ROLLYさんのことは以前から知っていて、いつか自分の作品に出て欲しいなと思っていた。そして出て貰うなら、彼の派手なメイクとコスチュームの下に隠された、ステキな素顔を生かして、サラリーマンか政治家役と決めていた。その夢が叶った。

 今回、ROLLYさんが演じる鰐淵影虎は議員で、黒田総理の妻聡子の兄。かつてドラマでレントゲン技師を演じた時でさえ、あのポエミーなメイクを落とすことのなかったROLLYさんが、初めてノーメイクで皆さんの前に登場する。感謝しかない。

 クランクインの日。ROLLYさんは緊張の面持ちでスタジオへ現れた。黒田総理の中井貴一さんと聡子夫人の石田ゆり子さんとの三人のシーン。僕は舞台で彼の柔軟な演技を何度も観ているので、あまりの緊張で、呼吸するのもやっとな感じのROLLYさんに、正直びっくりした。やはりスッピンで演技をするということは、僕らにとって、全裸演技と同じくらいドキドキするものなのだろうか。ドアを開けて飛び込んで来るという芝居が、何度やっても決まらない。NGを出す度に真面目なROLLYさんは、現場のスタッフ全員に「大変申し訳ありませんでした」と頭を下げまくった。その律儀さにもほどがあり過ぎる姿に、中井さんは「大丈夫、いくらでも付き合いますよ」と温かく応え、石田さんは「ROLLYさんて、なんだか私の兄に似てるんです」と、よく分からないけど胸に染みるエール(?)を送った。

 演技には苦労されたみたいだけど、ROLLYさんの持つ不思議なおかしさと哀しさのおかげで、鰐淵は、映画の中でも特に印象的なキャラクターになったと思う。濱田龍臣さん演じる総理の息子の部屋で、ギターをつま弾きながら彼を励ます場面は、ROLLYさんらしい優しさに溢れていて、僕の好きなシーンだ。

 鰐淵は映画の後半で、○○○○に就任するのだが、ここだけの話、実は○○○○就任記者会見のシーンも撮影した。全体のテンポを考慮し、編集でカットしてしまい、本当にごめんなさい、ROLLYさん。ほぼ全編ROLLYさんのアドリブで行った就任会見は爆笑もの。いつか何らかの形で、皆さんにもご披露したいと思っています。