今回、省エネルックの財務大臣を演じている小林隆、建設会社の社長役の梶原善、定職屋の親父の阿南健治は、僕が主宰していた劇団「東京サンシャインボーイズ」のメンバーだ。酔っ払い役の近藤芳正さんも長年、一緒に芝居を作って来た仲だが、彼は劇団員ではない。

 小林隆は通称こばさん。最年長で、大学時代ヨット部だったこともあり、体育会系で、当時は「頼れる兄貴」的存在だった。阿南健治、通称阿南ちゃん(そのまんま)。テキサスでカウボーイをやった後、大衆演劇の世界に入り、役者になったという変わり種。スクールメイツで踊っていた過去もあるらしい。ゼンこと梶原善は岡山出身。独特のライフスタイルで、衣食住、すべてに強いこだわりを持っている。当時、ゼンの周囲には、彼を頼って岡山から上京してきた若手演劇人が多数いて、ゼンは彼らの精神的支柱だった。

 遠い昔、稽古場で皆で飲んでざこ寝した時のこと。個人主義のアウトロー阿南ちゃんは先に帰ったが、こばさんとゼンはべろんべろんになるまで飲み、ほぼ意識がなくなったこばさんの顔に、ゼンが油性マジックでいたずら描き。指もガムテでぐるぐる巻きにして、いわゆる「豚さんの手(梶原談)」状態に。目を覚ましたこばさんが大激怒、大人がすることじゃないとゼンを叱りつける彼の手が、しっかり「豚さんの手」だったことは、今も決して忘れはしない。

 僕の作品に出て貰う度に思うのだが、こばさんも阿南ちゃんもゼンも、僕がやりたいことをすぐに理解してくれる。さすがかつての劇団仲間。そして今も彼らが役者として、ちゃんと活動していることが、なによりも嬉しい。

 梶原善は僕の監督する作品すべてに出てくれている。近作でいえば「ギャラクシー街道」の謎の宇宙学講師。「清須会議」では秀吉の弟小一郎(後の豊臣秀長)。ワンポイント的な出演が多く、「俺、他の現場では、もっといい役貰ってるんだけどな」とよくぼやいている。

 ここまで来ると「縁起物」みたいなもので、ここだけの話、僕が今後も映画を撮り続ける限り、彼には出て貰おうと思っている。