今回は政界が舞台なので、中井貴一さん扮する黒田総理を筆頭に大勢の閣僚が登場する。キャスティングは主に見た目で選ばせて頂いた。ベテラン政治家特有の顎の張った感じ、頑丈そうな頬骨。地にどっしり根が生えたような体型。

 牛尾外務大臣を演じたのは、ずんの飯尾和樹さん。以前、バラエティ番組内のコントで共演させて貰い、その柔軟な演技に唸らされた。舞台「江戸は燃えているか」では幕末の剣豪山岡鉄太郎役。まったく強そうに見えない鉄太郎だったが、顔面の大きさはむしろ映像より舞台向き。圧倒的な存在感を見せつけてくれた。今回はかつての大平正芳総理にどことなく風貌が似ているので、出演を依頼した。

 ゴルフでバンカーにはまるシーンがあるが、ここだけの話、実は飯尾さんのゴルフの腕前はプロ並み。出演者の中では佐藤浩市さんといい勝負ではないか。

 ところで牛尾大臣の巨大な耳。閣僚会議のシーンで最初に出て来てから、だいぶ経って再登場するので、観客が存在を忘れないように、特殊メイクの江川悦子さんに作って頂いた特製福耳。改めて観るとちょっとでかすぎたかも。リアルとファンタジーの間を揺れ動く今回の作品で、もっともファンタジー寄りなのが、この外務大臣の耳である。

 桜塚厚生労働大臣役の市川男女蔵(おめぞう)さん。坂東巳之助さんの披露宴で、たまたま席が隣り合わせになり、不動明王を思わせるその風貌に魅了され、いつかこの人を(正確にはいつかこの顔を)映画に引っ張り出したいと思った。

 初映画ということで現場では緊張されていたようだが、さすが歌舞伎役者、声の大きさは半端なく、十メートル先の花瓶が揺れるほど。見た目も豪快、中身も豪快。豪快エピソードには事欠かないお人だが、その武勇談はとてもここに書ける類いのものではないのが惜しい。

 飯尾さんも男女蔵さんも見た目はごっついが、当たりが柔らかく、話も面白いので、スタッフ(特に女性)に人気が高いという共通点を持つ。飯尾さんのことが嫌いな人間はこの地球にはいないのではないか。男女蔵さんの歌舞伎界での愛称オメッティが、スタッフの間に浸透するのにそう時間は掛からなかった。