月別アーカイブ / 2018年06月

谷のばらが出演し挿入歌をうたうYouTube配信のオリジナル動画「#アスアブ鈴木」が、6月28日より配信開始されました。
第1話
https://youtu.be/ZqTZgKeFTIg
第2話
https://youtu.be/JhJ3PQMOeek
第3話
https://youtu.be/Bd0WLPiuuuI
txNqA4lFHX.jpg
松本穂香の大怪演・やさぐれコメディ!!!
宇宙的(=アストラル)に異端(=アブノーマル)な【眼帯YouTuber】が周囲を巻き込み、“ジワる”大暴走。
彼女はなぜ“眼帯”をしているのか?彼女の目的は何か?ヘビロテ必至の全17話、炸裂――
乞うご期待!


■出演
松本穂香
  ・
西山繭子
田中偉登
広山詞葉
谷のばら  
  ・
大沼遼平
木村知貴
芦原健介
中沢健
三坂知絵子
AKI
松井理子
  ・
鳥谷宏之
大野大輔
根矢涼香(友情出演)
  ・
加藤啓(特別出演)
■監督・脚本:大野大輔
■主題歌:三輪二郎「ひなたぼっこ」
■挿入歌:谷のばら「わたしだけが知ってる」

「C CHANNEL」「note」「Voicy」が、プラットフォーム選考委員に追加決定

おかげさまで7年目を迎えたミスiD。

初代2013グランプリの玉城ティナから、2016準グランプリのゆうこすに至るまでの幅が示す通り、従来型の「芸能でブレイクする子」と、ゆうこすのようにSNSなどをベースに「個人でブレイクしていく子」が共存し、最近では後者の存在感が日に日に大きくなってきています。

それに伴い、ミスiDも、より今までのブレイクパターンに囚われない女の子の生き方、サバイブの仕方を、様々なプラットフォームさんとの協力により、深め、育て、実現させて行きたいと考えます。

ミスiDに集まる、今年のカンヌ国際映画祭の審査委員長を務めた女優ケイト・ブランシェットの言葉を借りれば、Invisible People(インビジブル・ピープル=見えない人々)に光を当てた映画『万引き家族』のように、普段、日々の中で見すごしてしまう、もしくは見ないふりをしている存在=女の子たちのセーフティネットであり続けるためにも。

「時代に即したネットベースのネクストガール」を本気で探し、生み出すオーディション、という意図を込め、来年度からは全方位的に新しいプラットフォームサービス各社とも提携して行ければと考えています。

まずは本年度の「ミスiD2019」から、日本最大規模の女性向け動画メディア「C CHANNEL(シーチャンネル)」、投稿サービス「note(ノート)」、ボイスメディア「Voicy(ボイシー)」の三社には、先行の「プラットフォーム選考委員」として加わっていただくことになりました。早速二次選考(カメラテスト)から女の子たちの動向をチェックしてもらうことなりましたので、今年のミスiDをどうぞお楽しみに!

 


【今回発表のプラットフォーム選考委員】


 

森川亮写真.jpg

 C Channel代表取締役社長 森川亮さん

  
加藤貞顕.jpg

(株)ピースオブケイクCEO 加藤貞顕さん    


緒方憲太郎.jpg


(株)VoicyCEO 緒方憲太郎さん

 


【発表済みの選考委員五十音順・敬称略】家入一真株式会社CAMPFIRE代表取締役、大郷剛プロデューサー、大森靖子超歌手、菅野結似モデル、岸田メルイラストレーター、小林司編集者/ミスiD実行委員長、佐久間宣行テレビ東京プロデューサー/ディレクター、鹿野淳(音楽ジャーナリスト)、清水文太(よろず屋/スタイリスト/服好き)、志茂田景樹(作家/よい子に読み聞かせ隊 隊長)辛酸なめ子(漫画家/コラムニスト)、SKY-HIRapper/Singer/Producer、田端信太郎(エクストリームサラリーマン)、中郡暖菜bis編集長、東佳苗縷縷夢兎デザイナー、山戸結希映画監督、吉田豪プロインタビュアー

SNS選考委員】菅本裕子(モテクリエイター)

 


【公式サイト】

ミスiD2019公式サイトhttps://miss-id.jp/2019)※PC/スマートフォン対応

事務局ブログ  (https://lineblog.me/miss_id/)

公式Twitter  (https://twitter.com/miss_id)



 


↑このページのトップへ