想でした〜ԅ( ˘ω˘ ԅ)


私たちbicyclefellowは、登りはがんばり下りは安全にのスタイルで一日を終えました。
一緒に走ってくれたリーダー秀明さん、
サイボーグお茶屋さんHさん、
ありがとうございましたー!
久々にみんなでチームジャージ着れてよかったです。


では!また次回!
読んでくれた方、ありがとうございましたー!



↑このページのトップへ