月別アーカイブ / 2016年02月



今年度ミス・グランド・ジャパンを運営するにあたり、

私なりに強く意義を持って取り組みたいと暫く悩みました。


そして、たどり着いたのが…

『文化発信』










ミス・グランド・ジャパン2016 のコンセプトは

『文化発信』
でいきます。
自分がこの大会を通し、何を皆さんに伝えたいのかじっくり考えました。




ミス・グランド・ジャパンの『文化発信』を通し、
 

・日本の魅力をもっと世界に知ってもらいたい

・日本のこれからを担う子たちに日本の魅力を再認識してもらいたい

・日本の伝統・文化を継承し守りたい

これが私の気持ちです。

私自身の海外での生活、経験、各国のミスとの交流を通じて、

日本文化のすばらしさを感じる機会が幾度とありました。

海外にでるまでは「日本なんて」が私の口癖でした。

外へでて、日本が今日までに形成してきた日常生活に関わる慣習、道徳、芸能、工芸、世界のトップをいく繊細な技術、発想、ホスピタリティ。

わが国独自の優れた文化は世界に誇るべきものがたくさんあることに気が付きました。




"チャリティーに特化したミスコン組織"

…というのも、
聞こえが良かったかもしれません。
                                        

しかし、
                                            
私たちは本物でいきたいのです。


正直、皆さんはミスコンへ挑戦する子たちがチャリティーと謳ってどんな印象を受けますか。

自分のプロモーションのため
 
形だけ
                                                        
審査での得点稼ぎ

こんな声が聞こえたことがありました。
                                                            

本気で取り組んでいる子がいる中、

こういった悲しい
イメージはなかなか払拭できていないのが現状です。



ミスグランドは、『文化発信』の延長に、私たち独自のチャリティー活動が入ってきます。

私たちのスタイルで社会に還元していきます。



少しずつですが、
                                                                                
これから、私のブログでは、
 
改めて日本の方に知ってもらいたい、
                                                                                    
考えてもらいたい、
 
そして、世界に伝えたいことを綴りたいと思います。
            

世界に出て、戦ってみて、
 
刺激を受けて、
                                                                                            
母国を見た私の考えを書いていきます。


 
読者の皆さまも
 
ミスグランドや私に対し
 
思いや希望、依頼…等
                    
何かありましたらコメントにいただけると嬉しいです。


ミスグランドは、新しい組織で、

まだ日本国内での知名度は十分ではありませんが、成長幅が大きい大会です。

皆さまの温かい応援のもと、
                                                                                                        
どんどん大きくかっこいい組織・大会になるよう努力します。


これからも応援よろしくお願い致します!
                                                                                                                



ミス・グランド・ジャパン 
                                                                                                                        
運営代表  井絵梨子


                                                                                                                                
                                                                                                                                    
                                                                                                                                
                                                                                                                                

↑このページのトップへ