こんにちは、みるみるです。

今回は高校入試の話をします。
2人の先生の思い出が強かったので、その話を。
ただし似顔絵は似てません。雰囲気だけどうぞ。

まずお1人目の先生。
担任の(私が当時ひそかに好きだった)
数学のK先生。
受験の思い出1.jpg
「お前、滑り止めの私立受けても行く気ないやろ!
浪人して1年勉強したら、
お前絶対伸びるから!!」
と力説する担任。

受験の思い出2.jpg

受験の思い出3.jpg
ごめんね、先生(^-^;)

お2人目。
当時通っていた塾の先生。
「お前ら団塊ジュニア世代の後は子どもの数が減る。
子ども減ったら塾なんか商売にならんから、
俺は、さすらいのギャンブラーになる!!」
と言っておられましたが、
今はどうされてるのでしょうか。
ギャンブラーになったんでしょうか。

受験の思い出4.jpg
ずいぶん気にかけていただきました…。

受験の思い出5.jpg
そやねん、父にも
「落ちたら就職してもらう!」
って言われてたしな…。
崖っぷち受験。

受験の思い出6.jpg

受験の思い出7.jpg
「…は??フラフラ?」

受験の思い出8.jpg
なんとか高校には受かりました。
今の私があるのは先生方のおかげです。
その節はありがとうございました。

そういえば子が幼稚園の時、
園長先生が前任が中学校の先生だったので、
「K先生って知ってますか?」って聞いたら、
「知ってますよ!
僕はねえ、K先生のお姉さんと同級生でねえ、
K先生のお姉さんは…」
と延々お姉さんの話をされた記憶があります。
なんでやねーん。
ねーん。
ねーん。


【LINEスタンプ宣伝】
 運動会の季節は終わりましたが、
相変わらず細々と売れてます。

組体操