こんにちは、みるみるです。

今日は、先月末に書いたブログ「LINEスタンプ海外戦略…という名の実験」の自己検証をします。
検証

まず私が元々販売している「販売できる範囲すべて」の日本語のスタンプは
今までだいたい台湾、タイ、ベトナム、アメリカ、あとはちょいちょい他の国で使われていた様子。
絵で選ぶのか、日本語わかる人なのか。
ちょっと謎。

海外向け英語版スタンプは、2種類。
それぞれ売れた数は少ないですが、どうやら台湾とタイで使っていただいているようです。

正直色も抑え目、表情も地味なので、特に東南アジアあたりでは難しいかな?と思ってたので嬉しいです。

main画像

main

ツイッターで台湾向けにつぶやいてみましたが、

2015y12m21d_170704569

リツイートして拡散してくださったのは日本人の方のみでした。
それは純粋にうれしいです、ありがとうございます。

しかしやはり海外に宣伝するのは難しい。
海を越えてる感じがしないんですよね…。
海外にお友達がいる、自分が海外で使う、でもないと厳しいかな。

英語版サンタスタンプは、24日にパタパタと数個売れました。
あんまり前からリリースしても流れておしまい?

あ、でも不思議なことが。
1/8に英語版サンタスタンプが1つ売れてました。
もうクリスマスは終わりましたが…。今年の年末向け?
しかし、ありがとうございます。


 
【宣伝】 

王子のスタンプです。
どうぞよろしくおねがいします。 
jpg

でも相変わらず売れてるのはこっち。
組体操


LINEスタンプ販売中