こんにちは、みるみるです。

8年前まで勤めていた書店のビルが4月上旬で閉鎖されるらしいです。
※外商部は場所を移転するそうです。

なので、お世話になった書店に勤めていた時のいい話を。

◎エピソード1
お問い合わせいただいた本を探し、手渡したら、
shoten

ってお客様からゆで卵いただきました!
「電車の中で食べようと思ったんだけどあげるわ♥」

◎エピソード2
「新聞小説の○○って本で出てないのかしら」
「まだですねえ。連載終われば本になると思いますよ」
「そうなの…。」
shoten2
「主人公がどうなるか先を知ってればドキドキしなくて済むのに」
可愛いおばあちゃんでした。

◎エピソード3
LaQって知能玩具ご存知でしょうか。
児童書売り場に見本品を置いてて、
手に取って試してもらえるようになっていたのですが、
立方体を作られると分解するのがちょっと面倒なんですよね。

ある日、「あとで分解しよ」と立方体をエプロンのポケットに入れて、
優先順位の高い作業をしていました。

そこに「こういうパズルはないですか」と
lakyu2

小さい男の子が来たので、
lakyu

と差し出したところ、
lakyu3

えらい喜んでいただけました。

◎エピソード4
大人のむんむんした黒い背表紙の文庫本をお好きなお客様がいらして、
たくさん注文しては購入下さっていました。

ある日、「娘が夏休み帰ってくるんや!!」と嬉しそう。
「あの本を外に出しておくことができんので、押し入れに棚作ったんや!」

おおーお父ちゃん頑張ったね!!
↓想像図

hondana
また思い出したら書くかも。

  【宣伝】
今日はこれを推します。
おおきにありがとう修正版


でも相変わらず売れてるのこっち。
組体操



LINEスタンプ販売中